12 12

開館

VOLUNTEERボランティア募集・お知らせ

lab.リサーチサポーター募集(Space Syntax 行動調査説明会)

インフォメーション

説明会:
2019年12月17日(火)
2020年1月11日(土)
会場:
金沢21世紀美術館
12月17日19:00:会議室1、1月11日14:00:プロジェクト工房 ※レクチャーホールから変更となりました
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
担当:中田
TEL 076-220-2801

概要

休館中の金沢21世紀美術館を歩き、 空間レイアウトの特性や可能性を考える調査を実施します。
2017年より始まった「lab.」はデザインギャラリーを調査や実験、研究や開発の場として開きながら、その過程も提示する展覧会シリーズです。
4回目となる本展は都市/建築空間のレイアウトを専門とするデザイン・コンサルティング・ファーム〈Space Syntax〉の理論と実践を紹介しつつ、当館がもつ空間レイアウトの特性を分析し、その可能性を探るため、会期中に2つの調査を行います。
金沢21世紀美術館の無料ゾーンと有料ゾーンとの間仕切りとなっている透明な扉の開閉パターンをいくつか設定し、それぞれのパターンによって館内での来館者の行動や動線がどのように変化するかを調査します。空間の特性を味わえる参加者と、調査に携わるリサーチャーと2種類のリサーチサポーターを募集します。 休館中の美術館にぜひおこし下さい!

リサーチサポーターA (参加者)

オリエンテーリングのようにチェックポイントをまわりながら、休館中の館内を散策していただきます。
【 参加申込み方法 】
ウェブフォームよりお申し込みいただくか、事前説明会[1月11日(土)14:00 @当館プロジェクト工房(※レクチャーホールから変更となりました)]にお越しください。
※メールフォームからお申し込みいただく場合は、備考欄に参加を希望される調査日をご記入ください。

ウェブフォームはこちら

リサーチサポーターB (リサーチャー)

参加者の動線や行動を記録します。アーバンデザインや空間レイアウトに興味ある方だけでなく、社会調査や行動調査に関心のある方にもおすすめです。
【 参加申込み方法 】
事前説明会[12月17日(火) 19:00 @当館会議室1]にお越しください。参加申込みの手続きと併せて、調査の詳細や観察のコツをお伝えします。

調査日時

2020年
[1] 1月17日(金) 10:00〜12:00
[2] 1月17日(金) 14:00〜16:00
[3] 1月18日(土) 10:00〜12:00
[4] 1月18日(土) 14:00〜16:00

Images

    Space Syntaxの空間指標による、金沢21世紀美術館のレイアウト分析図

    金沢21世紀美術館のレイアウト分析/動線調査イメージ