コレクション展3 「見る」ことの冒険

2018年1月27日(土) - 2018年6月24日(日)

「見る」という行為は主にさまざまな情報を得るために行われます。色、形、動きを捉え、ニュースやストーリーを読み取る。得られた情報は、瞬時に脳へ送られて次の行動の判断へと使われていきます。本展は、「見る」という行為にフォーカスし、観覧者の想像力をかきたてる抽象的な作品を通して、「見る」ことの奥深さについて探求します。

イザ・ゲンツケン
左から:《 ダニエル》2000、《 ローレンス》 2000、《 無題》 1999、《 ビル》 2000、
《カローラ》 2000、《 クリストファー》 1998、《 レームブルック》 2000
© Isa GENZKEN
撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ

ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) - 2018年3月11日(日)

ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーのアジアで初めてとなる大規模個展を開催します。
高度な音響・映像技術と独創的な造形が駆使された彼らの作品は、「聞く」「見る」といった複合的な知覚経験を伴い、鑑賞者はまるで魔法にかけられるかのように、彼らが創りあげた独特の作品世界へと引き込まれます。彼らの作品の前に立つと、見えないものが見え、聞こえない音が聞こえ、私たちは異界へと通じる扉を開くように一瞬で現実を飛び越えて、知覚や価値観を揺さぶられながら彼らの物語に没入してしまうのです。
これまで日本国内では、メゾンエルメスで展示された「40声のモテット」のほか、ヨコハマトリエンナーレや越後妻有アートトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭といった芸術祭にも参加し、作品を発表しています。本展では、《The Carnie》(2010)、《The Marionette Maker》(2014)、《Conversation with Antonello》(2015)などの近作の大型作品をはじめ、新作を含むいずれも日本初公開作品となる8点のインスタレーションで構成されます。金沢21世紀美術館の一つひとつが独立した展示空間に合わせて、いくつもの物語が共鳴するように展開します。現代美術シーンで高い評価を受け続けている彼らの作品世界を余すこと無く体験する絶好の機会となることでしょう。

《The Marionette Maker》(部分)2014
Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo

ローカル・テキスタイル1

TO & FRO うすく、かるく

2017年11月18日(土) - 2018年4月8日(日)

伝統的に繊維産業が盛んな石川県のナイロン生産量は全国の40%を占めています。海外の安価な製品に押され、国内の繊維産業が高機能化を求められる中、石川県の繊維会社カジグループは、細い糸で軽くて薄い生地を実現し、アウトドアブランドに提供しています。本展は、その生地を生かしたトラベル・グッズ「TO&FRO」を紹介します。

提供:カジレーネ株式会社

泉太郎 突然の子供

2017年10月7日(土) - 2018年3月25日(日)

泉太郎(1976-)は、日常の事物や限られた条件を利用し、私たちが当然のように受け入れている常識をこねくり回し、日常に潜む不条理な体験を作品化するアーティストです。