カナザワ・フリンジ 2017

2017年11月2日(木) -
2017年11月5日(日)

インフォメーション

期間:
2017年11月2日(木) 〜2017年11月5日(日)
11/2は前夜祭
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
ほか金沢市街
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811

概要

周縁から、動き出す。
“FRINGE”、「周縁」―。
そこは、既成の概念や価値観を越えた創造と変化のエネルギーに満ちています。
KANAZAWA FRINGE(カナザワ・フリンジ)は、国内外から招聘するアーティストやクリエイターが⾦沢に滞在しながらそれぞれの作品を制作していくアーティスト・イン・レジデンスプログラム。
街や⼈々との出会いにインスピレーションを得て⽣まれる作品たちが、この⾦沢という街のあり⽅を少しずつ、でも確かに動かしはじめます。

KANAZAWA FRINGE 公式サイト

KANAZAWA FRINGEとは

カナザワ・フリンジは、アートな視点で金沢の課題・人・場所と向き合いながら2年サイクルで創作活動を行うアーティスト・イン・レジデンスプログラムです。

meeting / 街・人・アーティストとの出会い

proposal / 視点や価値観の再提起

action / 創作活動の実行

change / 街・人・アーティストの緩やかな変化

という創造的な循環を積み重ね、金沢が創作活動の拠点(hub)となることを長期的な目標として実施しています。
2017年度は、5人のディレクターが国内外から招いたアーティスト・クリエイターが金沢の街で滞在制作を行います。

ディレクター / スタッフ

ディレクター
上田陽子(金沢アートグミ
​黒田裕子 (金沢21世紀美術館 交流課)
齋藤雅宏(Kapo
中森あかね(Suisei-Art
​山田洋平 (山田企画

編集
喜多舞衣(オノマトペ)

デザイン
Hotchkiss

プログラム1

TEI-EN Bento Project

“ニューヨーカー・シェフが金沢の食文化にほれ込み、レストラン「TEI-EN」の看板を掲げ愛ある誤解のままに新しい金沢の郷土料理を提案する”という架空の設定の下、稲田俊輔シェフとオリジナル弁当の制作と販売を行います。
TEI-ENの提案する金沢料理は、シェフ独自の視点から、郷土料理としてよく紹介される一品あり、絶滅に瀕しているが魅力的な一品ありと多岐にわたり、その味も、各国料理と融合したり郷土の味のままであったりと起伏に富んでいます。
さらに、弁当には、どの順番で食べたかを聞く「食べ順アンケート」を同封し、その人が食べることをどう考え向き合っているか/どう考えず向き合っていないかを明らかにすることを目指します。
食の高低差を意図的に設けた新しい食体験を通じ、「食べる事を考える」きっかけを作ります。

募集
金沢奇妙弁当 予約について

2016年のリサーチレポート 
あぁ、愛すべき誤解! “金沢・妄想レストラン”へようこそ
取材・文 / 喜多舞衣(オノマトペ)

アーティスト:稲田俊輔(料理人・飲食店プロデューサー/名古屋)

京都大学経済学部卒業後、食品メーカー勤務を経て料理の道へ。現在は、和食、フレンチ、エスニックなど幅広いジャンルで飲食店の業態開発やレシピ開発、プロデュースを行っている。特に2011年に東京八重洲で立ち上げたエリックサウスは、それまで日本ではほとんど知られていなかった南インド料理をカジュアルに提供する事でその後のブームを牽引し全国的な知名度を得た。本業以外にも、食に関する豊富な知識やプロとしての経験を元に独自の切り口で語られる食文化論がSNSを中心に話題となっている。

https://twitter.com/inadashunsuke
http://enso.ne.jp

ディレクター:上田陽子(金沢アートグミ)

石川県金沢市生まれ。早稲田大学商学部在学中にNPO法人金沢アートグミの立ち上げに参加し、そのまま理事・常駐スタッフに。展覧会・イベント企画、コーディネート、デザイン制作、ツアーガイド、作家の悩み相談など色々行う。人生における食の重要度が高いタイプ。旅好きが高じて現地の味ままを好む。好きな郷土料理はかぶら寿司と蓮根羹。

http://gallery.artgummi.com

プログラム2

Fun with Cancer Patients がん患者とがんトーク : 金沢編

Fun with Cancer Patients とは、ブライアン・ロベール自身のがん経験を発端とし、過去10 年余にわたって欧米各地で展開してきたがん経験者、医療従事者らとの対話型創作プロジェクト。2016 年6 月に事前調査のため初来沢。「身近にあるにも関わらず、なぜがんを話題にしにくいのか?」という疑問に取り組むべく、テーマもスタイルも異色の新作をつくります。2017年6月より作品づくりに参加するがん経験者・遺族グループ17人、専門職グループ33人とミーティングを開始。11月には来場者も一緒に『がんトーク』を体験する会話型・参加型ライブパフォーマンスを開催します。

2016年のリサーチレポート 
“Fun”✕“Cancer”で紐解く、自分らしさの見つめ方。
取材・文 / 喜多舞衣(オノマトペ)

Photo: Christa Holka

アーティスト:Brian Lobel / ブライアン・ロベール(パフォーマー・演出家・脚本家/米国・英国)

パフォーマー、教師、キュレーターなど様々な肩書きを持つマルチアーティスト。
個人のからだが他者からの眼差し・監視・おせっかい・愛情の被写体になるありさまを作品にしている。
国内外の医療教育機関、美術博物館、市場、野外などあらゆる場所で作品を発表。
挑発的なユーモアと深淵な洞察力を駆使した創作が特徴。

http://www.blobelwarming.com

ディレクター:黒田裕子(金沢21世紀美術館交流課プログラム・ディレクター/コーディネーター)

ダンス、パフォーマンス、音楽を中心としたパフォーミングアーツ公演や交流イベント事業を企画制作。2014年より街へ飛び出し、社会との接点の中で手法やジャンルを超えた新作の創作を行うアーティスト・イン・レジデンスプロジェクト「カナザワ・フリンジ」をプロデュース。

プログラム3

《A Little Umbrella Ⅱ》2012年 パフォーマンス(Sun Gallery / 台湾、台北市)

Walk with Me

台湾のアーティスト ウェイ・シンエンが、参加型のアート作品《Walk with Me》を行います。
金沢に住む人が、自分にとって思い入れや思い出のある道をアーティストと二人きりで歩き、その道や風景にまつわる会話をしながらアーティストを案内します。そのお礼に、アーティストは一緒に過ごした時間から、その人がもつ物語や背景、秘め事を想像・解釈をして手紙を制作します。その手紙はそれぞれの参加者に贈られます。

あるくこと/道/風景/物語/詩/手紙/ノート
つくること/情景/金沢で過ごすそれぞれの時間を照らす、もうひとつの地図


2016年のリサーチレポート 
“ほしい未来”を、アートでつくっていく。
取材・文 / 喜多舞衣(オノマトペ)

アーティスト:魏欣姸 ウェイ・シンエン(アーティスト/台湾)

1986年 米国生まれ。現在 台湾在住。2009年、国立政治大学(台湾)にて政治学の学位を取得。シカゴ美術館附属美術大学(SAIC)にて修士号取得。(写真とパフォーマンス)
優秀奨学生。(2013年-2014年)人がもつ複雑な社会性をテーマに作品を制作。これまで写真や映像、パフォーマンス作品を発表。今回の滞在制作において、人と環境(まち)の間にある親密な関係性に着目して作品を制作する。

主な個展
2016年「There to There」Yard/Theatre/台湾、高雄市
主なグループ展
2017年「Footprint and Check-in」Haiton Art Center/台湾、台北市
2016年「L’intru (Invaders)」Errant Bodies/ベルリン
2015年「The Moment」 Queens Museum & Queens Botanical Garden Queens/ニューヨーク

http://weihsinyen.com

ディレクター:齋藤雅宏(Kapoディレクター)

アーティスト/アートコーディネーター
1981年 山形県生まれ。現在 石川県金沢市在住。
2007年 筑波大学大学院修了。2008年からアートスペースKapo ディレクター。2009年からAIRプログラム「CAAK & Kapo Creator in Residence」コーディネーター。これまで国内外から25名のアーティストを受け入れる。2016年にBamboo Curtain Studio(台湾)とAIR交流を行なう。

http://masahirosaito.weebly.com
http://kapolog.com

プログラム4

「日々荒野。」2017 Photo : Adam Isfendiyar

あさのがわのいえ

路上生活経験者であるソケリッサのメンバーが別世界の異人として、空き家「あさのがわのいえ」に滞在し、観客の体験型パフォーマンスを制作、上演。浅野川の七つの橋渡りという伝説の出発地で参加者は非日常と日常の境界点を体感し、緊密な時間を過ごすことになる。

2016年のリサーチレポート
路上生活に、“人間らしさ”の根本あり。 ソケリッサにみる、現代社会と芸術的価値の関係性。
取材・文 / 喜多舞衣(オノマトペ)

撮影: 青木カオリ

アーティスト:新人Hソケリッサ!(パフォーマンス/東京)

「ソケリッサ!」は造語で「それ行け!という言葉の勢い、前に進む」という意味を表す。演出を行うダンサー・振付家アオキ裕キが「生きることに日々向き合う身体」を求め路上生活経験を持つ人々に声をかけ、ビッグイシュー基金の協力のもと、2005年よりメンバーを募る。2007年第一回公演「新人H ソケリッサ!」(2007年)をかわきりに、十和田市現代美術館、大野一雄フェスティバルなどに出演。多様な活動を続けている。言葉による振り付け等を行い、個人しか生み出せない体の記憶を形成した踊りは、一般的なダンス概念を超えた景色を創り上げ、多くの人々の共感を呼んでいる。「ダンスは誰でもできる」をうたい人間の持つ純粋な躍動、「生きる力」の復興を目指す。

http://sokerissa.net/

ディレクター:中森あかね(Suisei-Art)

金沢市生まれ。1998より彗星倶楽部(Suisei-Art)ディレクター。自身のアーティスト活動のほか、1998年-2010年バー&ギャラリーをオープン。アートが身近に感じられるような人とアートをつなげるアートイベント、金沢の歴史や町の伝説など場所の霊性を意識したプロジェクトを企画してきた。Inner child project (金沢市民芸術村)、野村佐紀子写真展(金沢市内8か所)、Absence of the Tea Master (西田幾多郎記念館)、コンテンポラリー茶会の企画(ドイツ・デュセルドルフ、オランダ・アムステルダム)など。2017年金沢市三社町にスペース再オープン。

http://www.suisei-art.com

プログラム5

アーティストの目

一見不便と思える部分を長所として認識する面を持つアーティストの目は、無意識に固定化されている視点や価値観に、柔らかな眼差しを与えてくれます。この点に注目し、金沢にて福祉施設に長く携わり同時にアーティスト活動を行っている2名のアーティストを選出し、創作を依頼しました。人に見せる事を避けて作られた造形物を”抽出された創造性”と位置づけ、それを元に創作を行い2点並列に展示を行う『Under the bed』、障がい者に接する時、心に不安や恐れが湧き上がる理由を体験するパフォーマンス『彼らの特徴とその理由』(映像展示もあり)を開催いたします。

アーティストコメント

村住知也『Under the bed』
「創造性はどこから生まれるのだろうか」この疑問に向かい合う展覧会を開催し、創造性の源を探ります。また既存の美意識、価値を問い直しアートと社会のあり方や可能性について考えます。

なかむらくるみ『彼らの特徴とその理由』
彼らには特徴があります。それは怖いようにも思うし、見てはいけないような気もします。でもそれには理由や原因があると知ると怖くないし、そして単純にその動きや表情に魅了されます。

2016年のリサーチレポート
マジョリティVSマイノリティの線は誰が引いている!?
取材・文 / 喜多舞衣(オノマトペ)

アーティスト:なかむらくるみ(ダンサー/金沢)

石川県金沢市生まれ。ヨガクラス「くるみヨガ」、放課後等デイサービスや障がい者福祉サービス事業所等で行う「だんす教室」を年齢や性別、障がいの有無を問わず提供している。呼吸、心、身体を丁寧に感じ、大切にする時間を様々な人と共有している。また、2010年8月に松田百世と共に100と書いて「いまるまる」の活動をスタート。石川県から発信するパフォーマンスアートを広める「いまるまるのおどりの公演」を年1回開催している。
2016年強度行動障害支援者養成研修基礎研修修了。
2017年同研修実践研修修了予定。

https://100imarumaru.tumblr.com/

アーティスト:村住知也(美術作家/金沢)

石川県津幡町在住。油彩、彫刻、アッサンブラージュを手がける。日常生活の中で遭遇する「とらえようのない不思議な現象」を研究対象とし、我々の世界と平行して存在するもうひとつの世界があるはずだとする解釈のもと、それを視覚化しようと試みている。その他、展覧会の企画、演劇の舞台、福祉施設でのワークショップなどを行う。2013年にはアーティスト・ラン・ギャラリー、THE ROOM BELOWを立ち上げ、美術史の文脈では扱われにくいアーティストとその作品を積極的に紹介し、アートの意味を問い直そうとしている。

https://sites.google.com/site/murazumitomoya/

ディレクター:山田洋平(山田企画)

筑波大学芸術専門学群洋画コース卒業。アーティスト、ディレクター、企画制作者、演出家、振付家。2005 年より東京にてダンサーとして国内外のアーティスト作品に出演。2010 年から2013 年はベルリンを中心に活動。2013年石川県に移住。

http://yoh-hei.wixsite.com/1981

Movies

  • カナザワ・フリンジ 2017 トレーラー

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
企画協力:
上田陽子(NPO法人 金沢アートグミ)、齋藤雅宏(Kapo)、中森あかね(Suisei-Art)、山田洋平(山田企画)
助成:
平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業、『Fun with Cancer Patients: 金沢編』は宝くじの助成を受けて実施しています。
後援:
北國新聞社、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川