開館15周年記念

現在地:未来の地図を描くために[1]

2019年9月14日(土) - 2019年12月19日(木)

当館は開館15周年を迎え、コレクション収集を開始した開館前の2000年から20年の間に約3,880件に上る作品を収蔵するに至りました。その間、社会の状況は目まぐるしく変化し、コレクション作品もその時代の空気を鋭く読み取る作品が増えていきました。本展では、改めてコレクション作品を見直す中で、多様化、複雑化する現代において自分たちの現在地がどこにあるのかを見据え、未来に向けてどのような地図が描けるのかを考えます。

エルネスト・ネト 《身体・宇宙船・精神》 2004
photo: FUKUNAGA Kazuo
© Ernesto NETO

アペルト11 久野彩子

2019年7月6日(土) - 2019年9月23日(月)

久野彩子(1983年東京生まれ)は、ロストワックス鋳造技法を用いて作品を制作します。彼女の作品は、ロウで作った精密なカタチを鋳物に置き換える手法で、硬質で重厚な金属の質感と共に、細部にまで技巧を凝らした表現も併せ持っています。本展では、金属と向かい合い、鋳造と対話しながら真摯な態度で制作する彼女の作品群を紹介します。
「都市」をテーマに、様態を変えながら増殖し、構築されていく都市のうごめく姿を想起させるものとして、堅牢な金属に施された高密度の造形美を展観します。

《transform-hemisphere-
》2018年
©️KUNO Ayako

粟津潔 デザインになにができるか

2019年5月18日(土) - 2019年9月23日(月)

「デザインになにができるか」を問い続け、行動したデザイナー粟津潔。成熟していく日本のデザイン界のなかで、揺るぎない民衆としての視点を持ち続けた粟津は、原水爆禁止のアピールや韓国民衆運動を支援するポスターなど、社会的なデザインにこだわり続けました。大阪万博のデザインやメタボリズムの建築運動への参加、映像やパフォーマンスなど幅広い活動への一貫した態度も見えてきます。粟津潔の仕事を通してデザインの可能性を問い、そして今、私たちはなにができるのか考えます。

《FALLOUT》1957年

佐藤浩一 第三風景

2019年4月6日(土) - 2019年9月23日(月)

この度金沢21世紀美術館は、今日でもなお視覚中心的な作品が多数を占める中、視覚のみならず、非視覚的な感覚、聴覚・嗅覚をも揺さぶる新たな表現を取り上げ、美術館活動の次なる可能性を探求する展覧会を開催します。こうした特徴的な表現を、これまでlab.シリーズなど数々の実験的な取り組みを紹介してきたデザインギャラリーで取り上げます。
佐藤浩一(1990-)は、人類学や植物学への関心から、これまで様々な境界線上を曖昧に揺れ動く存在の可能性を考察してきました。「わたし」と「わたしならざるもの」の合間にある、見えないけれど確実にあるその境界を問い、これらの存在がその間で揺れ動きながら共生するこれからを、映像やインスタレーションのみならず、音や香りといった非視覚的なメディウムをも複合的に組み合わせながら表出しています。
本展のタイトル「第三風景」は、風景の進化を自然のみに委ねた空間を指し示すフランスを代表する庭師ジル・クレマンが提唱した概念で、都市の空き地や農村の放棄地・国境地帯など、人間が顧みない、あるいは抑圧している場所を、あえて生物多様性を受け入れられる特権的な場として積極的に評価した言葉です。様々な要素が複雑に混在し得る第三風景は、これからの私たちの社会における、人と植物の関係性の在り方に示唆を与えるものであるといえるかもしれません。本展はこの象徴的な言葉を起点に、イチジクの生殖をテーマとした「Mutant Variations」、人工湖をテーマとした新作を含めて、佐藤浩一の現在地を俯瞰します。

EVENTイベント

パフォーマンス

&21(芸術交流共催事業)

いまるまる、Otnk、澤山工作所「最後のオーケー」

2019年9月6日(金) - 2019年9月8日(日)

許さなかった自分、許してしまった自分、許していった先、自分にオーケーをだす。その日常の変化を愛おしいと思えるメンバーが表現するパフォーマンス。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

第2回文字と文様展~カリグラフィーとカリグレイスコープ~

2019年9月3日(火) - 2019年9月8日(日)

「カリグラフィー Calligraphy」とは美しい線で創られた美しいアルファベットの表現のことです。その語源はギリシャ語のCALL(美しい)とGRAPHEIN(書くこと)に由来しています。
「カリグレイスコープ Calligracescope」とはアルファベットを使って作る美しいデザインテクニックです。当作品展では「日本の書 Japanese Calligraphy」も併せて展示いたします。
※会場では手書きのグリーティングカードやポストカードの販売もあります。

期間:
2019年9月3日(火) - 2019年9月8日(日)
10:00〜17:00(最終日は15:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
いしかわ文字と文様サークル
お問い合わせ:
atelier Snowflake(アトリエ スノーフレイク)
MAIL maki.maki18@tune.ocn.ne.jp

一般主催展覧会

チームラボ 永遠の海に浮かぶ無常の花

2019年8月9日(金) - 2019年9月1日(日)

チームラボによる個展「チームラボ 永遠の海に浮かぶ無常の花」。
本展でチームラボは、人々が他者と共に作品の一部となり、溶け込んでいくことで、自分と他者との境界を連続的なものに変え、そして私たちと世界との、境界のない新しい関係を模索します。
一つの連続した波によるインスタレーション「Black Waves:埋もれ失いそして生まれる」と、来場者のふるまいの影響を受けながら変容し続ける空間「永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる」をはじめ、空間に書く書「空書」が作品空間の中を回転していく「反転無分別 - Black in White」、来場者が描いた花々が、壁に生まれ、群生し広がっていく「グラフィティ フラワーズ ボミング」をなど展示します。

期間:
2019年8月9日(金) - 2019年9月1日(日)
10:00〜18:00(金・土は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
大人(高校生以上)    2,200円

小人(4歳以上中学生以下)  1,000円

3歳以下            無料

※チケットの発売開始は6月上旬を予定しています。

※チケットは日付指定券を予定しています。
主催:
チームラボ 永遠の海に浮かぶ無常の花 実行委員会
後援:
石川県、金沢市、一般財団法人石川県芸術文化協会、エフエム石川、ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、金沢ケーブル、abn長野朝日放送
特別協賛:
セブンチケット
お問い合わせ:
「チームラボ 永遠の海に浮かぶ無常の花」実行委員会事務局(北國新聞社事業局内)
076-260-3581(平日10時~18時、土日祝休)
URL https://www.teamlab.art/jp/e/kanazawa21

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

条件に該当する催しがありません。