金沢21世紀美術館友の会 Special Event

カンパニー・デラシネラ「ロミオとジュリエット」

2016年8月6日(土) -
2016年8月7日(日)

イラスト:チャーハン・ラモーン

インフォメーション

期間:
2016年8月6日(土) 〜2016年8月7日(日)
両日ともに15:00開演(開場14:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
・一般 2,500円
・大学生2,000円
・高校生以下1,000円
・友の会会員1,500円
※3歳以下入場不可
チケット取扱:
・ミュージアムショップ
・WEB申込フォーム
※友の会チケットはミュージアムショップ、友の会WEB申込フォームのみ取扱。
ローソンチケット (Lコード 56074)
チケットぴあ (Pコード 451-946)
託児サービス:
有料・要予約
TEL 076-220-2815
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 友の会
TEL 076-220-2814

概要

イタリアを舞台にしたシェイクスピア悲劇「ロミオとジュリエット」。争いを続ける二つの名家、モンタギュー家とキャピュレット家。それぞれの一人息子と一人娘であるロミオとジュリエットは、出会って一目で恋に落ちてしまった。しかし、二人を巡って様々な事件や行き違いが起こり、やがて二人は大きな決断をする。
プロダクトデザイナーの石黒猛が本作のために製作した不可思議な道具と、デラシネラのパフォーマーの豊かな身体が非日常の世界を作り出す。舞台と客席の見えない境界線を取り払ったスタイルで、観客はいつの間にか物語に参加することになるでしょう。その場に居合わせた人たちだけが体験する特別な時間です。


カンパニー・デラシネラ「ロミオとジュリエット」

原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子

演出:小野寺修二
美術:石黒 猛
出演:斉藤 悠、崎山莉奈、王下貴司、大庭裕介、藤田桃子、小野寺修二

衣装:堂本教子
照明デザイン:吉本有輝子
照明:木藤 歩、吉田一弥
音響:池田野歩
舞台監督:竹井祐樹(STAGE DOCTOR)
表紙イラスト:チャーハン・ラモーン
制作:福島史子
協力:公益財団法人セゾン文化財団
企画製作:カンパニーデラシネラ

Web申込フォーム

事前予約は終了しました。

カンパニー・デラシネラと踊るフラッシュモブ参加者募集!

カンパニー・デラシネラとともにフラッシュモブに参加してみませんか?
フラッシュモブ(英: flash mob)とは、メールやSNS などのネットを通じて示し合わせた不特定多数の人間が、広場や駅、空港などの公共空間で突如として同じ行為を行い、散会することを指します。
今回、8/6,7にシアター21で開催される「ロミオをジュリエット」の公演に合わせて、デラシネラメンバーが金沢21世紀美術館の芝生広場でフラッシュモブを行います。シンプルな振付なので、12:30からの現地レクチャーを受けていただければ、ダンス初心者の方でも簡単にご参加いただけます。ぜひこの機会に、金沢21世紀美術館をバックに、カンパニー・デラシネラとのモブの共演を楽しみましょう!

日時:2016年8月4日(木) 14:00 Start(上演は10分程度)
集合:8月4日(木) 12:30 松涛庵前集合
会場:金沢21世紀美術館 本多通り口前芝生広場(予定)
   ※雨天時は、館内(授乳室前)

詳しくはこちら

プロフィール

ダンストリエンナーレトーキョー(2012) 撮影:MILLA

カンパニーデラシネラ Company Derashinera

08年、小野寺修二セルフユニットとして設立。身体性に富んだ演劇作品に取り組み、マイムをベースに台詞を取り入れた独自の演出は、世代を越えて注目を集めている。国内での活動のほか、海外演劇祭への参加等多数。また、学校巡回公演や高校の芸術鑑賞会など次世代へのアプローチにも積極的に取り組んでいる。野外や美術館、アートフェスティバルなどへの参加も多い。白い劇場シリーズとして、15年3月にドストエフスキーの小説をベースにした『分身』、16年3月にアレクサンドル・デュマ・フィス『椿姫』を上演。

撮影:石川純

小野寺 修二 Onodera Shuji

日本マイム研究所を経て、95年~06年、パフォーマンスシアター水と油にて活動。その後、文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として1年間フランスに滞在。帰国後、カンパニーデラシネラを設立。15年度には文化庁文化交流使としてタイやベトナムでワークショップと作品発表を行った。第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。近年の主な演出作品…『カラマーゾフの兄弟』(12年/新国立劇場)、『変身』(14年/静岡県舞台芸術センター)、瀬戸内国際芸術祭2013にて野外劇『人魚姫』、岡山県・犬島パフォーミングアーツ公演『URA-SHIMA』(15年)など。

Images

    世田谷ものづくり学校(2011) 撮影:田中亜紀

Movies

  • 振り付け動画 1

    カンパニーデラシネラ『ロミオとジュリエット』2016は、観客参加型をうたっています。と言って、観客を舞台に引張り出すということではなく、舞台と客席の境界線を取り払う試みをいくつも盛り込んでいます。その一つ、ご来場予定のお客様は是非、下記振付レクチャーをご覧下さい。劇中で突然始まりますが、劇場でご一緒出来ますこと、楽しみにしております!

  • 振り付け動画 2

    こちらは、レクチャーなしの流しで動いたものです!

  • 金沢公演告知

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
助成:
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
協力:
公益財団法人 セゾン文化財団