9 17

休館

EVENTイベント

中学生まるびぃアートスクール「考え方を考える」

展覧会「魔法のこすちゅーむ」

2019年1月4日(金) -
2019年1月14日(月)

インフォメーション

期間:
2019年1月4日(金)〜2019年1月14日(月)
10:00〜18:00 ※1月7日(月)は休場。最終日は16:00まで。
会場:
金沢21世紀美術館 キッズスタジオ
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館
TEL 076-220-2800

概要

本展覧会は、2018年9月から11月にかけて、金沢市内3校の中学校美術部員31名が、現代美術家の椿昇さんや、デザイナーのシロくま先生と一緒に行った「考え方を考える」ワークショップで制作した作品を紹介します。
ワークショップのテーマは「魔法のこすちゅーむ」。自分の分身である「アバター」を考えて、持っている武器を作ってみたり、仲間を表すシンボルを考えて、みんなで腕に模様を描いたり、「なぜ人はボーダー柄の服を着るのか!?」突撃インタビューをして考察してみたり。「こすちゅーむ」を起点に、中学生、アーティスト、先生たちが様々なことを考えて創造した世界をどうぞご覧ください。

<制作>
椿昇(現代美術家)
シロくま先生(デザイナー)
金沢市立高岡中学校 美術部
金沢市立浅野川中学校 美術部
金沢市立森本中学校 美術部

中学生まるびぃアートスクールとは?

金沢市内の中学校を対象に、アーティスト・学校・金沢21世紀美術館が協力して美術鑑賞・制作のワークショップを行うプログラムです。参加する中学生が、ワークショップを通じて、いろいろな感じ方、見方、考え方、表現の仕方があることを理解する力や他の人を思いやる想像力、そして生きる力につながる創造力を養うことを目的としています。

プロフィール

椿 昇(つばき のぼる)

現代美術作家、京都造形芸術大学教授・美術工芸学科長
瀬戸内芸術祭の醤+坂手地区ディレクターを始め、数多くのワークショップ設計を手がける。

シロくま先生(しろくませんせい)

アートディレクター、京都造形芸術大学准教授
京都造形芸術大学のワークショップ授業を牽引するトップファシリテーター。

Images

    「魔法のこすちゅーむ」ワークショップ風景

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
共催:
金沢市中学校文化連盟
後援:
金沢市教育委員会
協力:
SKURO