「shell - shelter:殻 - からだ」

コレクション展II

2008年9月13日(土) - 2009年4月12日(日)

「もうどこにも安全なゾーンはなくなる」
---ドミニク・ゴンザレス=フェルステル《安全地帯のアン・リー》より



『コレクション展』では、現代社会の価値観の変化や転換と呼応する先端的な作品を紹介し、現代社会の諸問題を問いかけます。

『コレクション展II』のキーワードは、「shell - shelter:殻 - からだ」。本展で紹介する様々な身体のイメージは、価値判断の基準、感情・精神の抜け殻、あるいは己であり続けるためのシェルター、生と死、等を暗示するものとして登場します。

それらの作品は、既存の価値観に疑問を呈し、現代に漂う孤独と不安、無力感、人々の間の距離感を浮き彫りにしながら、人間の生存可能な場を新たに見出そうとしています。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/collection/2008_2/index.html

サイトウ ・マコト展:SCENE [0]

2008年8月2日(土) - 2008年11月3日(月)

グラフィック・デザインの領域で国際的に知られるサイトウ・マコトによる初の個展。80〜90年代、斬新な表現によってグラフィック・デザインの常識を破り、時代を塗り替えてきたサイトウ・マコトが、本個展において長年あたためてきた絵画作品を約50点初公開します。サイトウが21世紀の世界に向けて発信する注目の新作展です。

サイトウのこれまでの幅広い創作活動は、「見る」という行為への無限の問いかけのなかで形作られてきました。デザインの領域で活躍する一方で、1990年代半ばからは本格的に絵画の研究も始めています。今回サイトウは、幼少のころから親しみ、自身にとって特別な意味をもつ映画から一瞬のショットを切り取り、デジタルという現代のフィルターを通して大胆に解体するなど、これまで一貫して培ってきた現代への鋭い視点を反映した絵画作品を発表します。本展は、このように「見る」行為を「描く」という行為へと拡げた、サイトウの現在を展観するものです。

作品のなかの人物像は、いずれも体温を感じさせない冷ややかな空気に包まれています。温かさやナチュラルさといった癒しを安易に求める昨今の風潮に挑むかのように、温度のないゼロ地点-SCENE [0]-からうごめきだす不穏な世界。独自のモチーフとテクスチャーにより創出されるサイトウの絵画空間は、時代の新しい感触をとらえ、現代に生きる私たち自身の姿を容赦なく映し出します。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/saitou/index.html

サイトウ・マコト
《切り取られた顔》2007
©Makoto Saito

フードクリエイション 食欲のデザイン展 -感覚であじわう感情のテイスト-

2008年7月19日(土) - 2008年9月28日(日)

“胃までコンセプトを届ける”ことをモットーに展開するフードクリエイション。本展覧会のコンセプトは「感覚であじわう、感情のテイスト」。様々な食材を組み合わせ、驚きや喜びなどの感情を表現していきます。そして、会期中約30回行われるフードパフォーマンスで実際にその表現を「味わって」いただきます。これまでにない「味わう」ことをテーマした展覧会、「食欲のデザイン」空間へ是非お越し下さい。

<フードクリエイション>
諏訪綾子が主宰するコンセプチュアルなフードを提供する<フードクリエイション>。テーマ性のあるフードは、視覚だけでなく、味覚をもデザインしていく。特に本展では、<sensuous food, emotional taste>をコンセプトとして、感情を表現する味を提案していく。そのオリジナルな活動の注目度は高く、2008年度は、各種企業のテーマにそったパーティケイタリングに留まらず、101TOKYO ART FAIRのオープニングパーティや伊勢丹フードエリア1周年のパーティなどその活躍の場はますます広がっている。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/designgallery/foodcreation.html

〈金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム〉

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 meets NODA [But-a-I]

2008年5月31日(土) - 2008年10月19日(日)

「金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム」*の第2弾として、野田秀樹(劇作家、演出家、役者)を迎え、空間・時間の表現者を目指す若者を対象にワークショップを行います。
2007年度、日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式において同プログラムを牽引し、野田秀樹とは舞台美術を通じて交流のあるアーティスト日比野克彦が、アートに演劇の要素を導入し、美術館における表現の拡大をはかります。野田秀樹は、「美術館の展示室」という自身にとっての「アウェー」の場との交信をすることで、プロジェクトを通じて表現の新たな可能性を探ります。
会期中はプロジェクト工房にてワークショップが行われるほか、館内の[展示室13]には[But-a-I](舞台)が出現し、観客を巻き込んだ展示が進行します。

★詳細はこちらから
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/hibinoda/index.html

* 金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム
スウェーデンのストックホルム近代美術館で成功を収めている高校生対象の教育普及プログラム「ゾーン・モデルナ」をモデルとし、金沢21世紀美術館において若者を対象に立ち上げられたプログラム。
2007年度にはその第一弾として、日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式が開催されました。

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/asatte/index.html

[But-a-I]ワークショップ
活動風景
2008年

EVENTイベント

VICTORIA

2008年9月26日(金)

ヴィクトリアおばあさんは最後に人生の素晴らしさを届けてくれました。現代版女性チャップリン、デュルシネアが描くおかしくて、せつない「涙」。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 meets NODA [But-a-I]

ヒビノカップ2008 in 金沢

2008年9月28日(日)

子どもも大人も一緒に楽しめる「美術」と「体育」の祭典。

昨年度、日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式の一環として開催した「ヒビノカップ」を今年も開催します。
段ボールでオリジナルゴールを制作してミニサッカーゲームを行う、「美術」と「体育」の祭典です。ご家族やお友達、クラスメイトなど、5名1チームで、どなたでも参加いただけます。
「ツエーゲン金沢」の選手も来場!

【応募方法】
・小学生以上なら、どなたでも参加できます。
・チームごとに申込書に必要事項をご記入の上、FAX ( 076-225-3392 ) またはEメール ( info@ishikawafc.com ) にてお申し込み下さい。
申込用紙は金沢21世紀美術館館内に設置してあります。
(1チームにつき7名まで登録できます)

【応募締切】
2008年9月12日(金)必着
※ただし、申込は先着順とし、16チームに達し次第締め切らせていただきます。

【参加費】
1チーム 3,000円(保険料込)
※当日現金にてお支払い下さい。

【当日の持ち物】
※汚れてもよい服装でご参加下さい
(1) Tシャツ(ユニフォームを作ります。チームカラーなど、お好みの色でご用意下さい)
(2) 運動靴(スパイク不可)
(3) 昼食・飲み物
(4) 着替えや雨具など

サイトウ ・マコト展:SCENE [0] 関連イベント

子ども向けプログラム「気になる人を探そう!」

2008年9月23日(火)

作品の鑑賞とワークショップを行います。

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 meets NODA [But-a-I] 関連プログラム

日比野さんと「 ‐ (ハイフン)」しよう!〜段ボールに毛糸で刺繍

2008年9月21日(日)

2人1組で、毛糸を使って絵を描きます。

講師:日比野克彦(アーティスト)

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 meets NODA [But-a-I]

シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」

2008年9月20日(土) - 2008年9月21日(日)

野田版歌舞伎 第一弾
あの大ヒット作「野田版 研辰の討たれ」がついにシネマ歌舞伎で登場!
※上映前に日比野克彦氏による「ホーム→アンド←アウェー」方式トークがあります。

金沢アートプラットホーム2008 KOSUGE1-16作品《AC-21》

巨大サッカーボードゲーム 制作ワークショップ(2日間)

2008年9月13日(土)

この秋、金沢21世紀美術館に展示される巨大サッカーボードゲーム《AC-21》を、制作者のKOSUGE1-16と一緒に作り上げるワークショップに参加しませんか?このサッカーボードゲームのプレーヤー人形に色を塗り、サッカーボードゲーム本体を組み立てるワークショップを2回に渡って行います。子供も大人も一緒に楽しみましょう。

サイトウ ・マコト展:SCENE [0]

サイトウ・マコト「ゼロ地点」対談 「顔力!」

2008年9月13日(土)

浅野忠信(俳優)× サイトウ・マコト

映画のシーンをもとにさまざまな現代のシーンを描き出すサイトウ・マコト。俳優、映画監督として実際に映画のシーンを生み出す浅野忠信氏を迎え、俳優の「顔」について、演技について、映画について対談します。

サイトウ ・マコト展:SCENE [0] 関連イベント

ママパパ向けギャラリー・ツアー「サイトウ・マコト展」

2008年9月11日(木)

美術館スタッフと一緒に作品を鑑賞します。
授乳室や託児など、親子で来館したときに役立つ情報もお伝えします。


キッズスタジオ・プログラム「ハンズオン・まるびぃ!」

プレイルーム「かたちで遊ぼう!」

毎週土日祝一部除く

いろんな形のブロックを重ねたりつなげたりして、「新しいかたち作り」にチャレンジ!親子で楽しめるスペースです。

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 meets NODA [But-a-I]

[But-a-I]公開ワークショップ

2008年9月毎週土曜日

定期的に行っている[But-a-I]ワークショップを公開します。

サイトウ ・マコト展:SCENE [0]

学芸員によるギャラリー・トーク

2008年9月6日(土)

展覧会担当の学芸員が、展覧会を紹介します。

金沢アートプラットホーム2008 KOSUGE1-16作品《AC-21》

巨大サッカーボードゲーム 制作ワークショップ(2日間)

2008年9月6日(土)

この秋、金沢21世紀美術館に展示される巨大サッカーボードゲーム《AC-21》を、制作者のKOSUGE1-16と一緒に作り上げるワークショップに参加しませんか?このサッカーボードゲームのプレーヤー人形に色を塗り、サッカーボードゲーム本体を組み立てるワークショップを2回に渡って行います。子供も大人も一緒に楽しみましょう。
・スター選手を作ろう!
【内容】
巨大サッカーボードゲーム《AC-21》でプレーをするプレーヤー人形(身長60cm、プラスチック製)のキャラクターを考え、色を塗ります。

【持ちもの・服装】
昼食用のお弁当、お茶など
※汚れてもよい服装でお越しください。
※今回作った選手は、来年4月まで出場します。次回の展示以降は新しい選手に塗り直します。

参加条件:2日とも(9/6と9/13)参加できる方
対象: 子どもから大人まで(小学生以下は保護者同伴)
定員: 16組(各組2人以上)
※ 定員になり次第〆切ります。

【申込方法】
電話、FAXまたはEメールで申し込み下さい。
FAX、Eメールでお申し込みの方は「代表者氏名」「住所」「電話・FAX番号」「Eメールアドレス」「参加人数」「メンバーの年齢、性別」を明記の上お送りください。

・KOSUGE1-16(こすげ いちのじゅうろく)
土谷享、車田智志乃の二人組のアーティストユニット。「金沢アートプラットホーム2008」では「どんどこ! 巨大紙相撲」も実施する。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

条件に該当する催しがありません。