アペルト03

坂野充学 可視化する呼吸

2016年1月30日(土) - 2016年5月8日(日)

本展では、坂野充学が2012年に制作した5面のスクリーンによる映像インスタレーション《Visible Breath》を展示する。坂野は、1977年石川県鶴来町(現白山市)に生まれ、同地で育ち、現在は東京と石川を拠点に活動する映像作家である。坂野は東ロンドン大学で美術と映像制作を学び、帰国後、映像による作品を制作してきたが、近年、地元鶴来の祭りなどの伝統に関心を持つようになった。その調査を受けて生まれたのが本作品である。「鶴来」が「剣」と同音であり、鉄の生産を通じて古代から出雲や大陸との交流があったことをモチーフに制作された。鶴来の伝説に坂野の解釈をちりばめたフィクショナルな内容で、文化の交流をめぐって、見る人の様々な想像力を喚起する。

鷲田めるろ(金沢21世紀美術館 キュレーター)

生誕百年記念

井上有一

2016年1月2日(土) - 2016年3月21日(月)

戦後の日本現代美術を代表する井上有一(1916〜1985年)の生誕百年を記念する大回顧展です。有一は、戦後まもなく世界的に高い評価を得た数少ない日本の現代の書家です。
有一は、紙と墨からなる「書」を現代芸術の文脈の中で、個人の表現物として開花させました。本展では、初期から晩年までの200点を越える代表作によって井上有一芸術の核心に迫ります。
出品作品は、1955年、抽象表現主義と呼応した抽象書「作品」シリーズ、1957年、サンパウロ・ビエンナーレ国際展に出品した初期の代表作《愚徹》、ボンドや凍らせた墨など、素材と描法に工夫を凝らした《好》《母》《風》などの60年代、思想と生き様の一致した《貧》などの70年代、また70年代末から80年代へと晩年に向かい豊かな世界を形成した 《鳥》 《月》 《刎》 《鷹》 などが並びます。
一字書だけでなく、他の代表的なスタイルの作品も展覧されます。戦争の悲惨さを自らの体験によって作品化した《東京大空襲》 《噫横川國民學校》などの多文字書、語りながら書いた 「言葉書」シリーズの《草野心平詩 蛙誕生祭》 《宮沢賢治童話 よだかの星》などのコンテや鉛筆、木炭による書、死に向き合って制作された《宮沢賢治童話 なめとこ山の熊》、臨書《顔氏家廟碑》 《上》、また絶筆ともいえる《心》。有一が生涯こだわった型破りで自由な書の世界を、生涯にわたって制作した作品群の紹介を通じ、回顧展形式で紹介します。

本展キュレーター 金沢21世紀美術館館長 秋元雄史

《心》 1985
ボンド墨・和紙、143×182 cm
個人蔵
© UNAC TOKYO

コレクション展2 歴史、再生、そして未来

2015年11月28日(土) - 2016年5月8日(日)

本年度のコレクション展Ⅰは、私たちにとっての「いま」を問いかける機会としました。それに続くコレクション展Ⅱは、近年新たに収集された作品の紹介とともに、既存のコレクションを再解釈することによって私たちの「未来」を考察する展覧会です。様々な国において、また国内の諸地域においても社会的な価値観が短期間で変化してゆく21世紀のなかで、現代美術はどのような可能性を持つのでしょうか。「歴史」や「再生」というテーマのもと、これからの私たちがたどる道程を皆さんと共に想像する機会となれば幸いです。
また昨年に続き、「粟津潔、マクリヒロゲル2」も同時開催します。今年度のタイトルは「グラフィックからヴィジュアルヘ:粟津潔の視覚伝達論」。1955年の第5回日本宣伝美術(日宣美)展にて《海を返せ》で日宣美受賞以降の日宣美展の出品作品ほか、1960年代の粟津潔のグラフィック及び表現を紹介します。

廣村正彰「金沢でJunglin'」おぼろげ

2015年11月21日(土) - 2016年5月8日(日)

デザインという言葉に含まれる「美」と「思考」が様々な問題解決の糸口を与えてくれます。それはデザインのすべきことをさらに拡張していき、デザイン自体のフィールドを大きく広げているのです。周辺から本質を見ると未来が見えてくる−デザイナー廣村正彰がデザインワークの思考プロセスで金沢の風景を読み解き、金沢21世紀美術館デザインギャラリー空間で新作を展開します。

2010年より始まった、デザイナー廣村正彰による映像インスタレーションのプロジェクト「Junglin’ジュングリン」。本展では新作「おぼろげ」を展示します。「知っている」と思っていた風景は、視点の少しの変化で簡単におぼろげなイメージになってしまいます。しかし、そのおぼろげな風景は、絵葉書の写真のような記号的なイメージからは遠く離れ、その場所の原始的な姿を見せてくれます。私たちが普段どのように風景を見ているのか、また見落としているのか、本作品を通して体験してください。

廣村正彰「金沢でJunglin’」おぼろげ

ザ・コンテンポラリー3

Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊

2015年9月19日(土) - 2016年3月21日(月)

情報に生命は宿るかーバイオテクノロジーとアートの融合

新しい技術が普及した近未来の問題を題材にした作品で国際的な議論を巻き起こしてきたアーティストユニットBCLが、現在の日本のポップカルチャーの代表格としてインターネット上で世界的な人気を誇る歌声合成ソフト「初音ミク」に遺伝子と細胞を与え、生命/非生命の境界、そして二次創作や芸能/芸術のはざまで育まれる現代日本の特異な想像力の可能性を探究します。

BCL + Semitransparent Design 《Ghost in the Cell》 2015
© Crypton Future Media, INC.

EVENTイベント

条件に該当する催しがありません。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

生誕百年記念 井上有一

ワークショップ「大きな筆・大きな文字 井上有一に挑戦!」

2016年2月28日(日)

井上有一さんは、大きな和紙の上で大きな筆を全身で動かしながら、墨で大きな大きな文字を書きました。あなたも井上さんのように、大きな文字を身体いっぱい使って書いてみましょう!
※墨で汚れてもよい服装でご参加ください。飲み物とタオルを持参してください。

講師:北見音丸(一般財団法人 世界紙文化遺産支援財団 紙守 参事)

「日本の夏1984(仮)」プレ企画 連続トークショー[第4回]

80年代の日本写真 〜つくば写真美術館と『写真時代』を中心に〜

2016年2月27日(土)

当館は、水戸芸術館とともに、1980年代の日本の現代美術を検証する展覧会を計画しています。それに向けてのプレ企画として、これまで両館で3回のトークショーを行いました。第4回目にあたる今回は写真評論家の飯沢耕太郎氏をお招きし、80年代の写真についてお話いただきます。飯沢氏のトーク終了後、水戸芸術館の浅井俊裕氏にもコメントをいただきます。
80年代には、森村泰昌、石原友明、小山穂太郎など写真を使った表現を行うアーティストが登場し、「つくば写真美術館」(1985)のように写真のアート化も進んだ時代でもありました。従来は印刷物のための素材と見なされていたオリジナルプリントが「作品」として取引されるようになり、写真を収集する美術館の開設準備も進みました。一方で荒木経惟をフィーチャーした『写真時代』(1981-88)のように写真を社会的なイメージとして拡張していくこともさかんに行われました。現在のアートシーンの源流となる80年代の美術について、写真との関わりから捉え直すことを試みます。

「アペルト03 坂野充学 可視化する呼吸」とともに

絵本を読もう

2016年2月20日(土)

絵本の読み聞かせのあと、キュレーターと一緒に作品を見に行きましょう。

『白山のわらじ』
石川県児童文化協会 再話
おくだきく子 絵
石川県 1992年

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品案内:鷲田めるろ(展覧会担当キュレーター)

「まるびぃみらいカフェ」オトナスタジオ Vol.4

オトナバー

2016年2月20日(土)

アートを肴にグラスを傾けながら語り合いましょう

まるびぃ近くの素敵な隠れ家で気軽にアートを楽しんでみませんか。
作家が自ら作品について語ったり、あなたがお持ちの作品を紹介する場をご用意します。
いろいろなアートに出会いたい、話を聴いてみたいという方は手ぶらでどうぞ。
お好きな飲み物を片手に、リラックスして作品を鑑賞したりおしゃべりしたり。
肩の力を抜いて、ゆったり過ごす時間を共有しましょう。

こんなオトナに向いています!( ひとつでも当てはまったら、ぜひ参加を!)
□ 最近リラックスしていないオトナ
□ 誰かと語るきっかけがほしいオトナ
□ 作家と話してみたいオトナ
□ とっておきのコレクションを紹介したいオトナ
□ 作品をコレクションしたいオトナ
□ お酒が好きなオトナ
□ バーに行ってみたいオトナ

生誕百年記念 井上有一

井上有一生誕百年記念茶会

2016年2月14日(日)

2月14日は井上有一の誕生日。有一百歳の誕生日に祝いの茶会を開催します。

席主:海上雅臣
   楽只会 海上宗楽

生誕百年記念 井上有一

芳賀徹×海上雅臣 井上有一生誕百年記念対談

2016年2月13日(土)

2016年2月14日は、有一の生誕百周年となる、生きていれば100歳を迎える日です。それを記念し、前日にあたる13日に、有一をよく知る二人によるトークイベントを行います。
日本文学研究者であり芸術全般に幅広い見識をもつ芳賀徹氏と、有一芸術の唯一無二の深い理解者であり語り部でもある海上雅臣氏による対談。破天荒でいて、繊細な人間、有一の素顔やこれまでにない表現を戦後の書の世界に持ち込んだ改革者である有一の魅力を語り尽くします。

講師:芳賀徹(東京大学名誉教授・京都造形芸術大学名誉学長・静岡県立美術館館長)
   海上雅臣(美術批評家)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2016年2月(毎週土日祝)※28日をのぞく

2月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

アペルト03 坂野充学 可視化する呼吸

鶴来現代美術祭アーカイブ展

2016年1月26日(火) - 2016年5月8日(日)

「鶴来現代美術祭」は、1991年より1999年まで鶴来を舞台に7回にわたって開催された。特に1995年までは、金沢市の姉妹都市であるゲント市の現代美術館の館長であり、1992年のドクメンタのコミッショナーもつとめたヤン・フートが企画に関わった。それにより、国際的なアーティストが鶴来に滞在し、鉄加工業など地元の職人の協力を得て制作を行うことが実現した。
鶴来現代美術祭は、近年各地で盛んに開催されている地域の芸術祭の先駆的な事例である。開催事務局を地元の商工会青年部が担い、制作にも協力したことも特徴で、それが可能となった背景には、「造りもの」で有名な地域の祭り「ほうらい祭り」での恊働作業が伝統的に続いてきたことがある。
本アーカイブ展では、鶴来商工会に残る紙資料や記録写真・映像の展示を中心に、新たに関係者へのインタビューを行い、その記録映像を公開する。鶴来現代美術祭に関する資料の散逸を防ぐこと、そして、そこで起きたことを知ることを通じて地域と芸術の関わり方について考察することが本展の目的である。また、坂野充学は鶴来の出身で中学生のときに鶴来現代美術祭を体験したことで作家を志した。本展は坂野の作品の背景を理解する助けともなるだろう。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸大学卒業制作展

2016年2月25日(木) - 2016年3月1日(火)

期間:
2016年2月25日(木) - 2016年3月1日(火)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸大学大学院修士課程修了制作展・博士後期課程研究発表展

2016年2月17日(水) - 2016年2月22日(月)

期間:
2016年2月17日(水) - 2016年2月22日(月)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第39回金城大学短期大学部美術学科卒業制作展

2016年2月10日(水) - 2016年2月14日(日)

期間:
2016年2月10日(水) - 2016年2月14日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
金城大学短期大学部
TEL 076-276-4411

一般主催展覧会

Bunka Fashion Renaissance 2016(ブンカファッションルネサンス 2016)

2016年2月9日(火) - 2016年2月14日(日)

みなさんは□(四角)の中にどんな言葉が当てはまると思われますが?"私"、"身体"、"時代"、"素材"、"デザイン"、"空間"、・・・というように、たくさんの言葉がすぐに思い浮かんでくることと思います。"ファッション"は衣服に限らず、様々な分野においても、もはや切り離して考えることができない、一つの重要な要素とされています。『BUNKA FASHION RENAISSANCE』は、これまで「ファッション」をここ金沢で専門的に学んできた学生たちの、卒業、進級作品の展示会/ファッションショーです。学生個々人の思いのこもった、作品の数々が来場くださったみなさんの気持ちを少しHappyにしたり、みなさんの夢を強く後押ししたりする事を、学生をはじめスタッフ一同、心から願っております。私たちはファッションが持つ力を心から強く信じております。

期間:
2016年2月9日(火) - 2016年2月14日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
学校法人 金沢文化学園 専門学校 金沢文化服装学院
後援等:
金沢市、(一社)石川県繊維協会、(一社)いしかわファッション協会、繊研新聞社、北國新聞社
お問い合わせ:
専門学校 金沢文化服装学院
TEL 076-242-2330
FAX 076-242-2362
MAIL info@kanabun.ac.jp
URL http://www.kanabun.ac.jp/index.html

一般主催展覧会

NIPPON MONO ICHI in 金沢21世紀美術館

2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)

北陸の伝統技術を応用し、21世紀に暮らす私たちに「用の美」を提案する作品をコレクション。「先進的デザイン」と「実用性」を兼ね備えた北陸ならではの逸品約100アイテムを展示します。

期間:
2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)
10:00〜18:00(金土曜日20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
中小機構北陸
お問い合わせ:
独立行政法人中小企業基盤整備機構 北陸本部 湊理央
TEL 076-223-6100
FAX 076-223-5762
MAIL minato-r@smrj.go.jp
URL http://www.smrj.go.jp/hokuriku/

一般主催展覧会

おもしろ動植物展~絵画や写真で表現する動植物の新たな姿~

2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)

生物学の大好きな大人や子どもたちに楽しんでもらいたいアーティストたちによる、おもしろ動植物展

期間:
2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
竜生 成麻
後援等:
北國新聞社
お問い合わせ:
竜生 成麻
TEL 090-5175-9842
MAIL parupiro@docomo.ne.jp

一般主催展覧会

第5回 I・P・C写真展 ISHIKAWA 絆

2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)

石川県の写真館やフリーで活躍しているプロカメラマン16名で活動しているサークルです。石川の文化と家族の絆をテーマに沿いながらも独自の視点と感性で撮影した作品を展示しています。最終日の7日には会場内の仮設スタジオで先着50組のカップルやご家族の笑顔と一緒に絆を無料で撮影いたします。(写真はその場でプレゼントいたします)

期間:
2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石川プロフォトサークル
協賛:
(株)フジカラー北陸、安達写真印刷(株)、カトウ産業(株)、石川県営業写真協会
後援:
北國新聞社、テレビ金沢、エフエム石川
お問い合わせ:
石川県小松市符津町ウ79-20
橋本写真館 橋本浩
TEL 0761-44-3235
FAX 0761-44-7235
MAIL h.h@po3.nsknet.or.jp

一般主催展覧会

コネクティン ソウル スタイル

2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)

期間:
2016年2月2日(火) - 2016年2月7日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで、最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
800円
※小学生以下無料
お問い合わせ:
中川 満
TEL 080-4253-0221

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

Lucario Last Live「藍より青し」

2016年2月28日(日)

金沢大学アカペラサークルMelo Meloに所属するアカペラバンド「Lucario」の解散ライブです。2年半の活動の集大成となるライブになります。アカペラを初めて聞く方にも楽しんでもらえるように頑張ります。

期間:
2016年2月28日(日)
17:30〜20:00(開場16:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券800円、当日券1,000円
お問い合わせ:
Lucario
TEL 090-9441-0599
MAIL front999.bekus.ffhs@softbank.ne.jp
シアター21

一般主催イベント

価値創造フォーラム「価値創造に求められるヒト・モノ・コト」

2016年2月27日(土)

金沢市では、金沢のまちをハブとして生まれる交流により、文化や産業など幅広い分野で新しい価値を生み出すことを目指しています。
このフォーラムでは、日本最大級のクリエイターネットワークを有し、クリエイティブの力を用いた地域産業の創出も手がける林千晶氏が基調講演を行います。
パネルディスカッションでは、様々なフィールドで活躍する4名から
新たらしいモノやカタチを生み出すヒントを聞き、金沢らしい価値創造に必要なヒト・モノ・コトを明確にしていきます。
パネリストは、水口克夫、宮田人司、柳井友一、岩崎達也の各氏です。

期間:
2016年2月27日(土)
14:30~16:30(開場14:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料(要事前申込、申込み多数時は抽選)
※住所、氏名、連絡先をご記入の上、はがきまたはメールで金沢市企画調整課まで【2月10日(水)消印有効】
主催:
金沢市
お問い合わせ:
金沢市企画調整課
TEL 076-220-2031(平日9:00~17:45)
FAX 076-264-2535
MAIL kikaku@city.kanazawa.lg.jp
URL http://info.city.kanazawa.ishikawa.jp/webapps/www/event/detail.jsp?id=31267
シアター21

一般主催イベント

第26回金沢学院大学・金沢学院短期大学合唱部定期演奏会

2016年2月21日(日)

昨年度よりも増えた部員たちが、少ない練習時間の中で頑張ってきた一年の成果を、支えてくださった皆様へお届けします。

期間:
2016年2月21日(日)
14:00〜16:00(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券・当日券とも300円
主催:
金沢学院大学・金沢短期大学合唱部
後援:
北國新聞社、テレビ金沢
お問い合わせ:
金沢学院大学・金沢短期大学合唱部広報
MAIL kgu.chorus.pr@gmail.com
URL https://ja-jp.facebook.com/kgu.chorusclub

一般主催イベント

東日本大震災復興支援コンサート しらいみちよ 春でござる

2016年2月19日(金)

春でござる 和ジャズでござる
しらいみちよとジャズミュージシャン(大徳俊幸、坂井紅介、仙道さおり)との東日本大震災復興支援コンサート。

<しらいみちよプロフィール>
マヒナスターズの女性ボーカルとして活躍後、ニューヨークに渡る。
ジャズピアニストの神様ハンク・ジョーンズとの出会いにより、日本のジャズに目覚め、わびさびを音で表現する「音風流(おとふうりゅう)」という独自のジャンルを確立。
源氏物語~花の章~を制作発売。またJCI金沢世界会議のテーマソングを東儀秀樹氏と制作し、ジョイントコンサートを開催。
浅野川を主人公とした女川に菜の花油の灯をともす会発起人。
金沢市の丸文通商株式会社イメージソング制作。
復興支援活動は25年前の雲仙普賢岳の火砕流による被災地から阪神淡路大震災、東日本大震災の被災地へと続いており、震災で亡くなられた方々の数の桜を植樹している。(現在約8千本)
2016年は震災から5年目となり、春と秋に東北各地で鎮魂の桜を植樹し、夏には鎮魂と希望の花火を打ち上げる予定。

『和ジャズ』
この日何が起こるのか?
誰にもわからない!
大徳・坂井・仙道の強力トリオにかかれば100年前のわらべ唄も新しいジャンルへと導かれ全く違う世界へと転がってゆくだろう。
その驚きが何とも言えず心地よいのだ。
2016年春でござる・・・・・
刀を振り下ろしたような歯切れの 良い音と、長い年月をかけて磨き 上げた美しき音をたっぷりとお楽しみいただきたいと思います。

期間:
2016年2月19日(金)
19:00〜20:40(開場18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券、当日券とも3,500円(全席指定)
※チケット取扱先
 石川県音楽堂チケットボックス(TEL 076-232-8632)
 町屋塾(TEL 076-252-3176)
主催:
レクイエムロード実行委員会
後援:
女川に菜の花油の灯をともす会
協力:
丸文通商株式会社
お問い合わせ:
アバンコーポレーション
TEL 0554-56-8435
FAX 0554-56-8436
MAIL onnagawa@gmail.com
シアター21

一般主催イベント

桂まん我ひとり会

2016年2月17日(水)

NHK新人演芸大賞、文化庁芸術祭新人賞受賞、新進気鋭の“桂まん我”。粋で洒落てて、でも泥臭くって、人間臭い…。
そんな落語の中のあったかい登場人物たちを生き生きと表現します。
ぜひ、お見逃しなく!

期間:
2016年2月17日(水)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
19:00〜21:00(開場18:30)
料金:
前売券2,500円、当日券3,000円
※小学生以下の入場はご遠慮ください
※前売券予約URL http://katsura-manga.jimdo.com/自主公演メール予約/
主催:
桂まん我
お問い合わせ:
米朝事務所
TEL 06-6365-8281
MAIL rakugo.manga@gmail.com
URL http://katsura-manga.jimdo.com
シアター21

一般主催イベント

アジア同時代音楽協会(ADOK)第15回定期公演 アジアの作曲家

2016年2月14日(日)

曲目:タズル・タジュディン (1)Sebuah Pantun VII フルートソロのための【マレーのうたVII】、(2)ピアノのための3つの作品 1.Torrent, 2.Mediation of Time, 3.Mediasi Corakan Warna【色相の瞑想】 (3)Selindung Warna ヴァイオリンソロのための【隠された色たち】 (4)Sebuah Pantun IV ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための【マレーのうたIV】
出演:木埜下大祐(フルート)、亀井庸州(ヴァイオリン)、竹本聖子(チェロ)、及川夕美(ピアノ)

期間:
2016年2月14日(日)
15:00~16:45(開場14:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般2,000円、高校生以下無料(要予約)
※チケット取扱先
 金沢21世紀美術館ミュージアムショップ(TEL 076-236-6072)
 (友の会特典:ミュージアムショップ及び当日受付にてチケット料金1割引、要会員証提示)
 石川県音楽堂チケットボックス(TEL 076-232-8632)
 金沢楽器、開進堂楽器センター金沢、うつのみや御経塚ミューズイン
主催:
アジア同時代音楽協会(ADOK)
後援:
日本現代音楽協会、マレーシア作曲家協会、石川県フルート協会、クローバー会、北國新聞社
特別協賛:
菊乃や
協力:
金沢浪漫紀行団、ぱふぉくる
お問い合わせ:
アジア同時代音楽協会(ADOK)
TEL 076-268-9878
MAIL adok.concert@gmail.com

一般主催イベント

Bunka Fashion Renaissance 2016(ブンカファッションルネサンス 2016)

2016年2月11日(木) - 2016年2月12日(金)

みなさんは□(四角)の中にどんな言葉が当てはまると思われますか?
“私”、“身体”、“時代”、“素材”、“デザイン”、“空間”、…というように、たくさんの言葉がすぐに思い浮かんでくることと思います。
“ファッション”は衣服に限らず、様々な分野においても、もはや切り離して考えることが出来ない、一つの重要な要素とされています。
『BUNKA FASHION RENAISSANCE』は、これまで「ファッション」をここ金沢で専門的に学んできた学生たちの、卒業・進級作品の展示会/ファッションショーです。
学生個々人の思いのこもった、作品の数々が、来場くださったみなさんの気持ちを少しHappyにしたり、みなさんの夢を強く後押ししたりすることを、学生をはじめ、スタッフ一同、心から願っております。
私たちはファッションが持つ力を心から、強く信じております。

期間:
2016年2月11日(木) - 2016年2月12日(金)
両日とも(1)14:00〜15:15(開場13:30)(2)17:00~18:15(開場16:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
学校法人金沢文化学園 専門学校金沢文化服装学院
後援:
金沢市、(一社)石川県繊維協会、(一社)いしかわファッション協会、繊研新聞社、北國新聞社
お問い合わせ:
専門学校金沢文化服装学院
TEL 076-242-2330
FAX 076-242-2362
MAIL info@kanabun.ac.jp
URL http://www.kanabun.ac.jp/

一般主催イベント

NIPPON MONO ICHI in 金沢21世紀美術館 開催記念トークイベント

2016年2月7日(日)

オープニングトーク(10:30~12:00)
 「究極のモノづくりSP」能作克治((株)能作代表取締役)
ゲストトーク(13:30~16:00)
 13:30~14:00「地域を元気にするヒット商品の作り方!ブランド作りは大変だ!」吉川精一((株)キッソオ代表取締役)
 14:00~14:30「海外から認められる商品をつくる!」我戸正幸((株)我戸幹男商店代表取締役)
 14:30~15:00「機の音を絶やしてなるものか!~6代目の挑戦~」松井紀子((株)松井機業6代目見習い)
 15:00~15:30「突き抜けろ!伝統工芸が驚きの進化!」北村和義(九谷焼作家九谷竹隆窯)
 15:30~16:00「真似されないものづくりで商機を掴め!」橋本肇((株)福井洋傘代表取締役)

期間:
2016年2月7日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
10:30〜16:00(開場10:00)
料金:
【定員に達しました。当日受付は当日の座席の空き状況によりご案内いたします。】無料(事前申込制)
主催:
中小機構北陸
お問い合わせ:
中小機構北陸本部 NIPPON MONO ICHI 事務局
TEL 076-223-6100
FAX 076-223-5762
MAIL handoson-hokuriku01@smrj.go.jp

一般主催イベント

中田裕二の謡うロマン街道

2016年2月6日(土)

中田裕二のアコースティック弾き語りライブ。

期間:
2016年2月6日(土)
17:00〜19:00(開場16:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券3,800円
主催:
FOB企画
お問い合わせ:
FOB金沢
TEL 076-232-2424
FAX 076-232-3845
URL http://www.fobkikaku.co.jp/

一般主催イベント

NIPPON MONO ICHI in 金沢21世紀美術館 開催記念フォーラム~地域ブランドを想像するためのヒト・モノの役割とは~

2016年2月2日(火)

全国各地において、地域資源を活用したブランドづくりが注目されています。
今回のフォーラムでは、ブランド価値向上のヒントを探るべく、作り手やセレクトショップバイヤー、雑誌編集者、支援機関専門員など各分野の第一線で活躍するメンバーで構成したパネルディスカッションを展開します。
ものづくり・サービスを営む事業者様、その方々を支える支援機関の方々も必見の貴重なフォーラム形式の公開型意見交換会です。
皆様ふるってご参加ください。
(パネリスト 坪井一雄、高橋俊宏、土村真美、能作克治、藤元哲也、ファシリテーター 山本聖)

期間:
2016年2月2日(火)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
13:30〜15:00(開場13:00)
料金:
無料
主催:
中小機構北陸
お問い合わせ:
中小機構北陸本部 NIPPON MONO ICHI 事務局
TEL 076-223-6100
FAX 076-223-5762
MAIL handoson-hokuriku01@smrj.go.jp