コレクション展3 「見る」ことの冒険

2018年1月27日(土) - 2018年6月24日(日)

「見る」という行為は主にさまざまな情報を得るために行われます。色、形、動きを捉え、ニュースやストーリーを読み取る。得られた情報は、瞬時に脳へ送られて次の行動の判断へと使われていきます。本展は、「見る」という行為にフォーカスし、観覧者の想像力をかきたてる抽象的な作品を通して、「見る」ことの奥深さについて探求します。

イザ・ゲンツケン
左から:《 ダニエル》2000、《 ローレンス》 2000、《 無題》 1999、《 ビル》 2000、
《カローラ》 2000、《 クリストファー》 1998、《 レームブルック》 2000
© Isa GENZKEN
撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ

ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) - 2018年3月11日(日)

ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーの作品の多くは、高度な音響・映像技術が駆使され、「聴く」「見る」といった知覚経験を通して、人々を作品の中に没頭させる力を持っています。作品に接するうちに現実と虚構は交錯し、いつの間にか全く別の時空へと移動してしまう、それはまるで異界へと通じる扉を開くようです。
本展は、カナダ生まれのアーティスト・ユニットの国内はもとよりアジアにおいて初めてとなる大規模な個展です。新たに制作された初公開作品を含むインスタレーション作品約10点で構成される本展を通じて、彼ら独自の作品世界をお楽しみください。

《The Marionette Maker》(部分)2014

ローカル・テキスタイル1

TO & FRO 薄く、軽く

2017年11月18日(土) - 2018年4月8日(日)

伝統的に繊維産業が盛んな石川県のナイロン生産量は全国の40%を占めています。海外の安価な製品に押され、国内の繊維産業が高機能化を求められる中、石川県の繊維会社カジグループは、細い糸で軽くて薄い生地を実現し、アウトドアブランドに提供しています。本展は、その生地を生かしたトラベル・グッズ「TO&FRO」を紹介します。

提供:カジレーネ株式会社

泉太郎展 突然の子供

2017年10月7日(土) - 2018年3月25日(日)

泉太郎(1976-)は、日常の事物や限られた条件を利用し、私たちが当然のように受け入れている常識をこねくり回し、日常に潜む不条理な体験を作品化するアーティストです。本展では、「ベリーニューチーム」という不安定で、実態があるのか無いのかわからない「チーム」をつくり、混乱と同時にユーモアを備えた作品を発表します。

参考画像
撮影:末次朱理

コレクション展2 死なない命

2017年7月22日(土) - 2018年1月8日(月)

人工知能や遺伝子工学の発達によって「生命の編集」「機械との共存」「不死」といった主題が注目されるよう になり、これまでの生命観や倫理観がいま問われています。今回の展覧会では、当館のコレクションから9 作家を選び、「命が死によって消え去る」という従来の生命観に対して「死なない命」のあり方について考え させる作品を紹介します。さらに4作家の生物を媒体とした1930年代から今日までのテーマに沿う表現を 加えることで「新たな生命を造形する意味」や「人工的な自然を生きることの可能性」など、当館所蔵作品の 意味を新たな角度から読み直し、生命の「いま」について考えます。