7 03

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EXHIBITION展覧会

時を超えるイヴ・クラインの想像力―不確かさと非物質的なるもの

2022年10月1日(土) -
2023年3月5日(日)

イヴ・クライン《人体測定(ANT66)》1960年
水性メディウム、紙、カンヴァス 157 × 311 cm
いわき市立美術館蔵

インフォメーション

期間:
2022年10月1日(土) 〜2023年3月5日(日)
10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室5〜12、14
休場日:
月曜日(ただし10月10日、10月31日、1月2日、1月3日は開場)、10月11日(火)、11月1日(火)、12月29日(木)〜1月1日(日)、1月4日(水)
料金:
一般:1,400円(1,100円)
大学生:1,000円(800円)
小中高生:500円(400円)
65歳以上の方:1,100円

※( )内はWEB販売料金・団体料金(20名以上)
※当日窓口販売は閉場の30分前まで
※入場当日に限り「コレクション展1 うつわ」(対象期間:10月1日〜10月16日)及び「コレクション展2 Sea Lane – 島々への接続」(対象期間:11月3日~3月5日)にもご入場いただけます。

友の会会員について:
予約不要でいつでもご入場いただけます。(ただし、当日の混雑状況により入場制限の可能性があります。)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

本展は、1950年代から60年代に活躍したフランスのアーティスト、イヴ・クラインを中心に、イタリアの空間主義運動や日本の具体などの同時代の作家、さらに現代の作家を加えて、彼らの芸術に共通する「非物質性」というテーマを浮かび上がらせます。荒廃した戦後の「タブラ・ラサ(空虚)」ともいえる状況から、イヴ・クラインは新しい人間性を探求する作家として、彗星のごとく登場しました。彼は、作品の素材や支持体のみに依存しない、芸術の「脱物質化」を徹底的に推し進め、同時代のアーティストのみならず後世の作家たちにも多大な影響を与えています。現代の私たちは、気候変動やウイルス、インターネットによる情報環境が生み出す混乱など、無数の「見えないもの」に影響を受け、その実体が見えない不確かさの中で、多くの厄災や分断と向き合っています。本展が紹介するイヴ・クラインを中心とした革新的な芸術家たちの「非物質性」を志向する創造的探求は、今の私たちが向き合う不確かな現在を乗り越える想像力を与えてくれるでしょう。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]