ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築

2014年12月6日(土) - 2015年5月10日(日)

「犬のための建築」は、デザイナー・原研哉氏のディレクションのもと、犬の尺度で建築を捉えなおすことで 新たな建築の可能性を模索する、犬と人間の幸福のための真摯な建築プロジェクトです。 2012年11月に公式サイトがオープンし、世界をリードする建築家・デザイナー13組がデザインした「犬のための建築」13作品が、フリーダウンロードできる設計図と共に公開されました。公式サイトでは、設計図をもとに自作した「犬のための建築」の写真を投稿することができ、インタラクティブな交流の場にもなっています。また2012年12月にマイアミの「Design Miami/」にて最初の展覧会が開催された後、ロサンゼルスのロングビーチ・ミュージアム、TOTOギャラリー・間、四川省のZHIアート・ミュージアムに巡回した後、今年2014年に金沢21世紀美術館でも展覧会を開催する運びとなりました。本展では、「犬のための建築」28件31点が、長期インスタレーションルーム、デザインギャラリーと交流ゾーンにかけて一堂に展示されま す。柴犬・スピッツ・パグといった具体的な犬種を特定してデザインされ、それぞれの建築家・デザイナーの個性もにじみ出ている作品の数々をじっくりとご堪能いただけます。
デザインギャラリーでは、「人間と犬のスケールを調整する装置」というコンセプトはそのままに、10数種の形態バリエーションに展開した原研哉氏による《D-TUNNELのボレロ的展開》が、実寸大もしくは縮尺模型として公開されます。また、東京展で投稿された一般の方からのアイディアの中から選ばれた《すきま椅子》は日本初公開となります。
「犬」を通して「建築」の領域を広げてくれる本展覧会、どうぞご期待ください。

企画・ディレクション:原研哉
共同企画:Imprint Venture Lab
参加作家:アトリエ・ワン、伊東豊雄、MVRDV、隈研吾、コンスタンチン・グルチッチ、妹島和世、トラフ建築設計事務所、内藤廣、坂茂、藤本壮介、ライザー+ウメモト、原デザイン研究所、原研哉

© Hiroshi Yoda

ジャパン・アーキテクツ

3.11以後の建築

2014年11月1日(土) - 2015年5月10日(日)

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋がり、地域と人の関係といったソフト面からのアプローチがいかに大事かを考えさせられたのです。さらに未曾有の惨事となった原発事故はエネルギー問題に対しての意識と危機感を急激に高め、環境やエネルギーとの関係に配慮した設計が、今までに増して切実に求められるようになりました。さらにマクロに見ると、少子高齢化に向かい、住宅や公共施設がだぶつくと言われるこれからの日本において、建築家がどのような役割を果たし、どのような未来を描こうとするのか、批判と期待の両方をもって問われるでしょう。こうした社会の変化に自分なりの考え方や手法で向き合う25組の建築家の取り組みを紹介します。

ジャパン・アーキテクツ

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010

2014年11月1日(土) - 2015年3月15日(日)

「ジャパン・アーキテクツ1945–2010」はポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館副館長のフレデリック・ミゲルー氏を監修・キュレーターにお迎えして、戦後日本において大きな役割を果たしてきた日本の建築家たちによる150を超えるプロジェクトを考察し、戦後日本建築史を紹介する展覧会です。戦後に焦土化した国土を復興し始めた1945年から2010年までの65年間を、ミゲルー氏は6つのセクションに分け、各セクションのコンセプトに対応するカラー・コードを用いて、戦後日本建築を独自の視点で刺激的に読み解いています。本展は、日本建築の資料を多数所蔵するパリ・ポンピドゥー・センターからの出品を含め、建築家たちの思考の過程を示す貴重なオリジナル作品約300点によって、日本における建築家たちの業績を展観します。

好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム フードクリエイション+東京大学総合研究博物館

2014年4月26日(土) - 2015年3月31日(火)

※「好奇心をあじわう小部屋」、「好奇心の祝宴」は10月13日で終了いたしました。


今年金沢21世紀美術館は開館10周年を迎えました。「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」は、みなさんとともにこれを祝う「祝宴」の場をつくりあげるプログラムです。その中心となるのは、あらたな「食」の価値を提案する諏訪綾子が主宰するフードクリエイションと、<驚異の部屋>をつくりだす東京大学総合研究博物館。博物館の原点でもある「好奇心」に立ちかえりながら、「あじわい」をテーマに据えた、ユニークなプログラム「好奇心をあじわう小部屋」と「好奇心の祝宴」を開催。あじわいのプログラムは街中へと広がっていきます。

諏訪綾子 《Scent of woman》 2014 Photo: Hiroshi Iwasaki
+ ウシ頭骨 東京大学総合研究博物館

EVENTイベント

映画 / 映像

映画の極意 vol.15

MoMA ニューヨーク近代美術館 映画コレクション

2015年3月13日(金) - 2015年3月15日(日)

MoMAの通称で知られる「ニューヨーク近代美術館」。 その映画部門は、イギリス生まれの映画評論家アイリス・バリーの献身的な努力により、1929年の美術館設立の6年後、1935年に誕生しました。 それから80年、MoMAは膨大なコレクションと野心的な上映プログラムで、常に世界のフィルム・アーカイブ運動をリードし続けてきました。
今回の企画では、映画草創期1905年に撮られた 『ニューヨークの地下鉄』 から、D・W・グリフィスやマック・セネットの短篇、ウォルト・ディズニー自身がつくった貴重なアニメーション、ジョン・ウェインの初主演作に1950年代ハリウッドの黄金時代を彩る作品群、アフリカン・アメリカンによる伝説的なインディペンデント映画、若き日のマーティン・スコセッシ監督が自身の両親を撮った貴重なドキュメンタリーといった多様で魅力的な作品群を美しいヴィンテージ・プリントでご覧いただきます。MoMAの映画コレクションの豊かさと独自性を心ゆくまでご堪能ください。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「3.11以後の建築」展とともに

絵本を読もう

2015年3月27日(金)

絵本を読んだあと、一緒に作品を見に行きましょう。

『ドワーフじいさんのいえづくり』
青山 邦彦  フレーベル館

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
案内人:吉備久美子(エデュケーター)
作品紹介:鷲田めるろ(展覧会担当キュレーター)

造形・映像制作ワークショップ

まるびぃを撮ろう〜 登れ!ノボロボ

2015年3月22日(日)

紙箱で作った「ノボロボ」に小さなカメラをとり付けて、ロボをロープ伝いに登らせながらビデオ撮影しよう!廊下の柱や広場の木の上、君ならどこにロボを登らせる?そこから見たまるびぃは、どんな景色かな?
(進行=木村健/当館エデュケーター)

3.11以後の建築 関連プログラム

トークセッション「市民 × 建築家 × 美術館 ~ 市民ギャラリートライアルを振り返る~」

2015年3月15日(日)

「3.11以後の建築」展の出品作家が、当館「市民ギャラリー」を利用するさまざまな市民とともに、いままでにない展覧会づくりに挑戦した「市民ギャラリートライアル」。64年の歴史を持つ団体展、金沢市内の中学校28校による合同展、精神・知的等に障害のある芸術家たちによる「アウトサイダーアート」展の3組が、「3.11以後の建築」展ゲスト・キュレーターの山崎亮が選んだ建築家とそれぞれ協働しました。会期最終日に本企画の関係者が一堂に会し、市民と美術館の関わり、地域の中での美術館や建築家、デザイナーの役割について語り合います。この貴重な機会にぜひふるってご参加ください。


トライアル第1弾[ 403architecture [dajiba] × モダンアート協会展]
トライアル第2弾[ ドットアーキテクツ × 金沢市小中学校合同展(中学校美術)]
トライアル第3弾[ 垣内光司 × 金沢発信アウトサイダーアートvol.7展]

好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム

ゲリラレストランat 近江町市場

2015年3月14日(土) - 2015年3月15日(日)

「あじわい」や「味覚」をテーマに据え、実際に口に入れてあじわえるユニークで多彩なプログラムを展開する「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」。昨秋の「好奇心の祝宴」に続き、今回は、新幹線開業という街の大きな転換点にあたり、金沢の食を象徴する場である「近江町市場」にゲリラレストランが出現。フードクリエイションが新しい食の価値観を提示します。

金沢ナイトミュージアム2015 北陸新幹線開業記念

ワークショップ 「犬のための建築」をつくろう

2015年3月14日(土)

犬のための建築を考えて、1/5スケールの模型をつくってみよう!紙やスチレンボード、段ボールなどの素材を使って制作します。原デザイン研究所スタッフとpointed-Tのデザイナー三澤遥氏が、講師として皆さんの制作をアシストします。完成した模型は、ホワイトプレーンドック(デザインギャラリーで展示しているものと同じ)と一緒にその場で撮影できます。

※ワークショップ風景や記念写真は美術館WEBやAFD公式サイトでも展開する予定なので、希望されない方は会場でお申し出ください。

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2015年3月(毎週土日)

3月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

「卯辰山のかたち」~25年の軌跡~

2015年3月17日(火) - 2015年3月21日(土)

期間:
2015年3月17日(火) - 2015年3月21日(土)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢卯辰山工芸工房
TEL 076-251-7286
市民ギャラリー

一般主催展覧会

水墨画 墨美会 結成20周年記念展

2015年3月17日(火) - 2015年3月21日(土)

期間:
2015年3月17日(火) - 2015年3月21日(土)
10:00〜17:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
墨美会 宮下
TEL 076-286-1184
市民ギャラリー

一般主催展覧会

「卯辰山のかたち」~研修者作品展~

2015年3月10日(火) - 2015年3月15日(日)

期間:
2015年3月10日(火) - 2015年3月15日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢卯辰山工芸工房
TEL 076-251-7286
市民ギャラリー

一般主催展覧会

MMGリトグラフ版画工房寄贈作品展

2015年3月7日(土) - 2015年3月21日(土)

期間:
2015年3月7日(土) - 2015年3月21日(土)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学美術工芸研究所
TEL 076-262-3531
市民ギャラリー

一般主催展覧会

石川県民書道展覧会

2015年3月4日(水) - 2015年3月8日(日)

書道文化の振興発展をはかることを目的とし、幼児・小中高生から一般迄の作品を広く公募し発表、表彰する。

期間:
2015年3月4日(水) - 2015年3月8日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
石川県書道協会
お問い合わせ:
石川県書道協会
理事長 清水聖鵬
TEL/FAX 0767-52-3931
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第37回 北研写真展

2015年3月3日(火) - 2015年3月8日(日)

主催:北陸研友会(東京写真研究会・北陸部)
後援等:北國新聞社、テレビ金沢

期間:
2015年3月3日(火) - 2015年3月8日(日)
10:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
東京写真研究会北陸部(北陸研友会)として、昭和53年に第一回展を開催し、会派を越えて写真の内容・充実に邁進してきました。今回も、日頃の成果を披露し、皆様方のご指導を仰ぎたいと考えています。
お問い合わせ:
北陸研友会(担当)北山
TEL 076-264-3620

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

一般主催イベント

いわきノート×創造の都

2015年3月8日(日)

【企画内容】
映画「いわきノート」石川上映。
石川県は2007年3月25日に能登半島地震によって被災した土地です。今一度、震災や原発、この日本で生きる私たちが考えなければならないこと、気付かなくてはならないことを映画を通じて伝えたいと考えています。
劇中には、震災後あらたに何かを生み出そうとする人々が多く登場します。「 創造する力」が生み出す想い、可能性をこの映画を通じて共有すると同時に、震災後様々な想いを抱えて生きる人々のあ りのままの姿や声を感じてもらい私たち日本人が持つ「創造する力」について考える機会を提案させていただきたいと考えています。

【上映に合わせたイベント企画案・いわきノート×ふくしま菜!】
いわきノート上映に合わせ、劇中に登場するいわき市農家の方とのコラボイベントを企画しています。震災後、福島での「食」に対する意識は放射能や風評被害といった様々な問題を抱えながらも、より美味しく安全なものを 届けたいという想いで活気づいています。
きっとこれらの想いは、「創造する力」に通じるものがあるのではないかと考え ています。
そして、これをきっかけに福島県産の食品に対する理解や興味をもっていただけたらと思います。

期間:
2015年3月8日(日)
【1回目】10:00〜11:40 【2回目】14:00〜15:40(いずれも開場15分前)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券500円
主催:
筑波大学 創造的復興プロジェクト
後援:
北國新聞、テレビ金沢
お問い合わせ:
筑波大学 創造的復興プロジェクト室
TEL 029-853-2813
FAX 029-853-2813
MAIL cr@geijutsu.tsukuba.ac.jp
URL http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/~cr/iwakinote/
シアター21

一般主催イベント

田島貴男「弾き語りツアー2015」

2015年3月1日(日)

期間:
2015年3月1日(日)
18:00〜20:00(開場 17:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
5,900円(前売券5,400円)
主催:
FOB
お問い合わせ:
FOB金沢
TEL 076-232-2424
HP http://www.fobkikaku.co.jp