9 18

開館

EXHIBITION展覧会

きりのなか - ブルーノ・ムナーリの絵本世界

2009年9月12日(土) -
2009年11月3日(火)

インフォメーション

期間:
2009年9月12日(土) 〜2009年11月3日(火)
10:00〜18:00 (金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
休場日:
月曜日(ただし、9月21日、10月12日、11月2日は開場)、10月13日(火)
料金:
入場無料
デザイン協力:
stompdesign
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

霧のように無彩色の空間で、わたしたちは夢想の世界へと誘われる。濃霧をぬけて目前にあらわれる色彩が、わたしたちの記憶を呼び覚ます。暖かい色、冷たい色、重い色、軽い色、色は目に映るだけではなく、個人の心の働きに影を落としていく。

ブルーノ・ムナーリは自分自身を語るのに「発明家」、「著述家」、「建築家」、「プロダクトデザイナー」、「グラフィックデザイナー」、そして「こどもと遊ぶ人」という言葉をのこしている。そのムナーリが色や形、そして素材を視覚言語とする絵本《きりのなかのサーカス》を生み出した。

本展では、絵本《きりのなかのサーカス》を創造の可能性に挑んだムナーリの代表作としてとらえ、彼自身が監修し制作した7枚のスクリーンに着目した。絵本ではトレーシングペーパーを用いて巧みに霧の中の情景を表現したムナーリは、大きな紗のスクリーンにプリントすることによって、絵本とは異なる次元で表情豊かな霧の中のイメージを現出させている。当館デザインギャラリーにおいて、ムナーリ作のスクリーンをダイナミックに構成することにより、体感できる絵本世界《きりのなかのサーカス》を創出する。

また、絵作りゲーム《つけたり・とったり》は、モノをさかさまにしたり、裏返したり、対立させて考えること、また、中身を変えずに重ねていくこと、異なるモノに転用させることなどの、デザインを考える上で必要な手法が盛り込まれた遊具である。動物や風景などが象られたプラスティックカードを重ねることによって、会場内のライトテーブルの上に無限に物語が生まれてくる。

本展は、来場者が自由に回遊し、さまざまな知覚体験を通して、創造力の源であるムナーリの「ファンタジア」に触れることのできる場となる。

関連プログラム

ワークショップ『直接の映写』
10月10日(土)15:00〜16:30
対象:小学3~6年生
ワークショップ『さまざまなかたち』
10月11日(日)10:30〜12:00
対象:小学1~4年生
ワークショップ『木をつくろう』
10月11日(日)14:00〜15:30
対象:小学1~4年生

各回とも入場無料
会場:キッズスタジオ
講演会「ブルーノ・ムナーリの絵本世界」
11月1日(日)14:00〜15:30
会場:レクチャーホール
講師:岩崎清(日本ブルーノ・ムナーリ協会代表)

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[(財)金沢芸術創造財団]
特別協力:
Alberto Munari / Maurizio Corraini / Marzia Corraini / Giovanna Ballin / Nicola Locatelli / Maurizio Corraini srl.
協力:
財団法人児童育成協会こどもの城造形事業部 / 日本ブルーノ・ムナーリ協会
協賛:
株式会社フレーベル館 / 株式会社コムレイド