金沢21世紀美術館

MENU
11 13

開館

PROJECTプロジェクト

自治区

2017年度より開始した長期プログラム。自主自由自立自律自治をコンセプトにした「活動区」の総称。美術に限らず科学、歴史、社会学など、学際的に他の領域を横断しつつ、年間を通してライブ、映像上映、トークシリーズ、滞在制作、身体表現など多様なプログラムを継続的に実施しています。「自治」をキーワードに、外部コミュニティとの連携・協働を通じて、これまでの美術の領域を超えるべく実験的なアクティビティを展開しています。

パブリック・プログラム

初年度は、美術館別棟のプロジェクト工房を中心に、具体的な作品のプレゼンテーションの会場としてではなく、それ以前の「何か」が生まれる予感が充満する場の創出と「自治」の新たなかたちの獲得を目指し、音楽や映画、演劇などさまざまな領域を横断しつつ、ライブ、映像上映、トーク、ワークショップなど多様な「パブリック・プログラム(PP)」を継続的に実施しました。

自治区AIR 金石大野芸術計画(アートプロジェクト)

2018年度以降はアーティストが滞在し、地域の方々とともに活動しながら調査や制作を進めるアーティスト・イン・レジデンス・プロクラム(AIR)を加え、2つの柱で構成。アーティストと地域が刺激しあい、新しい「何か」が生まれるきっかけとなることを目指して、美術館を飛び出しアーティストとともに金石大野に新しいAIRの拠点を作り、年間を通して金石・大野地区の地域コミュニティの良さを再発見しつつ、協働・交流の推進を図っています。

自治区01 八谷和彦「OpenSky報告会」

自治区01 八谷和彦「OpenSky報告会」

自治区07 ホンマタカシ:ニュードキュメンタリー映画

自治区07 ホンマタカシ:ニュードキュメンタリー映画

自治区AIR 金石大野アートプロジェクト 田口行弘

自治区AIR 金石大野アートプロジェクト 田口行弘

自治区AIR 金石大野アートプロジェクト ムン&チョン

自治区AIR 金石大野アートプロジェクト ムン&チョン

開催予定のプログラム

自治区 金石大野アートプロジェクト

にわ部 トークセッション:新居幸治(Eatable of Many Orders)

2007年、熱海を拠点にブランド活動をスタートし、素材と製法へのあくなき探求と、「着ること」と「食べること」のつながりへの興味を推進力に、独自の世界観をもつ革製品や洋服を生み出しつづけているEatable of Many Orders(エタブルオブメニーオーダーズ)。そのデザイナーの新居幸治さんに、今いちばん関心のあること「養蜂」に焦点をあて、素材としての「蜜」、それをつくりだす「養蜂」というシステムについて、これまでの自身の体験やリサーチから、今後のクリエーションのアイデアに至るまで、存分に語っていただきます。当館で「食べられる靴」(2007)を発表し、「ハンガーバック」など個性的なクリエーションを展開しながら、「衣」と「食」の関係性も探りつづけるEatable of Many Ordersの、デザインの裏側にあるストーリーや素材の選び方・使い方のエッセンスを日常の中にとりいれてみませんか。

...