金沢21世紀美術館

MENU
11 12

開館

The four goals美術館の4つの特徴

世界の現在(いま)とともに生きる美術館

金沢 21 世紀美術館は、世界の同時代の美術表現に市民とともに立ち会う美術館です。
私たちのこの時代には、時間や空間を超え、従来のジャンルを横断する、様々な表現が現れてきています。
これらの芸術活動にじかに触れ、体感することで、地域から、未来の創造への橋渡しをします。

まちに活き、市民とつくる、参画交流型の美術館

21 世紀の美術館には、教育、創造、エンターテインメント、コミュニケーションの場など、新たな「まちの広場」としての役割が期待されています。
市民や産業界など様々な組織と連携を図り、全く新しい美術館活動を展開します。

地域の伝統を未来につなげ、世界に開く美術館

藩政期から伝わる、工芸をはじめとする地域の固有文化が、多様化する21世紀にどのような可能性を持つのか、インターカルチュアルな視点に立って問いかける実験の場となります。

子どもたちとともに、成長する美術館

未来の文化を創り出す子どもたちに開かれた教室として、見て、触れて、体験できる最適の環境を提供します。
子どもの成長とともに美術館も進化し、時代を超えて成長します。