小さな部屋のためのオペラ 台本

メガホンから年老いた男のしわがれ声

年老いた男:チェック、チェック・ワン、テスト中、テスト中

ステージの中央、男がひとり、部屋に座っている。スピーカーやターンテーブル、レコードに囲まれて。

彼女は道を歩いていた。靴を手にして。
彼女はいったいどこに行ったんだ?

ひどいな…(レコードの針飛び)

ここはめちゃくちゃだ。動物たちのものになってしまっている。イタチはネズミとリスを食べ、ネズミはワイヤーや壁をかじる。やつらがレコードに手をつけるなら、俺はやつらに毒餌を与えなきゃならなくなるだろう。

彼は恋しくなり、そして泣き始める。
お医者さん、俺は先生と話さなきゃならない。
もう消えてしまいそうだから。
(ボソボソと)
しかし今、彼女は俺のそばにいる。大きな少年は泣かないんだ。

あの日、俺は夜道を歩いていた。(ボソボソと)すべてを忘れたい。記憶したくもないんだ。彼女の声…、彼女が言ったことすべてを。でも俺は何もかも覚えている。そう、覚えているんだ。

あの日、俺は夜道を歩いていた。牛が野原にいて、俺が通り過ぎるのを眺めていた。木々を照らしながらゆっくりと近づいてくる列車が見えた。

男は月に向かって吠える。

彼は自分の部屋で待っている。レコードを繰り返しかけながら。彼女は言う「あなたがすることはそれだけなの?」。
彼女はいったいどこに行ったんだ?彼のせいじゃない、電車のせいなんだ。彼らは列車を打ち負かそうとしたんだ。

音楽は何も変えない。しかし、音楽は彼には理解できない方法で彼を助ける。結局のところ、それがオペラなんだ。すべての人が最後には死ぬ。

彼はギターを掴み上げて、ステージの中央に歩いていく。聴衆は不安げに待っている。
舞台のそでから呼ぶ声が聞こえる。
TOP