2 22

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EVENTイベント

フォーラム・アール これからを話そう vol.2

惠谷浩子 トーク&ディスカッション 「地層と歴史は、勝手も許す。 自然と人間との関係を守る法律、 文化的景観とは?」

2023年12月10日(日)

インフォメーション

期間:
2023年12月10日(日)
14:00〜17:00(開場13:45)
会場:
金沢21世紀美術館 レクチャーホール
参加費:
無料
定員:
先着80名(事前予約優先)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811
(火〜日、祝日10:00〜18:00)
event_k[a]kanazawa21.jp
※[a]を@に変更してお送りください。

概要

伝統ある町、金沢。 でもちょっと待って? そんな伝統も、金沢の自然があってこそ。 そんな自然と人間とが生み出した景観を「文化的景観」と定め、その関係を守る法律が日本にはあり、金沢21世紀美術館を含む金沢の城下町一帯も、重要文化的景観として国の文化財となっています。一方的に景観を守るのではなく変化には寛容で、むしろ現代を生きる私たちが、自由に新しい文化を築くための法律と言えるかもしれません。 こうした取り組みを進めてきた奈良文化財研究所景観研究室の惠谷浩子さんと、歴史と自然と戯れる方法を考えます。

聞き手:本橋 仁(金沢21世紀美術館 レジストラー)

申込方法

申込開始:2023年11月11日(土) 10:00
必要事項をご記入の上、WEBフォームよりお申込みください。

お申込はこちら

コミュニケーション・サポート

金沢21世紀美術館 託児室
開室時間:10:00‐18:00 (金・土曜日は20:00まで) 
対象年齢:3ヶ月以上〜未就学児
利用料金:火曜日-金曜日:1歳未満 600円、1歳以上500円
     土・日・祝・金曜日(18‐20時):1歳未満 800円、1歳以上700円
     ※1名1時間あたり ※すまいるクーポンが使えます。
お問合せ:TEL 076-220-2815(託児室直通)E-mail hoiku@kanazawa21.jp
当日の持ち物など詳細はこちら

手話通訳
ご希望の方には、手話通訳が見えやすい席をご用意します。
(申し込みフォームに該当欄あり)

その他の相談
参加にあたって気になることや支援を要する場合は、お問い合わせください。
(申し込みフォームに該当欄あり) 

プロフィール

惠谷浩子(えだに ひろこ)

奈良文化財研究所文化遺産部主任研究員。1983年生まれ。専門は造園学。京都や宇治、四万十川流域をはじめとする全国各地の文化的景観の調査研究に携わり、土地の自然、地域の来歴と現在から、それぞれの地域らしさと持続のあり方を探求している。共著に『地域のみかた-文化的景観学のすすめ』、『都市の営みの地層-宇治・金沢』など。日本造園学会田村剛賞、日本イコモス奨励賞、造園大賞を受賞。

フォーラム・アール 全日程

Vol.1 檜皮一彦 トーク&ワークショップ「walkingpractice ―金沢市道路調査委員会」
日時:2023年11月19日(日) トーク 13:30−15:30(開場13:15)/ ワークショップ 16:00−18:00

Vol.2 惠谷浩子 トーク&ディスカッション 「地層と歴史は、勝手も許す。自然と人間との関係を守る法律、文化的景観とは?」
日時:2023年12月10日(日) 14:00-17:00(開場13:45)

Vol.3 伊藤亜紗 トーク&ディスカッション「『疲れ』から考える身体と社会の未来」
日時:2024年1月20日(土) 14:00-15:30(開場13:30)

Vol.4 永井玲衣 トーク&ワークショップ「手のひらサイズの哲学対話」
日時:2024年2月3日(土) トーク 14:00-15:30(開場13:30)/ ワークショップ 16:00-17:00

Vol.5 小松理虔 トーク&ワークショップ「ジモトとワタシの、おもしろがりかた」
日時:2024年2月17日(土) 15:00-18:00(開場14:45)

Vol.6 フランソワーズ・モレシャン トーク「パリのアートとファッションと社会」
日時:2024年3月16日(土) 14:00-16:00(開場13:30)

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
協力:
社会福祉法人石川県聴覚障害者協会
後援:
北國新聞社