11 14

開館

EVENTイベント

TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2008受賞者公演

金魚(鈴木ユキオ)「言葉の縁(へり)」

2009年6月27日(土) -
2009年6月28日(日)

インフォメーション

期間:
2009年6月27日(土)〜2009年6月28日(日)
<全2回公演>※右記公演スケジュールをご覧下さい
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
<全席自由>
前売=2,500円
当日=3,000円
【友の会会員特典】
※美術館での購入に限り1割引、学生会員は500円引きになります。
(会員証とともに学生証提示)
※優先入場特典があります。
開場10分前にお集まり下さい。
(入場時に会員証提示)
チケット取扱:
・金沢21世紀美術館ミュージアムショップTEL 076-236-6072

・チケットぴあ(Pコード:394-673)
http://t.pia.jp/(電子チケットぴあ)
TEL 0570-02-9111 (オペレーター対応)
TEL 0570-02-9999(自動音声)
・ローソンチケット(Lコード:51653)
託児サービス:
※3歳児以下の入場はご遠慮願います。
託児サービスをご利用下さい。
有料・要申込(お問合せ TEL 076-220-2815)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811

概要

昨年、TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2008「次代を担う振付家賞」(グランプリ)を受賞した、今最も注目を集める新進振付家・鈴木ユキオによる受賞者公演。副賞の「金沢21世紀美術館レジデンシープログラム」として、自身のグループ《金魚》とともに金沢に滞在してクリエイションをおこない、金沢21世紀美術館で発表したのち、シアタートラムでの公演を行います。

レジデンシー期間:2009年6月15日(月)〜28日(日)
※ 現在、金沢滞在中!レジデンスの様子はこちら↓
http://www.kanazawa21.jp/blog/event/2009/06/

作品について

演出・振付:鈴木ユキオ
出演:金魚
(安次嶺菜緒・加藤若菜・川合啓史・久住亜里沙・林七重・藤田拓也・やのえつよ・湯浅燈・鈴木ユキオ)

照  明:
藤田雅彦(株式会社 金沢舞台)
森規幸(balance,inc.DESIGN)
音  響:
多田貴裕(株式会社 オトムラ)
牛川紀政
舞台監督:
合田義弘(株式会社 金沢舞台)

公演スケジュール

<全2回公演>
2009年6月27日(土)開場17:30 開演 18:00
2009年6月28日(日)開場14:30 開演 15:00

東京公演はこちら

プロフィール

鈴木ユキオ

'97年アスベスト館にて舞踏を始め、室伏鴻などの作品に参加。2000年より「金魚」として活動を開始。切実な身体を並べた、ドキュメンタリー的演出・振付方法が注目を集める。近年は東京シティバレエ団ダンサーへの振付や「アジアダンス会議」参加など、振付家としての活動も幅広く展開。また、舞踏のメソッドを基礎にワークショップも実施。身体を丁寧に意識し、自分だけのダンスを作り出すプログラムを各地で開催している。
'03年STスポットよりラボアワード受賞。'04年セゾン文化財団ネクストネクスト公演ファイナル参加。'05年度セッションハウスレジデンスアーティスト。'07年京都芸術センター舞台芸術賞2007ノミネート。トヨタコレオグラフィーアワードでは、'05年にオーディエンス賞、'08年に次代を担う振付家賞(グランプリ)を受賞。

URL
http://www.suzu3.com/

Images

    「沈黙とはかりあえるほどに」
    Photo: Shinji Kubo

    「沈黙とはかりあえるほどに」
    Photo: Shinji Kubo

    「沈黙とはかりあえるほどに」
    Photo: Shinji Kubo

主催/ほか

主催:
金魚(鈴木ユキオ)
金沢21世紀美術館[(財)金沢芸術創造財団]
TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 実行委員会
トヨタ自動車株式会社
提携:
金沢湯涌創作の森、世田谷パブリックシアター
協力:
石川県トヨタ販売会社グループ
NPO法人 Japan Contemporary Dance Network (JCDN)
制作協力:
株式会社 オトムラ、株式会社 金沢舞台
助成:
財団法人 セゾン文化財団
後援:
北國新聞社