2014年03月01日

2014年2月23日(日) レジレンス最終日&公演2日目

長かったレジデンスも、
本日の15時からの公演をもって終了いたします。

2日間とも満員御礼!!!

「ケレヴェルム」金沢ver.
ほぼ無音のため、ダンサーだけでなく観客にも緊張がはしります。
自分が組替えた足の、ささいな音も気になるぐらい。
この場内の人間全員でつくりあげられるほぼ無音の空間。
自分が日常とは切り離された、どこか別の次元につれていかれる。
それをさらに誘導するかのような、香りの演出とダンサー達の
密着度の高いダンス。
ダンサー同士が溶合い、一人なのか、複数人で踊っているのかの
区別がつかなくなります。
こんな感じ、
観た人ならわかってもらえるのではないでしょうか?

一言で言うなら、「とにかく観て欲しい!」
まだ観ていない人は、
東京のシアタートラムでの公演を観に行くことをおすすめします!

終演後、観客の方には、
本公演で使用した2種類の香りのチップをお渡ししました。
DSCN9731_blog.jpg


Full Houseになったのは、
関かおりさんはじめ、ダンサー、スタッフのみなさんの
2週間の滞在制作の成果です!
本当におつかれさまでした。

打上げで、大入り袋がわたされました。
ooiri_blog.png
utiage_blog.jpg

2014年2月22日(土) 初日

本日のスケジュール
DSCN9718_blog.jpg

楽屋の様子。
関さんの格好が気になります。
DSCN9720_blog.jpg

衣装が並んでいます。
見えそうでみえない。
透け感のある柔らかい素材です。
DSCN9724_blog.jpg

ダンサーはアップ中。
DSCN9725_blog.jpg

公演まであと1時間。
シアターの中では、スタッフがリノリウムについた、
手足の跡を雑巾がけしながら消しています。
手間のかかる仕事ですが、このお陰で美しい舞台ができあがります。
DSCN9726_blog.jpg

いよいよ、本番です!!
DSCN9729.JPG

終演後のアフタートーク。
多くのお客さんが、最後までトークを楽しんでから帰ってくださいました。
DSCN9734.JPG

*おまけ
実は公演中、シアターの外では、衣装をきたダンサーが出たり入ったり。
一般のお客さんが偶然見かけてびっくり!
面白い舞台裏(?)でした。
写真に小さくダンサーが写っているの、わかりましたか?
DSCN9730_blog.jpg