キッズスタジオ・プログラム「ハンズオン・まるびぃ!」

春休みプログラム「くるっと・びりびり 紙で作ろう!春のいきものたち」

2011年3月25日(金) - 2011年3月27日(日)

紙をくるっとまるめたり、ちぎったり、貼ったり、いろいろな作りかたを組み合わせて自分のアイデアで動物や植物を作ろう。

アートライブラリー・プログラム 「高嶺 格 Good House, Nice Body」とともに

絵本を読もう

2011年3月19日(土)

絵本『よるのいえ』(スーザン・マリー・スワンソン文、ベス・クロムス絵、 谷川 俊太郎訳 岩波書店)ほかを読んだあと、プロジェクト工房にできた”家”をスタッフと一緒にたんけんしましょう。
読み手:鍛冶裕子

「高嶺 格 Good House, Nice Body 〜いい家・よい体」

キュレーターによるギャラリー・トーク

2011年3月19日(土)

担当キュレーターが展覧会の見所や作品の魅力について話しながら、皆さんと一緒に展示を鑑賞します。

「MADE IN JAPANの置時計 1960年代を中心に」

トーク「コレクションの楽しみ」の開催について

2011年3月18日(金)

今回の「MADE IN JAPANの置時計 1960年代を中心に」を監修いただいた、石川県県立歴史博物館学芸主幹の本谷文雄氏を講師にお迎えし、自身も昭和の様々なコレクターである本谷氏の観点から、コレクションの意味そしてその楽しみについて語っていただきます。またゲストとして、今回の展覧会の展示資料をお貸しいただいた山田訓氏もお迎えし、実際に時計を見ながらコレクション秘話についてもおうかがいします。

講師:本谷文雄(石川県立歴史博物館学芸主幹)
ゲスト:山田訓(時計コレクター)

「コレクション展 目には見えない確かなこと」

イブニング・ワークショップ「目に見えるのは確かなこと?」

2011年3月15日(火)

自分の目が見ていることは「確かなこと」なのでしょうか?
「目で見ていること、体で感じていること」の不思議を錯視のしくみなどを通じて体験するプログラムです。

桑山忠明展講演会—桑山忠明のめざす「空間」について—

2011年3月12日(土)

講師に市川政憲氏(茨城県近代美術館長)をお迎えして、桑山忠明作品について、お話を伺います。

キッズスタジオ・プログラム「ハンズオン・まるびぃ!」

プレイルーム「かたちで遊ぼう!」

毎週土日祝一部除く

親子一緒に楽しめるスペースです。
いろいろなかたちを並べたりつなげたりして新しいカタチの世界を作ります。

「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」とともに

絵本を読もう

2011年3月5日(土)

絵本『モモ、しゃしんをとる』ほかを読んだあと、キュレーターと一緒に展示作品を見に行きましょう。
読み手:鍛冶裕子