アペルト06

武田雄介

2017年1月21日(土) - 2017年5月7日(日)

武田雄介(1985年、広島生まれ)は金沢美術工芸大学で油絵を専攻し、2014年に同大学院博士後期課程を修了、現在も金沢を拠点に制作を続け、絵画、写真、映像、音といった様々な素材を組み合わせたインスタレーションを発表してきた。武田は昨年10月より当館のプロジェクト工房をスタジオとして日々制作を進めており、本展ではこうした当館での滞在制作活動から生み出される最新の作品群を紹介する。絵画、映像、ドローイング、塑像など多様なメディアはそれぞれ独立した作品として展示空間に配置されるが、一方でそれらは「イメージの奥行き/イメージの湿度」を通奏低音としつつ、層状に重なり合い、切断され、ずれ、変容し続け、不定のもの、あるいは未分明のものとして私たちの眼前にとどまる。こうした作品とその相関は「可視と不可視」「現実と虚構」といったイメージが包含する座標軸を浮動させ、私たちの知覚に揺さぶりをかけるだろう。

トーマス・ルフ展

2016年12月10日(土) - 2017年3月12日(日)

トーマス・ルフ(1958年ドイツ、ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、1990年代以降、現代の写真表現をリードしてきた存在です。
本展では、世界が注目する写真家の、初期から初公開の最新作までを紹介します。ルフは初期に発表した高さ約2メートルにもなる巨大なポートレート作品で注目されました。それ以降、建築、都市風景、ヌード、天体などさまざまなテーマの作品を展開、それらを通じ、現代人をとりまく世界のあり方についてのユニークなヴィジョンを提示してきました。
私たちの視覚や認識に深く組みこまれた写真というメディアそれ自体も、ルフ作品の重要なテーマのひとつです。ルフは自ら撮影したイメージだけでなく、インターネット上を流通するデジタル画像からコレクションしている古写真まで、あらゆる写真イメージを素材に用い、新たな写真表現の可能性を探究しています。
作品選択や展示構成にルフ自身が参加するなど、作家の全面的な協力を得て実現する今回の展覧会では、未発表の新作を含む作品世界の全貌を紹介します。

工芸とデザインの境目

2016年10月8日(土) - 2017年3月20日(月)

「工芸」か「デザイン」かー。
工芸とデザインはものづくりという点では同じであるが、両者は異なるジャンルとして区別される。しかしながら、それらをつぶさに観察するまでもなく、両者の間には「デザイン的工芸」また「工芸的デザイン」とも呼べる作品あるいは製品があるように思われる。
本展覧会では、「プロセスと素材」「手と機械」「かたち」「さび(経年変化)」といった観点から工芸とデザインを見つめ直すことによって、それらの曖昧模糊とした境目を浮き彫りにする。それと同時に、最先端技術の発達などによって多様化が進む両者の新たな地平を考察する。

カタチのたたずまい

2016年10月8日(土) - 2017年3月20日(月)

展覧会「工芸とデザインの境目」の開催に合わせて、技術や素材に重きをおきながら金沢およびその近郊で制作活動をおこなう若手工芸作家4名に焦点をあてた展覧会を開催いたします。「用の美」(あるいは「用と美」)を追求することから生まれ、いわゆる工芸でありながらデザイン的な傾向を示す、洗練された形態(カタチ)を特徴とする作品を展示いたします。
これからの石川の工芸を担う若き作家たちの作品をとおして、工芸における新たな可能性を探ります。

アペルト05

樫木知子 ~Daydream~

2016年9月17日(土) - 2017年1月9日(月)

京都をおもな活動の舞台とする画家、樫木知子(1982年、京都生まれ)。樫木は繊細かつ流麗な描線と透明感のある穏やかな色彩によって、白昼夢のような幻想的な世界を画面に紡ぎ出します。人物をはじめ、多様なモティーフを多層的に描き重ねる樫木独自の描法は、臨場感のある不可思議な絵画空間を現出させ、その異次元世界に観る者を誘い込みます。
本展では京都市立芸術大学大学院在籍中に制作した《タイルの部屋》(2010年)や、本展のために新たに制作した3点の作品など、全7点を展覧します。

《うでピアノ》2015(部分)

SUPERFLEX One Year Project ― THE LIQUID STATE / 液相

2016年4月29日(金) - 2017年3月12日(日)

SUPERFLEXは、コペンハーゲン(デンマーク)を拠点に活動するヤコブ・フィンガー、ラスムス・ニールセン、ビョルンスティエルネ・クリスチャンセンの3人によるアーティスト・ユニットです。現代社会における既存の制度や枠組みに言及しつつ、コミュニティに対して働きかけ、新しい公共空間の創出を提案しています。
今回は、金沢21世紀美術館の建物を微生物を培養する「シャーレ」に見立て、コミュニティとの関係を「培養」「発酵」「醸成」の3つのキーワードで読み解く、約1年間にわたるプロジェクトに取り組みます。

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 ~ 時代を読む vol.23

私のディオール物語

2017年3月25日(土)

アートやファッション、現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取り、トークを繰り広げます。

vol.19より Photo: IKEDA Hiraku

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「まるびぃみらいカフェ」オトナスタジオvol.7

オトナ〜ル

2017年2月11日(土)

身の回りの物を用いて、自由に「オト」を作ってみよう!
さぁ、どんな音楽が生まれるでしょうか?


こんなオトナに向いています!
□下手だけどみんなで音を表現したいオトナ
□音楽に苦手意識があるオトナ
□部屋にいらないモノが転がっているオトナ
□オトづくりに興味があるオトナ
□セッションしてみたいオトナ
□「リズム感ないなぁ」と思っているオトナ

「トーマス・ルフ展」とともに

絵本を読もう

2017年2月4日(土)

絵本を読んだあと、キュレーターと一緒に作品を見に行きましょう。

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品紹介:中田耕市(展覧会担当キュレーター)

トーマス・ルフ展

ゲストレクチャー「トーマス・ルフ:​アイデンティティの写真から、写真のアイデンティティへ」

2017年1月28日(土)

トーマス・ルフ展関連プログラムとして、清水穣氏によるゲスト・レクチャーを実施します。
写真論をはじめ、現代美術や電子音楽の批評と研究で知られる清水氏をお招きし、新たな写真表現の可能性を探究し続けるトーマス・ルフの仕事を中心に、写真の特性がどのように変容してきたのか、「アイデンティティ」をキーワードとして存分に語っていただきます。

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2016年1月22日(日)、28日(土)、29日(日)

1月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

工芸とデザインの境目

ワークショップ「足元から見つめる未来」

2017年1月21日(土)

「プロセスと素材」 「手と機械」 「かたち」 「さび(経年変化)」 といった観点から工芸とデザインを見つめ直す展覧会の関連企画を実施します。
ものを作り届けることや工芸とデザインの関係性について、 みんなで考えてみましょう。

※裸足で活動する時間があります。動きやすい服装でご参加ください。

「工芸とデザインの境目」とともに

絵本を読もう

2017年1月21日(土)

絵本を読んだあと、キュレーターと一緒に作品を見に行きましょう。

『だるまちゃんとてんぐちゃん』
加古里子 さく え
福音館書店
1967
ほか

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品紹介:立松由美子(展覧会担当キュレーター)

アペルト06 武田雄介

オープニングイベント

2017年1月21日(土)

本展の開幕を記念し、武田雄介が滞在制作を行ったプロジェクト工房にてオープニングパーティーを開催いたします。

「まるびぃみらいカフェ」オトナスタジオvol.6

まるびぃうたよみはじめ

2017年1月15日(日)

まるびぃ(金沢21世紀美術館の愛称)で短歌を詠む、ちょっとオトナなワクワク時間。
オリジナルおみくじをひいて短歌をつくるイベントです。
絵馬を手作りして、新年の「うたよみ」にチャレンジ!
短歌は初めてという方もお気軽にどうぞ。


こんなオトナに向いています!
□未知のワクワクが好きなオトナ
□新年に何か始めたいオトナ
□短歌デビューを飾りたいオトナ
□短歌に興味があるオトナ
□何でも手作りしたいオトナ
□言葉で遊んでみたいオトナ

2016年度中学生まるびぃアートスクール

こたつ座談会『生命』はサンドウィッチ!? 〜科学と美術で考える、人工生命と知能

2017年1月9日(月)

「葉っぱの上にウンチ、ウンチの上に葉っぱ、これなんだ?」 ―アフリカに伝わるというナゾナゾの答えと、その理由とは!? 人工生命の専門家でありサウンドアーティストでもある池上高志先生が、椿昇さんやシロくま先生と共にこたつを囲み、サイエンスとアートとデザインの各分野から生命に迫るドキドキの時間です。あなたも一緒に新しい世界を生き残るヒントを探ろう!

講師:池上高志(東京大学広域科学専攻教授)✕椿昇(現代美術家)✕シロくま先生(デザイナー)

2016年度中学生まるびぃアートスクールちらし (pdf)

展覧会「魔法のミミ」とともに

絵本を読もう

2017年1月7日(土)

絵本を読んだあと、エデュケーターと一緒に作品を見に行きましょう。

『しずかでにぎやかなほん』
マーガレット・ワイズ・ブラウン 作
レナード・ワイスガード 絵
谷川俊太郎 訳
童話館 1996
ほか

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品紹介:木村健(展覧会担当エデュケーター)

2016年度中学生まるびぃアートスクール

展覧会「魔法のミミ」

2017年1月4日(水) - 2017年1月15日(日)

2016年9月から11月にかけて、金沢市内3校の中学校の美術部員39名が椿昇さん&シロくま先生と一緒にワークショップ「考えかたを考える」を行いました。本展覧会は、その時間で生まれた立体作品やドローイングなどを再構成したものです。自分のミミで感じることから始まって、描いたり作ったり…アーティスト・中学生・先生たちが創り上げたミミの世界をぜひご覧ください。

<制作>
椿昇 (現代美術家)+シロくま先生 (デザイナー)
金沢市立泉中学校  美術部
金沢市立野田中学校 美術部
金沢市立北鳴中学校 美術部

2016年度中学生まるびぃアートスクールちらし (pdf)

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

一般主催展覧会

第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ

2017年1月21日(土) - 2017年2月11日(土)

第3回目となる今回は、公募展「金沢・世界工芸コンペティション」と企画展「金沢の工芸コレクション」で構成。
公募展では、時代とともに変化し拡がる工芸芸術を世界的視野で捉え、表現力豊かな新しい工芸芸術作品を紹介します。また、企画展では金沢市の美術館と施設が所蔵している工芸作品を中心に紹介します。新しい時代における工芸表現の可能性と、金沢の工芸コレクションの蓄積を世界へ発信します。

写真:2017金沢・世界工芸コンペティション 大賞作品
井川健《羽化》2015
photo: MIZUNO Naoki

期間:
2017年1月21日(土) - 2017年2月11日(土)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
主催:
金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会
共催:
金沢市、金沢市工芸協会、公立大学法人金沢美術工芸大学、金沢21世紀美術館・金沢卯辰山工芸工房[(公財)金沢芸術創造財団]、金沢市立中村記念美術館・金沢市立安江金箔工芸館[(公財)金沢文化振興創造財団]
特別協力:
北國新聞社
協賛:
金沢商工会議所
後援:
総務省、外務省、文化庁、石川県、金沢商工会議所、石川県伝統産業振興協議会、NHK金沢放送局、北陸放送
お問い合わせ:
金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会事務局
〒920-0961
石川県金沢市香林坊2-4-30 香林坊ラモーダ8F
TEL076-234-5350
FAX076-234-5350
メールcontact@kanazawa-kogeitriennale.com
URL http://kanazawa-kogeitriennale.com
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢市小中学校合同展(図工・美術・書写・書道・華道)~輝け!未来の巨匠たち~

2017年1月4日(水) - 2017年1月15日(日)

「子供たちは未来の巨匠である」というコンセプトで開催される金沢市小中学校合同展では約9,000点の子供たちの力作をギャラリーに展示します。
子供たちの想いのつまった、夢あふれ、輝く作品が皆様をお待ちしています。

期間:
2017年1月4日(水) - 2017年1月15日(日)
10:00〜18:00(最終日の入場は12:30まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)でも開催
料金:
無料
主催:
金沢市教育委員会
後援等:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]、金沢市小学校教育研究会(図工部会、国語部会)、金沢市中学校教育研究会(美術部会、書写部会)、金沢市中学校文化連盟(美術部会、書道部会、華道部会)
お問い合わせ:
〒920-8577
石川県金沢市広坂1-1-1
金沢市教育委員会 学校指導課
TEL 076-220-2436
FAX 076-223-4602
MAIL gakkou_k@city.kanazawa.lg.jp

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

Mediquarスプリングコンサート

2017年4月2日(日)

『Mediquar』は金沢に住む現役の医学生4名で結成された弦楽四重奏団です。
学生ならではの情熱と、溢れ出る音楽に対する愛情をお届け出来ればと思います。
偶然にも金沢というこの地で、音楽を愛する4名が集まったという“絆”に感謝して、金沢に恩返しをすべく、心を込めて演奏させていただきます。
皆様のご来場をお待ちしております。
曲目:ドヴォルザーク弦楽四重奏第12番『アメリカ』他

期間:
2017年4月2日(日)
14:00〜16:00(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券500円
主催:
弦楽四重奏団Mediquar
後援:
北國新聞社、テレビ金沢、北陸放送、エフエム石川、ラジオかなざわ
お問い合わせ:
弦楽四重奏団Mediquar
TEL 090-2038-5012(堀)
MAIL mediquar@gmail.com
URL https://twitter.com/mediquar0402
シアター21

一般主催イベント

中村 中 TOUR2017 十の指ふたたび

2017年3月17日(金)

中村 中 TOUR2017 十の指ふたたび!

デビュー10周年を迎えている中村 中。
歌手・作詞作曲家・役者として活動。
今年は舞台『ライ王のテラス』中島みゆき主宰『夜会vol.19「橋の下のアルカディア」』に出演。ロックバンドDECAYSへの参加など活動の幅は広がるばかり。2016年夏には『TOUR2016 十の指』と題してピアノ、ギターを駆使し、ドラムス平里修一、ベース石田 純を従え恒例のアコースティックツアー阿漕な旅とはひと味違う熱さを披露。歌はもちろん十の指を駆使した演奏は4ヶ所で好評の内に幕を閉じた。

『TOUR2017 十の指ふたたび』はアンコール公演的な意味合いもあるが、今回は歌にフォーカスし、「夜会」での共演者であり、デビュー来の音楽仲間でもある石田 匠をゲストに迎え全国5ヶ所をふたりで旅する。『TOUR2016 十の指』『TOUR2017 十の指ふたたび』合計9カ所。10周年ファイナルへの期待も高まります。

期間:
2017年3月17日(金)
18:30〜20:30(開場18:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
【1月15日(日)一般発売】前売券5,000円、当日券5,500円
主催:
FOB企画
お問い合わせ:
FOB金沢
TEL 076-232-2424(平日11:00~18:00)
URL http://fobkikaku.co.jp
シアター21

一般主催イベント

金沢大学ピアノの会 卒業演奏会

2017年3月16日(木)

金沢大学ピアノの会4年生の卒業演奏会です。
集大成となる演奏をサークルでの学び・思い出と共に披露致します。

期間:
2017年3月16日(木)
17:30〜20:30(開場17:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
金沢大学ピアノの会4年生
お問い合わせ:
金沢大学ピアノの会(担当:越村)
MAIL mhkwa1473@stu.kanazawa-u.ac.jp
シアター21

一般主催イベント

木管アンサンブルCiel(シエル)コンサート2017

2017年3月4日(土)

木管アンサンブル~Ciel(シエル)~の定期演奏会です。

期間:
2017年3月4日(土)
19:00〜21:00(開場18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般 前売券1,500円、当日券2,000円
高校生以下 前売券1,000円、当日券1,500円
主催:
木管アンサンブル~Ciel(シエル)~
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
加藤
TEL 080-3045-6192
MAIL woodwind.ensemble.ciel@gmail.com

一般主催イベント

第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ【関連イベント】トークリレー

2017年1月22日(日)

「第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ」公募展「2017金沢・世界工芸コンペティション」審査員によるトークリレー、新たな工芸と現在の工芸動向について語っていただきます。
出演:ロナルド・ラバコ(インディペンデント・キュレーター、元ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン キュレーター)、チョ・ヘヨン(2015清州国際工芸ビエンナーレ 展示芸術監督・キュレーター)、唐澤昌宏(独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館 工芸課長)

写真:2017金沢・世界工芸コンペティション 大賞作品
井川健《羽化》2015
photo:MIZUNO Naoki

期間:
2017年1月22日(日)
13:00〜16:00(開場12:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
【要申込み】無料
参加のお申込は、郵便かFAX、またはEメールにて受け付けます。「お名前」「ご職業・所属先等」「ご住所」「ご連絡先(電話・FAX・Eメール)」をご記入の上、お問い合わせ先の金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会事務局までお送りください。
※申込後、事務局から連絡はいたしません。当日直接会場にご来場ください。定員に達した場合のみ、事務局から連絡いたします。
主催:
金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会
共催:
金沢市、金沢市工芸協会、公立大学法人金沢美術工芸大学、金沢21世紀美術館・金沢卯辰山工芸工房[(公財)金沢芸術創造財団]、金沢市立中村記念美術館・金沢市立安江金箔工芸館[(公財)金沢文化振興創造財団]
特別協力:
北國新聞社
協賛:
金沢商工会議所
後援:
総務省、外務省、文化庁、石川県、金沢商工会議所、石川県伝統産業振興協議会、NHK金沢放送局、北陸放送
お問い合わせ:
金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会事務局
〒920-0961
石川県金沢市香林坊2-4-30香林坊ラモーダ8F
TEL/FAX 076-234-5350
MAIL contact@kanazawa-kogeitriennale.com
URL http://kanazawa-kogeitriennale.com
シアター21

一般主催イベント

第18回千年大賞

2017年1月20日(金)

「新しい時代を感じさせるユニフォーム」をテーマにしたファッションコンクールです。全国からの応募の中からグランプリを決める最終審査を公開ファッションショー形式で開催します。

期間:
2017年1月20日(金)
14:00〜15:30(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
(公財)ヤギメセナファンデーション
お問い合わせ:
(公財)ヤギメセナファンデーション千年大賞事務局
TEL 050-3541-7770
FAX 076-237-1275
URL http://www.yagi.co.jp

一般主催イベント

医美同源シンポジウム「病院のくらしをデザインする」

2017年1月13日(金)

一般社団法人菊地誠22世紀医美支援事業団では、この度、医美同源シンポジウム「病院のくらしをデザインする」を開催します。
病院における患者さんの“くらし”が今後どのように変化していくのか。病院を暮らしの場として考えた時どのような豊かな時間を提供できるのか。デザイン、アート、医療、看護の専門家の討論によってテーマを深めていきます。

一般社団法人菊地誠22世紀医美支援事業団とは
文化県「石川」、文化都市「金沢」において、美術や芸術とのふれあいが人間のもつ生きる力の源であり、また再生装置としての役割を果たしてくれるという「医美同源」の考え方に基づき、医療とアートを通じて地域と社会に貢献することと、北陸で活動するアーティストに対する助成や支援を目的に2015年7月設立。

期間:
2017年1月13日(金)
18:30〜20:30(開場18:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
一般社団法人菊地誠22世紀医美支援事業団
後援:
北國新聞社、金沢西病院、NPO法人趣都金澤
お問い合わせ:
株式会社ノエチカ
TEL 076-223-3580
FAX 076-223-3881
MAIL info@noetica.co.jp
URL https://www.facebook.com/ibidogen/