金沢21世紀美術館

MENU
5 30

休館

PROJECTプロジェクト

金沢21世紀美術館「自治区ユース」

ROTH BART BARONコンサートと作曲ワークショップ『場所たち』※延期となりました

コンサート 4月18日(土) ワークショップ 4月19日(日)

インフォメーション

期間:
コンサート 4月18日(土) ワークショップ 4月19日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801
MAIL info[a]kanazawa21.jp
※[a]を@に変えてお送りください。

概要

延期のお知らせ
新型コロナウィルス感染症の感染拡大を考慮し、ROTH BART BARONコンサートと作曲ワークショップ『場所たち』を延期とさせていただきます。何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。なお開催時期は未定です。
概要

「自治区」は2017年度より開始した長期プログラムで、音楽、美術、文学、身体表現など芸術全般、科学、歴史、社会学など、多様な領域を横断するパブリック・プログラムや実験的なアクティビティを展開しています。
「自治区ユース」は、主に高校生の参加による自主、自由、自立、自律、自治をコンセプトにしたプロジェクトの総称です。
今回はROTH BART BARONを迎え、コンサートと作曲ワークショップを開催します。

コンサート

日時:2020 年4月18日(土) 18:00~20:00(開場17:30)
場所:金沢21世紀美術館 シアター21
対象:高校生以上
料金:一般3,500 円(3,300 円)、大学生2,000 円(1,800 円)、高校生1,000 円(800 円)
※( )内は、前売り料金。学生は入場時証明書提示。
チケット取扱い:ArtSticker(クレジットカード)、Peatix(コンビニ払い、クレジットカード、ATM、PayPal)


コンサートの前売りチケットをご購入されたお客様のチケット代金につきましては、払い戻し対応をさせていただきます。払い戻し方法の詳細は、後日webサイトでもお知らせいたします。



出演:
ROTH BART BARON

三船 雅也 (vo/gt)

中原 鉄也 (dr)


with Musicians

西池 達也 (key/ba)
岡田 拓郎 (gt)
竹内 悠馬 (tp/key/perc)
須賀 裕之 (tb/key/perc)
大田垣 正信 (tb/key/perc)

ワークショップ

ROTH BART BARONに楽曲が生み出される過程を教わりながら、パソコン、生楽器、シンセサイザーなどを使って、一緒に曲を作ります。
日時:2020年4月19日(日)10:00〜16:00
場所:金沢21世紀美術館 シアター21
対象:高校生
料金:無料
定員:15名

コンサートと作曲ワークショップについて

音楽はおそらく人間が最初に発明した言葉よりも先に使われたコミュニケーション手段です。音楽の何が凄いかって言うとこの肉体を持ってる人であれば誰だって音を出すことができるということです。今ではポップスと呼ばれて世間一般に聞かれる音楽たちはとても自然なものと言うよりはビジネスなものが優先されてしまう世界ですが、本来音を出すと言う事は誰にでもできるみんなが持ってる最初の才能、特殊能力の1つなのです。
何をやっていいかわからない人、全然音楽を知らない人から、これから音楽を始めてみたい人、あるいは専門的に音楽を仕事にしていきたい人。バンドという形態でワークショップを通してどのように楽曲が作られているのか、実際に音を出して音楽を作ってみて1つの作品を生み出す、クリエイティブな時間を作ろうと思います。遠くの山で鳴き声を上げる狼たちのようにゆっくりと確かめるように声を合わせてゆく、そんな1日にしようと思います。(ROTH BART BARON 三船 雅也)

ROTH BART BARON(ロットバルトバロン)

Photo: Seiji Shibuya

三船雅也(vo/g)、中原鉄也(dr)による東京を拠点に活動している2人組フォークロックバンド。
2014年1stアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』を真冬のフィラデルフィアにて制作。2015年には2nd アルバム『ATOM』をカナダ・モントリオールのスタジオで現地ミュージシャンとセッションを重ねレコーディングし、Felicityレーベルよりリリース。活動は日本国内のみならずアメリカ、アジア等にも及ぶ一方、サマーソニック、フジロックなど大型フェスにも出演。独創的な内容とフォークロックをルーツにした音楽性で世代を超え、多くのファンを魅了している。
2019年11月20日に4thアルバム『けものたちの名前』をリリース。ツアーは台湾公演も含め17都市18公演予定。
金沢でも2014年以降、度々ライブを開催している。
www.rothbartbaron.com/

自治区ユース

「自治区」は、2017年度より、金沢21世紀美術館が開始したプロジェクト。現代美術に限らず科学や音楽など他の領域を横断しつつ、年間を通してライブ、映像上映、トークシリーズ、滞在制作など多様なプログラムを継続的に実施している。「自治」をキーワードに、外部コミュニティとの連携・協働を通じて、展示室での展覧会とは違った実験的なアクティビティとして拡張。これまでに、八谷和彦、アルフレッド・ジャー、小金沢健人、曽我大穂、岡田利規、ウィテット・ヘーマムーン、チウ・ジージエ、岩崎貴宏、ホンマタカシ、平田オリザなど多彩なゲストを迎えている。
2018年より、金沢港近くの「金石スタジオ」にて「自治区 金石大野アートプロジェクト」を実施。アーティスト・イン・レジデンスとして、アーティストの田口行弘、ムン・キョンウォン&チョン・ジュンホが滞在制作を行ったほか、さまざまなパブリック・プログラムを展開している。
「自治区ユース」は、主に高校生・大学生を対象にして、過去に学び、現在から未来に向けた眼差しで、さまざまな取り組みに挑む人々と共同で作り上げるログラムを開催している。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
企画・制作協力:
エピファニーワークス