11 12

開館

EXHIBITION展覧会

特別展示

名和晃平 Foam

2019年4月27日(土) -
2019年8月25日(日)

インフォメーション

期間:
2019年4月27日(土) 〜2019年8月25日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室13
休場日:
月曜日(ただし4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開場)、5月7日(火)、7月16日(火)
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

名和晃平は本展において、泡と光のインスタレーション作品「Foam」を展示します。次々と終わりなく湧き出る小さな泡が次第に寄り集まり、泡の集合体(フォーム)として有機的な構造を自律的に形成してゆく様子を表現します。生成と消滅というシンプルなプロセスを繰り返す個々の泡は、代謝や循環を支える細胞の本質的な振る舞いと類似しており、見る者に生命の根源を連想させます。

作家プロフィール

photo: OMOTE Nobutada | SANDWICH

名和晃平 (なわ こうへい)

彫刻家/SANDWICH Inc.主宰/京都造形芸術大学教授 1975年生まれ。京都を拠点に活動。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。独自の「PixCell」という概念を軸に、様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。 近年は建築や舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。

《Foam》
installation view, “FUKAMI –une plongée dans l’esthétique japonaise”,
Hôtel Salomon de Rothschild, Paris, France, 2018
soundscape: HARA Marihiko
photo: OMOTE Nobutada | SANDWICH
©️NAWA Kohei

液体のわずかな振幅と共に、次々と終わりなく湧き出る「Foam」。小さな泡は、次第に寄り集まって液面を覆い尽くし、泡の集合体(フォーム)として、有機的な構造を自律的に形成する。立ち上がったボリュームは、飽和し、膨らみ続け、時に萎えて地面に落ちる。

名和晃平

Movies

  • 「名和晃平 Foam」 名和晃平インタビュー

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
助成:
芸術文化振興基金
協力:
大和実業株式会社