ボランティア講座「新しい自分と仲間をみつける10のレッスン」

吉村寿博 建築のウンチク! 金沢21世紀美術館ができるまで

2018年10月27日(土)

金沢21世紀美術館(デザイン: SANAA)の建設にプロジェクトリーダー として関わった吉村寿博さん(吉村寿博建築設計事務所代表)と一緒に 館内を巡りながら、美術館の理念が設計や構造にどう表されているのかを発見します。

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

イフブランク ペーパーワークショップ「OUCHI(おうち) ー 緑に増える広がるみんなのまち」

2018年10月21日(日)

10月21日(日)に「イフブランク ペーパーワークショップ OUCHI(おうち)」が開催となります。
会場は、増泉一丁目緑地(金沢市増泉1丁目1-1)「変容する家」展 (16)ハン・ソクヒョン作品の会場で行います。
OUCHIづくりは、紙のおうちキットに色をぬったり、シールをはったりして未来のおうちをつくるワークショップです。
できたおうちは緑地のいろいろなところに建ててみんなで広場を大きなまちにしよう!

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

ブーフーウーの藁の家で子供茶会

2018年10月20日(土) - 2018年10月21日(日)

茶室 ブーフーウーの藁の家でお茶を一服頂きながら、木火土金水の世界を感じてみませんか。

オープンまるびぃスペシャル まるびぃとともに

絵本を読もう

2018年10月20日(土)

読み手:木貞友里(ライブラリアン)

起点としての80年代

レクチャー「起点としての80年代をめぐって」

2018年10月14日(日)

「起点としての80年代」展には、関西で活躍した作家も多く出品していますが、京都市立芸術大学を中心とした80年代の美術についてのリサーチを行ってきた@KCUA学芸員の藤田瑞穂さんに、これまでの活動から見えてきたことについてお話いただきます。また、1980年より学芸員として多くの展覧会に足を運んできた島敦彦館長が、1989年にベルギーで開催された日本文化の祭典「ユーロパリア89」の現代美術展を実見した体験を語ります。お二人の話を通じて、当時と今の視点から、80年代の日本美術とそれを取り巻く環境について再考してみたいと思います。

講師:島敦彦(金沢21世紀美術館 館長)
   藤田瑞穂(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA学芸員)

※都合により、プログラムの内容を変更する場合がございます。

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

一桌多椅 More than one table

2018年10月7日(日)

中国人アーティストグループ:シャオ・クゥ×ツゥハンが、金沢21世紀美術館の舞台に、様々な人々を招き入れるための長いテーブルをセットし、そのテーブルを中心にパフォーマンスを繰り広げます。中国のとある地方の伝統文化から着想を得たこの長いテーブルで、様々なバックグラウンドを持った参加者や、両国の文化を繋ぐ日本人と中国人のアーティストたちは「食」を共にしながら、コミュニケーションを繰り広げ、「家」を理解するための文化交流のプラットフォームを築きます。パフォーマンスはブランチからディナーまで続き、金沢市民や、金沢を訪れる観光客、アーティスト、様々な人々に開かれます。

※パフォーマンスは、日本語・英語・中国語で行われます。

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

毎週土・日・祝 ※10/13、14をのぞく

10月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

金沢ナイトミュージアム オーギカナエ「スマイル茶夜会」

2018年10月6日(土)

移動するたびにスマイルを置いてみんなを笑顔にする茶会です。日中韓のお茶で一服しながら一度限りの出会いを楽しみませんか。

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

金沢ナイトミュージアム ナイト・クルージング・ヒロサカ

2018年10月6日(土)

広坂界隈と金沢21世紀美術館を遊歩し、夜の街と作品を体感するツアー。一夜限りの「スクオッターズ・バー」にも立ち寄ります。

「起点としての80年代」展とともに

絵本を読もう

2018年10月6日(土)

絵本を読んだ後、本展の作品を鑑賞します。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)
作品案内:横山由季子(キュレーター)

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

荒間毛糸店ワークショップ

2018年10月5日(金)、6日(土)、7日(日)、12日(金)、13日(土)、14日(日)

街なか展覧会「変容する家」でアーティスト呉夏枝さんが展示する会場は「荒間毛糸店横の家」と「荒間毛糸店化粧品部」。作品制作や会場でもご協力いただいている荒間毛糸店さんで、展覧会に合わせてワークショップを開催していただけることになりました。どなたでも、気軽に立ち寄って参加できるワークショップです。たくさんある毛糸の中から好きなものを選んでください。初めての方も久しぶりの方にもアドバイスします。お子様の参加も大歓迎です!編み物、一緒に楽しみましょう。

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

落雁 諸江屋 蓬莱庵特別公開

2018年9月30日(日) 、10月27日(土)

落雁 諸江屋6代目こだわりの茶室蓬莱庵を特別に公開します。

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

食事と朗読の公演「明日の食卓」

9月23日(日)、24日(月) 、10月8日(月)、26日(金)、27日(土)

石引に住む人々から聞いた話を手がかりとした食事と朗読の公演。4名の参加者は一つのテーブルを囲み、その時だけの「食卓」を体験する(予約制・全10回公演)。公演日以外は、公演会場のインスタレーションとドキュメントが展示される。変化し続ける社会の中で、食事をすることは、世界とつながりを持つ事に他ならない。人々は、日々食卓に向かう。ありふれて、なにげない、ほんの一瞬の風景だ。特別なものは何もない。けれども、同じものはひとつもない。

※公演開催日は展示をご覧いただけません。予めご了承ください。

東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

「変容する家」 まいどさんツアー

9月22日(土)、10月6日(土)

金沢観光ボランティアガイド「まいどさん」と一緒に、寺町・野町・泉エリアをツアーします。ツアーは3コースご用意しています。お好きなコースを選んで、展覧会の鑑賞と合わせて、金沢の街をゆっくり散策しましょう。

9.22(土):AコースまたはBコース
10.6(土):BコースまたはCコース
11.3(土):A コースまたはCコース

Aコース:にし茶屋界隈
Bコース:泉界隈
Cコース:寺町界隈

東アジア文化都市2018金沢 「変容する家」

かえっこ "東アジア" バザール in 石引商店街

9月15日〜11月4日の毎週土曜日

遊ばなくなったおもちゃをもってみんなあつまれ!中国や韓国のおもちゃもあるかも!
「かえっこバザール」は、アーティストの藤浩志さんが考案した、遊ばなくなったおもちゃをもちよって取りかえっこできる、お金を使わない買い物遊びのワークショップです。東アジア文化都市2018金沢のコア事業としてまちなか展覧会「変容する家」が石引エリアで開催されるのにあわせて「かえっこバザール」が石引商店街で開催されます。スタッフとしてお客様としてふるってご参加ください。