コレクション展「目には見えない確かなこと」とともに

絵本を読もう

2010年9月26日(日)

絵本『ねずみくんのひみつ』ほかを読んだあと、担当キュレーターと一緒に展示作品を見に行きましょう。

「高嶺 格 Good House, Nice Body ~いい家・よい体」関連イベント

渡辺菊眞によるトーク「土嚢のいえと住処の夢」

2010年9月23日(木)

当館で開催中の長期プロジェクト型展覧会「Good House, Nice Body~いい家・よい体」の第2部となる「Good House」の公開が8月28日よりプロジェクト工房にて始まりました。高嶺格氏がそのプロジェクト・パートナーとして招いたのが土嚢建築の研究・実践者である渡辺菊眞氏(高知工科大学准教授、D環境造形システム研究所)です。
このたびの渡辺氏によるトークでは、土嚢建築の意義や特性、これまで世界各地で手がけてこられた土嚢建築の紹介をはじめ、住処を自らの手に取り戻すための多様な事例の紹介も絡めながら、現代における住処の可能性についてお話いただきます。さらには氏が現在高知で進行中のプロジェクト、そして今回の「Good House」について8月の集中制作の様子や今後の展開についても紹介いただきます。

「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」トークイベントvol.5

「みんなのがっこう 発表会」

2010年9月20日(月)

6月にはじまった「みかんぐみのアイディアワークショップーみんなのがっこう」は、子ども達の学びの場である小学校について、みんなで考えるプロジェクトです。いままでに学校、子ども、地域、環境など、いくつかの視点から小学校の学びの空間について考えてきました。4ヶ月間に及ぶワークショップ、ゼミナール、レクチャーを通じて積み上げられてきたことを振り返り、みかんぐみが提案する「みんなのがっこう」を発表します。

コレクション展示 菱山裕子《秘密の話》

2010年9月18日(土)

菱山裕子さんの作品を、プレイルーム「かたちで遊ぼう!」の時間中にキッズスタジオに展示します。
そこで何をしているの?
何かお話ししているのかな?
いろいろな物語を想像してみましょう。

ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス「アーティストに質問する」

2010年9月18日(土)

作家への質問形式のトークです。

※事前に展覧会をご鑑賞ください。

「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」トークイベントvol.4

「自主ゼミナール:地域から見た学校」

2010年9月16日(木)

小学校の周りに暮らすみなさんと自分たちの街を見直す座談会をします。今回はみかんぐみと一緒に学校について考えてくれた、新竪町小学校の校下に暮らすみなさんから、町の歴史や小学校との関わりについてご紹介いただきます。


*みかんぐみの参加はありません。

コレクション展 - 目には見えない確かなこと Invisible Reality

アーティスト・トーク 椿昇

2010年9月11日(土)

世の中を批評的な目で見ることは、美術にとってもっとも重要な機能であるという作家・椿昇。特に現代美術においては批評性を失ってしまえば、その存在意義すらないのではないかと主張しています。自作《エステティック・ポリューション》を前に、作品に含まれるメッセージや、アーティストとしてどのように社会と関わっているかなどについて話します。

「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」トークイベントvol.3

「地域が包み込む学校」加茂 紀和子 (みかんぐみ) × 岸 裕司 (秋津コミュニティ)

2010年9月8日(水)

コミュニティルーム(余裕教室の地域開放)を地域の活動の「拠点」にして「自主・自律・自己管理」で運営している秋津コミュニティの事例から学ぶものは何かー小学校が元気になるとまちも元気になるかもしれない、ということをみんなで考えます。

キッズスタジオ・プログラム「ハンズオン・まるびぃ!」

プレイルーム「かたちで遊ぼう!」

毎週土日祝

親子一緒に楽しめるスペースです。
いろいろなかたちを並べたりつなげたりして新しいカタチの世界を作ります。