8 25

開館

EXHIBITION展覧会

開館15周年記念

現在地:未来の地図を描くために[2]

2019年10月12日(土) -
2020年4月12日(日)

クリス・バーデン《メトロポリス》2004
photo: KIOKU Keizo
© Chris BURDEN

インフォメーション

期間:
2019年10月12日(土) 〜2020年4月12日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室1〜6、長期インスタレーションルーム、交流ゾーン
休場日:
月曜日(ただし10月14日、10月28日、11月4日、2月24日は開場)、10月15日(火)、11月5日(火)、12月20日(金)〜2月3日(月)、2月25日(火)
料金:
一般=450円(360円)
大学生=310円(240円)
小中高生=無料
65歳以上の方=360円
※( )内は団体料金(20名以上)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

当館は開館15周年を迎え、コレクション収集を開始した開館前の2000年から20年の間に約3,880件に上る作品を収蔵するに至りました。その間、社会の状況は目まぐるしく変化し、コレクション作品もその時代の空気を鋭く読み取る作品が増えていきました。本展では、改めてコレクション作品を見直す中で、多様化、複雑化する現代において自分たちの現在地がどこにあるのかを見据え、未来に向けてどのような地図が描けるのかを考えます。

出品予定作家(50音順)

安部泰輔、イ・ブル、泉太郎、「雲龍庵」北村辰夫、エル・アナツイ、大場松魚、小谷元彦、大樋陶冶斎(十代長左衛門/年朗)、上出長右衛門窯+丸若屋、クリス・バーデン、桑田卓郎、塩田千春、田嶋悦子、田中敦子、寺井直次、照屋勇賢、金氏徹平、北出不二雄、草間彌生、久世建二、十一代大樋長左衛門(年雄)、トーマス・ルフ、中川衛、中野孝一、中村康平、中村卓夫、奈良美智、ホンマタカシ、前史雄、マチュー・ブリアン、見附正康、ミヤギフトシ、毛利悠子、山村慎哉、ヤン・ファーブル ほか

※出品作家は変更になる場合があります。

Images

    《パースペクティブ》2015
    © El Anatsui
    photo: KIOKU Keizo

    「雲龍庵」北村辰夫 《更紗蒔絵十字架》2007
    photo: WATANABE Osamu

    上出長右衛門窯+丸若屋《髑髏 お菓子壺 花詰》
    2009
    photo: SAIKI Taku

    田嶋悦子《Cornucopia 02-XII》2002
    photo: SAIKI Taku

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]