8 25

開館

LEARNINGラーニング

「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」トークイベントvol.4

「自主ゼミナール:地域から見た学校」

インフォメーション

期間:
2010年9月16日(木)
18:00 〜 20:00(質疑応答も含む)
会場:
金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:
入場無料
定員:
80名(事前申し込み不要)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

小学校の周りに暮らすみなさんと自分たちの街を見直す座談会をします。今回はみかんぐみと一緒に学校について考えてくれた、新竪町小学校の校下に暮らすみなさんから、町の歴史や小学校との関わりについてご紹介いただきます。


*みかんぐみの参加はありません。

出演者プロフィール

若林 茂樹(わかばやし しげき)

1939年生まれ。新竪町小学校卒業生。現在、新竪町商店街にて有限会社わかばやしを経営。また、金沢保護区保護司会会長、日本BBS連盟OB会会長、石川県子ども政策審議会委員 青少年健全育成部会、石川県薬物乱用防止指導員協議会委員、金沢市子ども見守ネットワーク委員、金沢市少年補導運営協議会委員に従事する。

林 新彌(はやし しんや)

1940年新竪町1丁目(現、幸町)で生まれる。1947年新竪町小学校入学。1953年同小学校卒業後、中学、高校時代を同地で過ごす。高校卒業後に金沢を離れ、1967年金沢に帰り、同年(株)金沢計算センター入社。1973年金沢大学へ転職。定年退職後、2006年社会福祉法人 新竪町善隣館に就職し、以降新竪地区の各種福祉事業運営にスタッフの一員として従事し現在に至る。

宮口 優(みやぐち まさる)

1941年生まれ。1947年に新竪町小学校入学と同時に町会子ども会に入会。以降、今日まで関係をもつ。現在、石川県青少年育成推進指導員連絡会会長、石川県社会教育委員、石川県子ども政策審議委員、社会福祉法人 新竪町善隣館 理事長等に従事する。モットーは、「明るくていじくらしいオッサン」。