西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。

2016年4月29日(金) -
2016年8月28日(日)

インフォメーション

期間:
2016年4月29日(金) 〜2016年8月28日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
休場日:
月曜日(ただし5/2、7/18、8/15は開場)、7/19
料金:
一般=1,000円(800円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=800円
※本展観覧券で同時開催中の「コレクション展2」(〜5/8)「コレクション展1」(5/21〜)にもご入場いただけます。
※( )内は団体料金(20名以上)及び前売りチケット料金
チケット取扱:
チケットぴあ
TEL: 0570-02-9999
Pコード:767-455
ローソンチケット
TEL: 0570-000-777
Lコード:53040
※3月28日より8月28日まで販売
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

2007年に小沢剛(1965年生まれ、埼玉県在住)、チェン・シャオション(1962年生まれ、北京在住)、ギムホンソック(1964年生まれ、ソウル在住)の3人のアーティストが、西京から来た人を意味する「西京人」という名でコラボレーションチームを結成。北京でも東京でもソウルでもないアジアのどこかの国、「芸術を愛する人々が住む国」について物語るというプロジェクトをスタートさせました。西京は、現実からかけ離れた創造上の出来事というだけでなく、我々が生きる現代という時代を照射した語として読むことが出来ます。今回はこれまでの作品の中から、《第3章:ようこそ西京に—西京オリンピック / 西京冬季オリンピック》 《第4章:アイラブ西京—西京国大統領の日常》 《第4 章:アイラブ西京—西京国の学校》と、最新作となる《第5章:西京は西京ではない》などを発表します。また、同世代で同時代を生きる3人が、独立したひとりのアーティストとして発表してきた近作の中から、歴史への対峙や哲学的考察を含むインスタレーション、映像、絵画、パフォーマンスなどの作品も紹介します。

関連プログラム

ワークショップ 「ふくろの国へようこそ」

日時:7月23日(土) 午前の部 10:00〜12:00 午後の部 14:00〜16:00
会場:キッズスタジオ
講師:小沢剛
対象:主に小学生
   ※お子さんのご家族もご希望により参加可能です。
   ※未就学児はワークショップに参加できる保護者の同伴が必要です。
参加費:無料
定員:各回先着20名(定員に達し次第締め切り)
申込:お電話よりお申込みください。076-220-2801(学芸課)
申込受付開始:7月5日(火)~
受付時間:火曜日から日曜日の 10:00〜18:00

レクチャー&ディスカッション ホウ・ハンルウ×ギムホンソック× 小沢剛

日時:2016年7月2日(土) 13:00〜15:00(開場 12:45)
会場:レクチャーホール
定員:先着90名
参加費:無料
※逐次通訳付(英—日)
※当日10時からレクチャーホール入口にて整理券を配布します。
※レクチャーの途中は緊急の場合を除いて出入りはできません。

絵本を読もう

日時:2016年6月19日(日) 11:00〜(約40分)
集合場所:授乳室前(キッズスタジオ横)
対象:子どもからおとなまで(小さなお子さんは保護者の方とご参加ください)
料金:無料

アーティスト・トーク

◯セッション 1 ギムホンソック
 日時:2016年4月29日(金) 13:00〜14:30
 ※逐次通訳付(ハングル-日本語)
◯セッション2 小沢剛
 日時:2016年4月29日(金) 15:00〜16:30
 ※日本語のみ

会場:レクチャーホール
定員:先着90名
参加費:無料
※当日10時からレクチャーホール入口にて各回の整理券を配布します。

展示構成

《第3章:ようこそ西京に—西京入国管理局》
2012

展覧会会場入口《第3章:ようこそ西京に—西京入国管理局》2012

西京国に入国するには、もちろん入国審査を通過しなければなりません。西京人が、大使館での入国申請、入国に必要な持ち物、入国許可の方針などを伝えています。国の内と外を考えるとき、見えない国境についてと国境を超えることの意味について考えざるをえません。

《第4章:アイラブ西京—西京国大統領の日常》
2009

展示室7《第4章:アイラブ西京—西京国大統領の日常》2009

西京人が14日間にわたり、それぞれ大統領として国政を担った様子を描いた作品です。彼らが西京国を豊かに楽しくしようと、教育、都市計画、経済、領土、食料などについて、ユニークな方法で課題の可視化と解決に向けて取り組んでいる様子を紹介します。

ギムホンソック
《パブリック・ブランク (金沢バージョン)》
2006 / 2016

展示室8 ギムホンソックの部屋

ギムホンソックはひとつの事をふたつの異なる地点から観察して、位置の違いによって対象がどのように見えるか、またその差を考察する作品を紹介します。また、文化における都合の良い翻訳のあり方に関心を寄せています。《Public Blanc》(2006-2008)は、パブリック・アート(公共空間に置かれる芸術作品)についての新しい提案をテキストとドローイングで表した作品です。モニュメンタルでプロパガンダの意図が含まれるもの、という公共芸術作品についての先入観と、現実を対比して、公共の名の下に軽視される「個人」や「倫理」について言及しています。

チェン・シャオション
《インク・メディア》
2012

展示室9-10 チェン・シャオションの部屋

チェンは1909年から2009年の間に起きた、歴史的な出来事を伝える写真をインターネット上から選び、150枚以上のインク画を描きました。近代化に関わる自国の歴史を約3分のモーションピクチャーにまとめた作品《Ink History》と世界中の権力や暴力に立ち向かう人々の抵抗の様子を伝える《Ink Media》を紹介します。

《第3章:ようこそ西京に—西京オリンピック》
2008

展示室11《第3章:ようこそ西京に—西京オリンピック》 2008 / 《第3章:ようこそ西京に—西京冬季オリンピック》 2014

西京国は独立国家としてオリンピックに参加しようと決め、2008年に開催された北京オリンピックの開催中に、北京市内の他の地で独自のオリンピック競技会を開催しました。飛び込み、サッカー、卓球、射的、ウエイトリフティングなど、多くの最高記録が出てメダルの授与が行われました。そもそものスポーツの語源にみる、楽しく友好的な競技会がもたらすものは何か、考える機会になることでしょう。その後、アイスホッケー、リュージュやカーリングといったウィンター・スポーツを元に、2014年に東京で西京国冬季オリンピックを開催しました。

《第4章:アイラブ西京—西京国の学校》
2013

展示室12《第4章:アイラブ西京—西京国の学校》2013

西京国の教育について考えると、現実社会における教育システム、方針とは真逆のようにみえます。西京国では、国語、数学、哲学、音楽、歴史、体育、科学の教科を、教師と生徒の間のヒエラルキーを排し、共に学び共に教え合うという方法を採用しています。

小沢剛
《帰って来たペインターF》
2015

展示室14 小沢剛の部屋

近作《帰って来たペインターF》もまた、架空の物語です。インドネシアに従軍し戦争を描いた日本人画家「ペインターF 」を主人公に、戦前から戦後にかけての画家の人生を油彩画と映像で表しています。実在の従軍画家についての記録、滞在したとされるインドネシアの音楽家や画家との対話も重ねて、支配と被支配の両面から戦争の時代を生きたひとりの画家を通して、歴史の襞に隠れる芸術家の存在について想像させる作品です。

西京人 プロフィール

《第3章:ようこそ西京に—西京オリンピック》
2008

チェン・シャオション(中国)、ギムホンソック(韓国)、小沢剛(日本)の3人のアーティストによって2007年に結成されたアーティスト・ユニットであり、プロジェクトベースで作品を制作する。5つのプロジェクトを通じ、西京というアジアのどこかにある都市を設定し、架空の物語を伝えている。

チェン・シャオション(陳劭雄)
1962年汕頭(中国)生まれ、北京(中国)在住|個展「Strategies for Activists」(スペンサー美術館、カンザス、2012年)、「Air-Dry History」(ペキン・ファイン・アーツ、香港、2013年)、「チェン・シャオション:インク・ヒストリー、インク・メディア」(シアトル美術館、2014年)。近年参加したグループ展「INK ART: Past as Present in Contemporary China」(メトロポリタン美術館、ニューヨーク、2014年)、「Sights and Sounds: Global Film and Video」(ジューイッシュ美術館、ニューヨーク、2014年)、「Making Histories」(カンザスシティ・アート・インスティテュート、2015年)、「The Civil Power」(民生現代美術館、北京、2015年)など。

ギムホンソック
1964年ソウル(韓国)生まれ、在住|個展「REDCAT」(ロサンゼルス、2004年)、アート・ソンジェ・センター(ソウル、2011年)、プラトー・サムソン美術館(ソウル、2013年)。グループ展「第50回、第51回ヴェネチア・ビエンナーレ」、「第10回イスタンブール・ビエンナーレ」、「第4回、第6回、第9回広州ビエンナーレ」、「Brave New Worlds」(ウォーカー・アート・センター、2007年)、「Laughing in Foreign Languages」(ヘイワード・ギャラリー、2008年)、「Your Bright Future」(ロサンゼルス州立美術館、2009年)など。

小沢剛
1965年東京生まれ、埼玉在住|個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館、東京、2004年)、「透明ランナーは走りつづける」(広島市現代美術館、2009年)、「帰って来たペインターF」(資生堂ギャラリー、東京、2015年)。グループ展「第50回ヴェネチア・ビエンナーレ」、「第5回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」(クイーンズランド・アート・ギャラリー、2006年)、「プロスペクト2」(現代美術センター、ニューオリンズ、2011年)など。

関連書籍

西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。

発行:金沢21世紀美術館
判型:140x218mm
頁数:285頁
言語:和/英併記
価格:3,000円(税別)

金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ(TEL 076-236-6072)にて取扱っております。

Images

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
助成:
公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団