コレクション展1

Nous ぬう

2016年5月21日(土) - 2016年9月25日(日)

「Nous」とはフランス語で「わたしたち」を意味する言葉です。「わたしたち」は女性たちであり、また男性たちでもあります。ものを作り出すこと、思いを形にすることに女性と男性の区別はありません。ただ、その手法としての「手芸」を取り上げてみれば、この言葉はおもに女性の創作活動として認知されてきたという歴史があり、暮らしのなかで何かを表現したいと感じた女性たちの多くは、絵筆よりも身近にある、針と糸を思わず手にしてきました。
ひたすらに針をすすめる時間の恍惚感、家族のために縫うことの幸福感と疎外感、自分のために縫うかけがえのない時間、縫うことには多くの思いが込められています。また、縫うことによって生まれる衣服は、着る人そのものを伝えるものでもあります。日常の延長で生み出される作品に、名付けようのない些末で複雑な感情が表現されています。鑑賞者である「わたしたち」のこれまで意識しなかった感情も、これらの作品を通すことによって浮かび上がってくるのではないでしょうか。5名のコレクション作家と、4名のゲスト作家をあわせ、9名の女性作家の作品を展示し、手芸とアート、そしてジェンダーについて考えていきます。

no new folk studio「Orphe」

2016年5月21日(土) - 2016年9月25日(日)

 履き手が動くと楽器のように音を奏で、さまざまな光と色を放つ新感覚シューズOrphe(オルフェ)。ユーザーの動きに反応して奏でられる音と光の軌跡は、身体の動作によって生み出されます。no new folk studioは菊川裕也が2014年に立ち上げたスタートアップ事業です。音楽を生業にしたいと楽器を作りはじめ、音楽系ハッカソンで靴の形をした楽器Orpheのプロトタイプを開発しました。その後もエンジニアやデザイナーらとの恊働によりその精度を高め、いよいよ本格的な販売が始まります。靴や楽器といった固有の何かではなく、あらゆる境界やジャンルを乗り越えるOrpheは、ユーザーの使い方次第で無限の可能性を秘めています。
 本展では、Orpheを履いたダンサーが真夜中の美術館を縦横無尽に駆け巡る映像作品《Motion-Score》をご紹介します。ダンサーの動き(Motion)が音と光に変換され奏でられることから、動きがまるで楽譜(Score)のようです。3面スクリーンでは3つのテーマに基づき映像が展開されます。美術館内を自由に歩き廻る「回遊」、Orpheをまるで楽器のように操る「協奏」、そしてOrpheの音と光が建物と呼応し合う「反響」。次世代クリエイター集団が作り出す音楽インターフェースOrpheをご堪能ください。

アペルト04

Nerhol Promenade / プロムナード

2016年5月21日(土) - 2016年8月28日(日)

紙、印刷物の彫刻作品に取り組んできた彫刻家 飯田竜太、グラフィックデザイナーとして平面/視覚情報と向き合ってきた田中義久、その二人の邂逅から生まれたアーティスト・デュオがNerholです。物質とイメージといった別の角度から、互いに「紙」という日々大量に消費される流通物と向き合ってきた二人の協業は、大量の像を刻んだ紙の彫刻作品を生み出し、独特の立体感を持つヴィヴィッドな姿とともに見るものに鮮烈な印象を与えてきました。
Nerholは本展覧会にて、街路樹を少しずつ輪切りにししながら撮影された一枚一枚の写真を、大きく引き伸ばして束にし、刻み込んで制作された新シリーズ「multiple – roadside tree」や鏡面紙を用いた新作を発表します。美術館全体を遊歩の場としてとらえ「プロムナード」と名付けられた本展では、見る角度や距離によって多様な表情を見せる新作を通して、回遊することから現れてくる作品との関係について問いかけていきます。

山峰潤也(金沢21世紀美術館 アシスタント・キュレーター)

《multiple – roadside tree no. 03》 2016
Courtesy of Yutaka Kikutake Gallery

SUPERFLEX One Year Project ― THE LIQUID STATE / 液相

2016年4月29日(金) - 2017年3月12日(日)

SUPERFLEXは、コペンハーゲン(デンマーク)を拠点に活動するヤコブ・フィンガー、ラスムス・ニールセン、ビョルンスティエルネ・クリスチャンセンの3人によるアーティスト・ユニットです。現代社会における既存の制度や枠組みに言及しつつ、コミュニティに対して働きかけ、新しい公共空間の創出を提案しています。
今回は、金沢21世紀美術館の建物を微生物を培養する「シャーレ」に見立て、コミュニティとの関係を「培養」「発酵」「醸成」の3つのキーワードで読み解く、約1年間にわたるプロジェクトに取り組みます。

西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。

2016年4月29日(金) - 2016年8月28日(日)

2007年に小沢剛(1965年生まれ、埼玉県在住)、チェン・シャオション(1962年生まれ、北京在住)、ギムホンソック(1964年生まれ、ソウル在住)の3人のアーティストが、西京から来た人を意味する「西京人」という名でコラボレーションチームを結成。北京でも東京でもソウルでもないアジアのどこかの国、「芸術を愛する人々が住む国」について物語るというプロジェクトをスタートさせました。西京は、現実からかけ離れた創造上の出来事というだけでなく、我々が生きる現代という時代を照射した語として読むことが出来ます。今回はこれまでの作品の中から、《第3章:ようこそ西京に—西京オリンピック / 西京冬季オリンピック》 《第4章:アイラブ西京—西京国大統領の日常》 《第4 章:アイラブ西京—西京国の学校》と、最新作となる《第5章:西京は西京ではない》などを発表します。また、同世代で同時代を生きる3人が、独立したひとりのアーティストとして発表してきた近作の中から、歴史への対峙や哲学的考察を含むインスタレーション、映像、絵画、パフォーマンスなどの作品も紹介します。

アペルト03

坂野充学 可視化する呼吸

2016年1月30日(土) - 2016年5月8日(日)

本展では、坂野充学が2012年に制作した5面のスクリーンによる映像インスタレーション《Visible Breath》を展示する。坂野は、1977年石川県鶴来町(現白山市)に生まれ、同地で育ち、現在は東京と石川を拠点に活動する映像作家である。坂野は東ロンドン大学で美術と映像制作を学び、帰国後、映像による作品を制作してきたが、近年、地元鶴来の祭りなどの伝統に関心を持つようになった。その調査を受けて生まれたのが本作品である。「鶴来」が「剣」と同音であり、鉄の生産を通じて古代から出雲や大陸との交流があったことをモチーフに制作された。鶴来の伝説に坂野の解釈をちりばめたフィクショナルな内容で、文化の交流をめぐって、見る人の様々な想像力を喚起する。

鷲田めるろ(金沢21世紀美術館 キュレーター)

コレクション展2 歴史、再生、そして未来

2015年11月28日(土) - 2016年5月8日(日)

本年度のコレクション展Ⅰは、私たちにとっての「いま」を問いかける機会としました。それに続くコレクション展Ⅱは、近年新たに収集された作品の紹介とともに、既存のコレクションを再解釈することによって私たちの「未来」を考察する展覧会です。様々な国において、また国内の諸地域においても社会的な価値観が短期間で変化してゆく21世紀のなかで、現代美術はどのような可能性を持つのでしょうか。「歴史」や「再生」というテーマのもと、これからの私たちがたどる道程を皆さんと共に想像する機会となれば幸いです。
また昨年に続き、「粟津潔、マクリヒロゲル2」も同時開催します。今年度のタイトルは「グラフィックからヴィジュアルヘ:粟津潔の視覚伝達論」。1955年の第5回日本宣伝美術(日宣美)展にて《海を返せ》で日宣美受賞以降の日宣美展の出品作品ほか、1960年代の粟津潔のグラフィック及び表現を紹介します。

廣村正彰「金沢でJunglin'」おぼろげ

2015年11月21日(土) - 2016年5月8日(日)

デザインという言葉に含まれる「美」と「思考」が様々な問題解決の糸口を与えてくれます。それはデザインのすべきことをさらに拡張していき、デザイン自体のフィールドを大きく広げているのです。周辺から本質を見ると未来が見えてくる−デザイナー廣村正彰がデザインワークの思考プロセスで金沢の風景を読み解き、金沢21世紀美術館デザインギャラリー空間で新作を展開します。

2010年より始まった、デザイナー廣村正彰による映像インスタレーションのプロジェクト「Junglin’ジュングリン」。本展では新作「おぼろげ」を展示します。「知っている」と思っていた風景は、視点の少しの変化で簡単におぼろげなイメージになってしまいます。しかし、そのおぼろげな風景は、絵葉書の写真のような記号的なイメージからは遠く離れ、その場所の原始的な姿を見せてくれます。私たちが普段どのように風景を見ているのか、また見落としているのか、本作品を通して体験してください。

廣村正彰「金沢でJunglin’」おぼろげ

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 ~ 時代を読む vol.21

ラデュレ、人生の歓び ~すてきなティータイム

2016年5月21日(土)

アートやファッション、そして現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取るトークシリーズ。今回のテーマは、マカロンで世界的に有名なお菓子の老舗『メゾン・ラデュレ』です。その歴史をひもとけば、女性の社会進出の歴史が見えてきます。お勉強の後はみんなで楽しくティータイム。フランス流のマナーやスタイル、テーブルセッティングのエレガンス(=優美さ)をモレシャンさんの解説とともに楽しみましょう。

ドレスコード:パステルカラーを取り入れて

パフォーマンス

ARTS PLANET 2016

It’s Dark Outside おうちにかえろう

2016年5月4日(水) - 2016年5月5日(木)

観るものを虜にする魔法のようなパフォーマンス!住み慣れた家を離れ、見知らぬ男に追われながら荒野へ旅立ったひとりのおじいさん。
空想の世界に迷い込みながらも果敢に立ち向かった先にあるものは···?周りの人からは理解されにくい、認知症による心のさまよいを人形・影絵・アニメーションなどを駆使して幻想的に、ときにユーモラスに紡ぎだす。『アルヴィン・スプートニクの深海探検』(2013年金沢公演)で観客を魅了した不思議な世界が帰ってくる!

交流イベント

ARTS PLANET 2016 ~こども☆STAR!

2016年5月3日(火) - 2016年5月5日(木)

アートな惑星を旅してワクワク・ドキドキを体験しよう!ARTS PLANETーここはアートが大好きな人が集まる惑星(PLANET)。好奇心・遊び心・子ども心を持つ人なら誰でもwelcome!パスポートとイベント通貨を手に、惑星に見立てたまるびぃの館内外で繰り広げられる様々なイベントを巡ろう。かがやくSTARを目指して、ワクワク・ドキドキ、世代を超えてお楽しみください。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

コレクション展1 Nous ぬう

モンデンエミコの刺繍日記

2016年5月21日(土) - 2016年9月25日(日)

アートライブラリーの空間に展開される本展の関連プロジェクトは、アーティスト、モンデンエミコによる会期中(ほぼ)毎日更新される刺繍日記。生まれたばかりの長女とともに金沢21世紀美術館を散歩しつつ、日々の記録を積み重ねていく。

※インスタグラムでも作品を公開しています
モンデンエミコ Instagram

キッズスタジオ・プログラムとともに

絵本を読もう

2016年5月14日(土)

絵本の読み聞かせのあと、キュレーターと一緒に作品を見に行きましょう。

『なんの かみ?』 (「かがくのとも」1986年9月号)
やまひら ともひこ さく
福音館書店

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
制作案内:木村健 (エデュケーター)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2016年5月(毎週土日)

5月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

アペルト03 坂野充学 可視化する呼吸

鶴来現代美術祭アーカイブ展

2016年1月26日(火) - 2016年5月8日(日)

「鶴来現代美術祭」は、1991年より1999年まで鶴来を舞台に7回にわたって開催された。特に1995年までは、金沢市の姉妹都市であるゲント市の現代美術館の館長であり、1992年のドクメンタのコミッショナーもつとめたヤン・フートが企画に関わった。それにより、国際的なアーティストが鶴来に滞在し、鉄加工業など地元の職人の協力を得て制作を行うことが実現した。
鶴来現代美術祭は、近年各地で盛んに開催されている地域の芸術祭の先駆的な事例である。開催事務局を地元の商工会青年部が担い、制作にも協力したことも特徴で、それが可能となった背景には、「造りもの」で有名な地域の祭り「ほうらい祭り」での恊働作業が伝統的に続いてきたことがある。
本アーカイブ展では、鶴来商工会に残る紙資料や記録写真・映像の展示を中心に、新たに関係者へのインタビューを行い、その記録映像を公開する。鶴来現代美術祭に関する資料の散逸を防ぐこと、そして、そこで起きたことを知ることを通じて地域と芸術の関わり方について考察することが本展の目的である。また、坂野充学は鶴来の出身で中学生のときに鶴来現代美術祭を体験したことで作家を志した。本展は坂野の作品の背景を理解する助けともなるだろう。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

第69回二紀展 金沢展

2016年5月31日(火) - 2016年6月5日(日)

平成27年10月に東京国立美術館にて開催された第69回二紀展より選抜した優秀作を基本作品に、地元出品者の入選作品を加えた絵画、彫刻による巡回展覧会である。社団法人(当時)二紀会の初代理事長宮本三郎先生が生まれ育ったここ石川の県市民の皆様に二紀会の絵画、彫刻を広く紹介する。(第69回二紀展本展より優秀作品絵画50点、彫刻10点を選抜し、あわせて地元出品者入選作品絵画43点、彫刻6点を加えた総計点数109点展示)

期間:
2016年5月31日(火) - 2016年6月5日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
料金:
500円
主催:
一般社団法人二紀会・二紀会北陸支部石川会・北國新聞社
後援等:
石川県・金沢市・テレビ金沢・北陸放送・NHK金沢放送局
お問い合わせ:
北陸二紀事務局
六反田 英一
TEL 076-243-0882(アールイーエー)
FAX076-243-0982(アールイーエー)
メールinfo@rea-design.com

一般主催展覧会

ビッグ・アイ アートプロジェクト入選作品展 共振×響心~日々のカケラ~

2016年5月17日(火) - 2016年6月5日(日)

人と人とを繋ぐアートの力。ビッグ・アイ アートプロジェクトは、このアートをツールとし、障がいのある人、ない人、すべての人々の交流を促進し、感動やよろこびを共にするプロジェクトです。5周年を迎えた2015年度の「作品募集」には、国内外から1,514点もの作品が届きました。この展覧会では、美術界で活躍する6名の審査員によって選出された97作品のほか、金沢を拠点に活動する金沢アート工房の作家による作品をご紹介します。
≪審査員≫
西村陽平(造形作家)、秋元雄史(東京藝術大学大学美術館館長・教授)、エドワード M. ゴメズ(RAW VISION編集局長)、上田バロン(イラストレーター)、永野一晃(写真家)、望月虚舟(書家)
≪展覧会アートディレクター≫
中津川浩章(美術家、アートディレクター)

期間:
2016年5月17日(火) - 2016年6月5日(日)
10:00〜18:00(金・土20:00まで、最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
協力:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]、金沢アート工房
後援:
石川県、金沢市、金沢市教育委員会、北國新聞社
助成:
公益財団法人野村財団、公益財団法人花王芸術・科学財団
お問い合わせ:
ビッグ・アイ「アートプロジェクト」係
電話072-290-0962
FAX072-290-0972
メールmuseum@big-i.jp
URL http://www.big-i.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第38回 麦の会展

2016年5月17日(火) - 2016年5月22日(日)

期間:
2016年5月17日(火) - 2016年5月22日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
法邑
TEL 076-298-7087

一般主催展覧会

絵手紙教室「心の窓」10周年記念展

2016年5月10日(火) - 2016年5月15日(日)

人と人とのつながりは、相手に「思いをやる」即ち思いやりから生まれます。小さな葉書の絵。されど言霊を乗せた心を映した絵は大切な宝物といえましょう。今後御病気で床に塞ぎがちな友人へ、家族へ届いた時はいつも傍らに置いておきたくなるような葉書になりますようにと指導して参りました。半数の80歳のご高齢の方々は10年選手でいらっしゃいます。生徒様方にこの度の記念展で人生の最高の感動を味わっていただくことはもちろんのこと、来場者の方々とも新鮮な楽しい心を共有できる場になれば幸いに存じます。

期間:
2016年5月10日(火) - 2016年5月15日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
絵手紙教室「心の窓」
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
担当:谷本
MAIL kokoroetegami100@gmail.com
市民ギャラリー

一般主催展覧会

こどもの目・こどもの心 児童絵画教室 アートM展

2016年5月10日(火) - 2016年5月15日(日)

5才から12才までの子供たち約60名が、こどもの目・こどもの心で感じ描いた作品展。驚くほど鮮やかで、力強い作品に子供たちのエネルギーを感じていただけます。水彩画、モザイク画、色紙絵、切り絵、和紙墨絵、色紙絵、工作など約120点の展示。

期間:
2016年5月10日(火) - 2016年5月15日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
児童絵画教室アートM
お問い合わせ:
〒921-8066 金沢市矢木2丁目149
久保瑞子
TEL / FAX 076-240-0097
市民ギャラリー

一般主催展覧会

2016日韓工芸作品展

2016年5月10日(火) - 2016年5月15日(日)

金沢21世紀美術館にて第3回目の開催を迎えます。今回は日本と韓国の伝統及び現代工芸作家120名の出展として意味深いものとなり、本作品展がこれからも絶えずに続けられるよう願望いたします。

期間:
2016年5月10日(火) - 2016年5月15日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
韓国工芸連合会
後援:
日本国石川県金沢市
お問い合わせ:
北坂(日本内連絡先)
TEL 090-7187-6419

一般主催展覧会

くるりんぱ展

2016年5月3日(火) - 2016年5月8日(日)

「くるりんぱ」・・・なにやらへんてこりんなタイトルですが、くるっと絵を回すと、おやふしぎ?うさぎ、だと思っていたらコアラに変身!家と思っていたら、船にぱっと変わった!そう、それが「くるりんぱ」です。一つの方向からものを見るのではなく、見方を変えると、全く違う世界が広がり、新しい考え方や気持ちが生まれます。くるりんぱしながら遊んでいるうちに、そんな気持ちに気付いてくれたら嬉しいです。

期間:
2016年5月3日(火) - 2016年5月8日(日)
10:00〜18:00(最終日入場17:30まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石川県ユネスコ協会
後援:
北国新聞社、北陸放送、日本ユネスコ協会連盟
お問い合わせ:
後藤徹
TEL 090-8844-9334
メールgoto@gd5.so-net.ne.jp
URL http://www.kururinpa.com
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第26回こうさくてん

2016年5月3日(火) - 2016年5月8日(日)

造形作品およびコンテンポラリーダンスの上演による現代美術の展覧会

期間:
2016年5月3日(火) - 2016年5月8日(日)
10:00〜18:00(金土20:00まで、最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
日本こうさく学研究会
後援等:
北國新聞社、エフエム石川、テレビ金沢、北陸朝日放送、北陸放送、北陸中日新聞社
お問い合わせ:
江藤 望
TEL 090-1515-1592
市民ギャラリー

一般主催展覧会

美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方

2016年4月28日(木) - 2016年5月27日(金)

本展覧会は、時代を超えて子供から大人まで世界中の人々に知られているミッフィーがガイドをし、絵本の内容に沿って様々な切り口から「見てみよう」「考えてみよう」「作ってみよう」の3テーマで、美術作品やオランダを代表する絵本作家ブルーナ氏の世界を紹介します。美術作品をミッフィーとともに見ることで、より親しみを持って美術に触れることができ、作品をいろいろな視点から鑑賞するきっかけを与える構成を予定しています。

期間:
2016年4月28日(木) - 2016年5月27日(金)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
一般:当日900円(前売り800円)、高大生:当日500円(前売り400円)、小中学生:当日300円(前売り200円)、幼児:当日200円(前売り100円)
主催:
北国新聞社、一般財団法人石川県芸術文化協会
共催:
石川県教育委員会、金沢市教育委員会、金沢21世紀美術館(公益財団法人芸術創造財団)、NPO法人金沢アートグミ
お問い合わせ:
北国新聞社事業部
TEL 076-260-3581
市民ギャラリー

一般主催展覧会

書道・顔真流10周年記念掛け軸展

2016年4月26日(火) - 2016年5月1日(日)

大筆書きの掛け軸18本を含む42本。論語及び禅語を中心に「人生の指針・指標」「人生の生き方」を顔真流の28名が書に表現しました。

期間:
2016年4月26日(火) - 2016年5月1日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
顔真流書道事業部
後援等:
北國新聞社、石川県教育委員会、金沢市教育委員会、北陸放送
お問い合わせ:
師範 松井 良憲
TEL 090-3293-3430
FAX 076-222-6233
EMAIL ganshinryu-55-educalion@docomo.ne.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第40回石川アンデパンダン展

2016年4月26日(火) - 2016年5月1日(日)

アンデパンダン展は、出品したい方すべての作品を受け入れ、審査をしない公募展です。そこでは、初心者からプロまで、あらゆる作品が展示され、出品者は合評会を通じて交流を図ります。また、会期中4
月30日(土)午後3時から、金沢歌劇座会議室にて、美術講演会を開きます。金沢美術工芸大学教授 横山勝彦氏 に演台「金沢野外彫刻」としてお話ししていただきます。ご参加をお待ちしています。

期間:
2016年4月26日(火) - 2016年5月1日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石川美術会
後援:
石川県、金沢市教育委員会、北國新聞社
協賛:
かゆう堂
お問い合わせ:
金沢市新保本1丁目319
石川美術会事務局
河村二郎
TEL 076-240-0099
URL http://www.isikawabijyutu.saloon.jp

一般主催展覧会

明日への工芸展Ⅱ

2016年4月26日(火) - 2016年5月1日(日)

ひとつひとつ心を込めて手作りしたものを展示・販売します。
前回開催時(2014年9月~10月)にはなかった作品も多数展示する予定です。
また、水引の体験もございます。ぜひお越しください。

期間:
2016年4月26日(火) - 2016年5月1日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
株式会社VSサポート
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
株式会社VSサポート
TEL 076-221-1233
FAX 076-221-1233
MAIL info-support@vs-s.jp
URL http://www.vs-s.jp

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

一般主催イベント

金沢大学茶道部皐月茶会

2016年5月29日(日)

今年で51周年を迎えた金沢大学茶道部による初夏のお茶会。金沢21世紀美術館にて初の開催です。開放的な空間と季節のお道具で初夏を感じてください。椅子に座る立礼席と本格的な茶室での本席とをご用意しております。どなたでもお気軽にお越しください。

期間:
2016年5月29日(日)
10:00~15:00
会場:
金沢21世紀美術館 茶室
料金:
当日券 500円
お問い合わせ:
金沢大学茶道部 
TEL 090-3764-0554
URL http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Circle/1770/
シアター21

一般主催イベント

フランスを代表する劇作家モリエールのコミカルな世界

2016年5月29日(日)

前半はフランス17世紀の劇作家モリエールの「パストラル・コミック」を当時の作曲家リュリの局などにのせて朗読劇とバロックダンス(メヌエット、ガボット、ブーレ)で演じます。
「リュリの曲が台詞の喜劇的効果を高めているところに注目してほしい。例えば、魔法使いたちがリカに魔法の液体をふりかけて『いい男になった』と笑いをこらえる様子が1音ずつ降下するメロディーによって表されている」(モリエール人と作品より)
後半は石川県にちなんだ曲を中心にフルートとピアノで綴るミニコンサートです。

期間:
2016年5月29日(日)
13:30~15:00(開場13:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
真帆
お問い合わせ:
真帆
TEL 070-5148-5556
MAIL maho@willcom.com
シアター21

一般主催イベント

やぶちゃんの音で世の中を良くする 響きplus~ゆらぷらす~コンサート in 北陸

2016年5月25日(水)

2015年プロ歌手デビューを果たしたやぶちゃんこと薮原秀樹によるソロコンサート。やぶちゃんのコンサートは全国で行われますが、北陸ではここ金沢21世紀美術館のみ!
音で世の中を本気で良くしようと思っているやぶちゃんの歌は、先日東京で行われたサロンコンサートで会場を涙と感動で満たしました。
ピンときた方!是非ともやぶちゃんの歌を味わいに来てください!

期間:
2016年5月25日(水)
19:00〜20:30(開場18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券5,000円
主催:
株式会社わもん
お問い合わせ:
山本善啓
TEL 090-3888-4137
FAX 076-294-5427
MAIL currypanman@hotmail.co.jp
シアター21

一般主催イベント

いしかわファッションセミナー「世界を舞台に」加茂克也氏のクリエイション

2016年5月24日(火)

トップヘアデザイナー「加茂克也氏」を迎えての講演会。
ファッションデザイナー・ヘアメイクアップアーティスト・クリエイターに限らず、興味深い創作のヒントがいっぱい!
この機会をお見逃しなく!!
(講師 加茂克也氏、秋元雄史氏)

期間:
2016年5月24日(火)
18:00〜19:30(開場17:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
【申込み受付は終了しました】無料(いしかわファッション協会FACEBOOKから要事前申込)
いしかわファッション協会FACEBOOK
主催:
(一社)いしかわファッション協会
後援:
石川県・金沢市・北國新聞社
お問い合わせ:
いしかわファッション協会FACEBOOK
URL https://www.facebook.com/ishikawafashion
シアター21

一般主催イベント

永島留美「息の結晶 Atemkristall」

2016年5月8日(日)

この演奏会は、作曲家 永島留美の個展です。リルケ、ツェランの詩を用いた歌曲、フルートのための作品など、新曲を多数初演いたします。観客参加型作品<水の語らい>では、音の広がる空間とライヴ・ペインティングをご体感ください。
出演:Pf 永島留美、Sop 直江学美、Fl 木埜下大祐、Painting 平尾美恵

期間:
2016年5月8日(日)
14:00〜16:00(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券・当日券とも一般2,000円、大学生1,000円、高校生以下800円
主催:
Atelier N
後援:
[公財]金沢芸術創造財団、北國新聞社
お問い合わせ:
Atelier N
TEL 090-2125-3286
FAX 076-278-2386
MAIL rrrngsm@gmail.com
シアター21

一般主催イベント

趣都フォーラム2016「拡がる工芸-工芸の次の一手を考える-」

2016年5月7日(土)

【第一部】13:00~13:30
開会、趣都金沢宣言、趣都金澤事業報告
【第二部】13:30~16:25
プレゼンテーション「拡がる工芸、次の一手」
【第三部】16:35~18:00
シンポジウム「工芸の何が新しいのか?」

期間:
2016年5月7日(土)
13:00〜18:00(開場12:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券 大人1,000円、学生500円、趣都金澤会員無料
主催:
NPO法人趣都金澤
共催:
[公財]金沢芸術創造財団
後援:
石川県、金沢市、北陸中日新聞、読売新聞北陸支社、北陸工業新聞、金沢経済新聞、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、北陸朝日放送、エフエム石川、金沢倶楽部
お問い合わせ:
NPO法人趣都金澤
TEL 076-223-3580
FAX 076-223-3581
MAIL info@noetica.co.jp
URL http://syuto.or.jp/

一般主催イベント

第26回こうさくてん特別企画アーティストパフォーラム

2016年5月6日(金)

本企画は、市民ギャラリーにおける〈こうさくてん〉開催(平成28年5月2日~8日)に伴う一連の企画です。
シアター21では、アーティストパフォーラムを通して、子どもから大人までコンテンポラリーアートの楽しさや面白さを知っていただくことを目的とします。
その方法として、ここでは従来のフォーラム形式に加えて、映像・身体表現・ミニワークショップなど複数の表現媒体を同時に《こうさく》させながら立体的でダイナミックなフォーラムを展開していきます。
フォーラムのテーマは「MANGA×身体×AURA」です。その内容は、(1)ダンスユニット〈んまつーポス〉による基調ダンス。(2)台湾におけるMANGAの事情や日本MANGAの受容の実情についての報告、(3)MANGA身体とAURA身体についての三部構成になっています。
MANGA表現としての身体と実際の身体の動きを映像やパフォーマンスを《こうさく》させながら比較することで、両者の動きの違いを楽しみながら考える企画です。

期間:
2016年5月6日(金)
14:00〜16:00(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
日本こうさく学研究会
後援:
北國新聞社、エフエム石川、テレビ金沢、北陸朝日放送、北陸放送、北陸中日新聞
お問い合わせ:
金沢大学人間社会4号館学校教育系(江藤望)
TEL 090-1515-1592
FAX 076-234-4100
MAIL etoh@ed.kanazawa-u.ac.jp