ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) - 2018年3月11日(日)

ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーの作品の多くは、高度な音響・映像技術が駆使され、「聴く」「見る」といった知覚経験を通して、人々を作品の中に没頭させる力を持っています。作品に接するうちに現実と虚構は交錯し、いつの間にか全く別の時空へと移動してしまう、それはまるで異界へと通じる扉を開くようです。
本展は、カナダ生まれのアーティスト・ユニットの国内はもとよりアジアにおいて初めてとなる大規模な個展です。新たに制作された初公開作品を含むインスタレーション作品約10点で構成される本展を通じて、彼ら独自の作品世界をお楽しみください。

《The Marionette Maker》(部分)2014

ローカル・テキスタイル1

To & Fro

2017年11月18日(土) - 2018年4月8日(日)

伝統的に繊維産業が盛んな石川県のナイロン生産量は全国の40%を占めています。海外の安価な製品に押され、国内の繊維産業が高機能化を求められる中、石川県の繊維会社カジグループは、細い糸で軽くて薄い生地を実現し、アウトドアブランドに提供しています。本展は、その生地を生かしたトラベル・グッズ「To&Fro」を紹介します。

提供:カジレーネ株式会社

泉太郎展 突然の子供

2017年10月7日(土) - 2018年3月25日(日)

泉太郎(1976-)は、日常の事物や限られた条件を利用し、私たちが当然のように受け入れている常識をこねくり回し、日常に潜む不条理な体験を作品化するアーティストです。本展では、「ベリーニューチーム」という不安定で、実態があるのか無いのかわからない「チーム」をつくり、混乱と同時にユーモアを備えた作品を発表します。

参考画像
撮影:末次朱理

日本・デンマーク外交樹立150周年記念展

日々の生活ーデザインの思考範囲 Everyday Life - thinking scope of design

2017年8月5日(土) - 2017年11月5日(日)

日本とデンマークは、それぞれの歴史や文化を背景に、ときに影響し合いながら発展してきました。特に、機能と実用性に美的な意匠をまとった優れたデザインは、両国の文化的アイデンティティと美意識を示すものとして、極めて高い評価が与えられています。本展は、こうした二つの国に生きる人々の暮らしに関わるデザインを観察し、それらがどのように生まれてきたかの背景に言及しながら、未来の可能性を探求するデザインの行方について現代の視点で考察を試みるものです。

Børge Mogensen, J39, 1947
Photo: Fredericia Furniture

ヨーガン レール

2017年8月5日(土) - 2017年11月5日(日)

自然と共に暮らし、その尊さを伝えてきたデザイナー、ヨーガン レールが「最後の仕事」に選んだのは、深刻な環境への問題に向き合い、海岸に打ち寄せられた廃品のプラスティックから美しい照明を作り出すことでした。決して自然に還ることのないプラスティックが、再び実用の場を与えられ輝き出します。2014年に急逝したヨーガン レールが自然への敬意をもって生きることの意味を伝えてくれます。

《ヨーガン レールの最後の仕事》 2011−2014
「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」(東京都現代美術館、2015)
展示風景[参考画像]

lab.2

Sight

2017年8月5日(土) - 2017年11月5日(日)

視覚経験を全く新しいものに変える感覚拡張デバイス「Sight」の開発に取り組むプロジェクト(和家尚希、鈴木良平、伏見遼平、宗像悠里)の活動を紹介。イルカやコウモリが音を手掛かりに空間を移動し餌をとるように、目にする映像を音に変換することで視覚の世界を「聴く」デバイスの開発状況をプレゼンテーションしつつ、継続的なリサーチの場として開きます。

コレクション展2 死なない命

2017年7月22日(土) - 2018年1月8日(月)

現代は、人工知能や生命工学など科学技術の発達によって、社会の価値観が大きく揺らぎつつあります。円環上に転生する生命から人工的な新種の創造まで、生物の「転移」をテーマにした作品を展観することで、新たな生命を造形することの意味や、人工的な自然を生きることの可能性を問いかけます。

椿昇《 エステティック・ポリューション》 1990
© TSUBAKI Noboru
コレクション展「目には見えない確かなこと」(2010-11)での展示風景
壁面ドローイング:村林由貴、鬣恒太郎