コレクション展 アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5

2018年11月3日(土) - 2019年3月3日(日)

アジアからあふれ出る様々な表現は、土地の歴史や文化と密接に結び付きながら、伝統と急速なグローバル化の間での模索や試行が続いています。ポスト工業化や技術革新の波にもまれながら、「人間はどこに向かって行くのか」という普遍的な問いを投げ掛ける作品を中心にご紹介します。 アジア地域に拠点を置きながら変容する現代社会を見続 け、世界を照射する作品をセレクトして「アジアの風景」と 題して展観します。

小特集展示は、粟津潔の調査展示シリーズ「マクリヒロゲル」の第5回(最終回)として、版下原画を中心に展示しま す。「デザインとは何か」を問い続け、「複製」にこだわり続けた粟津の思考に迫ります。

ス・ドホ 《家の中の家ー1/11スケールー原型》 2009
© Do Ho Suh
Courtesy of the Artist, and Lehmann Maupin Gallery, New York and Hong Kong
Photo: Taegsu Jeon

アペルト09

西村有

2018年10月6日(土) - 2019年3月24日(日)

西村有(1982-)はふと目にした風景や行為、「生活の中の充足した時間」の断片を1枚の絵画の中に複雑に重ね合わせることで一つの風景を構築します。ぼんやりとした画面は、現 実から遠く離れた場所であるかのような情景を想像させ、 鑑賞者を絵画の中に引き込みます。

《scenery passing (reflected in the window)》 2017
© Yu Nishimura
Courtesy of KAYOKOYUKI

東アジア文化都市2018金沢

変容する家

2018年9月15日(土) - 2018年11月4日(日)

日本、中国、韓国の現代美術作家が「家」をテーマに作品を発表
我々の生きる現代では「家」は一つの社会システムとして構造化されています。建築的・物理的な 「家」は一般化しやすいのですが、表面化しない感情 、慣習や文化全般に融解している「家 」は 、多角的に考察されなければ、その意味を捉えることは困難です。とりわけ、グローバル化によって移動が常態化した今日において、人々の「家」はどこにでも、いくつもあるのか、 あるいはどこにもないのか。この問いを起点に、金沢の街なかに存在する使われていない日常空間を探し出し、日本、中国、 韓国の現代美術作家が「家」をテーマに作品を発表します。

Han Seok Hyun 《Super-Natural》 2011/2016
Courtesy of the artist

東アジア文化都市2018金沢

チウ・ジージエ 世界の写像

2018年9月8日(土) - 2019年3月3日(日)

地図が写し出す私たちの存在のありか
中国における同世代の多くの作家が体制の批判や前衛的であることを目指していたことに比べ、チウは、人間が生きていくうえで普遍的と考えられる根源的な価値について問い直すような、 ダイナミックな視点を持った作品に大きな特徴があります。本展では、世界の有り様を俯瞰し、物事の関係を記述する「地図」の形式を借りて、「我々は何者か」を捉えようとしているチウの創造に迫ります。開館以来初めての中国人作家の個展となります。

《暗がりの伝道者》 2008
©QIU Zhijie

lab.3

DeathLAB:死を民主化せよ

2018年7月7日(土) - 2019年1月14日(月)

2013年にコロンビア大学に設立された「DeathLAB」は、「持続可能な死と追悼のための空間」を探究する「死の研究所」です。地球環境工学、宗教学、生物学といった諸分野を横断して、「死」を都市の中心部に象徴的に呼び戻す最新のプロジェクトを紹介します。

Constellation Park 2014
©LATENT Productions and Columbia GSAPP DeathLAB