9 17

休館

LEARNINGラーニング

コレクション展 - 目には見えない確かなこと Invisible Reality

アーティスト・トーク 椿昇

椿昇《エステティック・ポリューション》
1990年
発泡ウレタン、粘土、木(ヤナギ)、塗料、他
金沢21世紀美術館蔵
© TSUBAKI Noboru
photo: OGUMA Sakae
courtesy: Spiral/Wacoal Art Center

インフォメーション

期間:
2010年9月11日(土)
14:00〜15:00
会場:
金沢21世紀美術館
展示室13
料金:
無料(ただし、当日のコレクション展観覧券が必要です)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEl 076-220-2801

概要

世の中を批評的な目で見ることは、美術にとってもっとも重要な機能であるという作家・椿昇。特に現代美術においては批評性を失ってしまえば、その存在意義すらないのではないかと主張しています。自作《エステティック・ポリューション》を前に、作品に含まれるメッセージや、アーティストとしてどのように社会と関わっているかなどについて話します。

プロフィール

椿 昇 TSUBAKI Noboru

1953年京都市(日本)生まれ、兵庫県西宮市(日本)在住。
長年高校での教師を続けながらアーティストとして活動していた経歴を持つ。大阪、神戸、名古屋の画廊で個展を重ねる。1989年にアメリカを巡回した「アゲインスト・ネイチャー展」にオーガニックで黄色い悪魔的な作品を出品して話題をさらった。以後、海外展での経歴を重ね、2001年の横浜トリエンナーレではインターコンチネンタルホテルの壁面にバッタをかたどったバルーン作品を設置して話題を呼んだ。

Images

    椿昇《エステティック・ポリューション》
    1990年
    発泡ウレタン、粘土、木(ヤナギ)、塗料、他
    金沢21世紀美術館蔵
    © TSUBAKI Noboru
    photo: OGUMA Sakae
    courtesy: Spiral/Wacoal Art Center