キッズスタジオ・プログラムとともに

絵本を読もう

2014年12月23日(火)

絵本の読み聞かせのあと、みんなで未来の「まるびぃタウン」を作ります。じぶんの夢の家やまちを作りましょう。

『リコちゃんのおうち』
作・絵 さかいこまこ
偕成社
1998

読み手:大西洋子(ライブラリー担当)
造形プログラム:木村健(エデュケーター)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2014年12月(毎週土日祝)

12月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

「素材と遊ぶ」シリーズ2014
中学生〜高校生向けワークショップ

「天然木で腰掛を作ろう みんなで木のごちそうを山分け!」

2014年12月6日(土)、13日(土)、14日(日)

「丸太から腰掛が出来るまで」を体験し作品を作る3日間です。皆さんの知っているまっすぐの木材も、元々は太い樹の丸太でした。丸太がどのようにして板や柱になっていくのかを製材所や銘木店で見学し、大きな板(木からもらったごちそう)を分けあって自分だけのミニ腰掛や卓袱台を作ります。

ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築 オープニングトークイベント

Architecture for [  ]「何か」のための建築

2014年12月6日(土)

建築は「何か」のために作られています。この「何か」をあえて設定することで建築についての新たな知見をみつけることができるかもしれません。
今回の展覧会では【dogs】でしたが、ブランクの中にはsoupでもsleepingでもplantsでも何でもあてはまるはずです。
本トークイベントでは、ゲストに建築家の石上純也氏を迎え、展覧会ディレクターの原研哉氏と共に、建築や場所、石上氏の作品などを例に、『「何か」のための建築』について考えます。

アートライブラリー 開館10周年企画

チラシコレクション ぼくらのキセキ2004-2014

2014年11月26日(水) - 2015年1月25日(日)

アートライブラリーでは10年分の展覧会チラシを揃え、金沢21世紀美術館の歴史を振り返りながら、言葉だけでは伝えられない・感じ取れないそれぞれの展覧会の世界を今一度届けます。

金沢21世紀美術館の新たな歴史に向けて、本展が多くの方にとって魅力再発見の機会となることを願っています。