ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築

2014年12月6日(土) - 2015年5月10日(日)

「犬のための建築」は、デザイナー・原研哉氏のディレクションのもと、犬の尺度で建築を捉えなおすことで 新たな建築の可能性を模索する、犬と人間の幸福のための真摯な建築プロジェクトです。 2012年11月に公式サイトがオープンし、世界をリードする建築家・デザイナー13組がデザインした「犬のための建築」13作品が、フリーダウンロードできる設計図と共に公開されました。公式サイトでは、設計図をもとに自作した「犬のための建築」の写真を投稿することができ、インタラクティブな交流の場にもなっています。また2012年12月にマイアミの「Design Miami/」にて最初の展覧会が開催された後、ロサンゼルスのロングビーチ・ミュージアム、TOTOギャラリー・間、四川省のZHIアート・ミュージアムに巡回した後、今年2014年に金沢21世紀美術館でも展覧会を開催する運びとなりました。本展では、「犬のための建築」28件31点が、長期インスタレーションルーム、デザインギャラリーと交流ゾーンにかけて一堂に展示されま す。柴犬・スピッツ・パグといった具体的な犬種を特定してデザインされ、それぞれの建築家・デザイナーの個性もにじみ出ている作品の数々をじっくりとご堪能いただけます。
デザインギャラリーでは、「人間と犬のスケールを調整する装置」というコンセプトはそのままに、10数種の形態バリエーションに展開した原研哉氏による《D-TUNNELのボレロ的展開》が、実寸大もしくは縮尺模型として公開されます。また、東京展で投稿された一般の方からのアイディアの中から選ばれた《すきま椅子》は日本初公開となります。
「犬」を通して「建築」の領域を広げてくれる本展覧会、どうぞご期待ください。

企画・ディレクション:原研哉
共同企画:Imprint Venture Lab
参加作家:アトリエ・ワン、伊東豊雄、MVRDV、隈研吾、コンスタンチン・グルチッチ、妹島和世、トラフ建築設計事務所、内藤廣、坂茂、藤本壮介、ライザー+ウメモト、原デザイン研究所、原研哉

© Hiroshi Yoda

ジャパン・アーキテクツ

3.11以後の建築

2014年11月1日(土) - 2015年5月10日(日)

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋がり、地域と人の関係といったソフト面からのアプローチがいかに大事かを考えさせられたのです。さらに未曾有の惨事となった原発事故はエネルギー問題に対しての意識と危機感を急激に高め、環境やエネルギーとの関係に配慮した設計が、今までに増して切実に求められるようになりました。さらにマクロに見ると、少子高齢化に向かい、住宅や公共施設がだぶつくと言われるこれからの日本において、建築家がどのような役割を果たし、どのような未来を描こうとするのか、批判と期待の両方をもって問われるでしょう。こうした社会の変化に自分なりの考え方や手法で向き合う25組の建築家の取り組みを紹介します。

ジャパン・アーキテクツ

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010

2014年11月1日(土) - 2015年3月15日(日)

「ジャパン・アーキテクツ1945–2010」はポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館副館長のフレデリック・ミゲルー氏を監修・キュレーターにお迎えして、戦後日本において大きな役割を果たしてきた日本の建築家たちによる150を超えるプロジェクトを考察し、戦後日本建築史を紹介する展覧会です。戦後に焦土化した国土を復興し始めた1945年から2010年までの65年間を、ミゲルー氏は6つのセクションに分け、各セクションのコンセプトに対応するカラー・コードを用いて、戦後日本建築を独自の視点で刺激的に読み解いています。本展は、日本建築の資料を多数所蔵するパリ・ポンピドゥー・センターからの出品を含め、建築家たちの思考の過程を示す貴重なオリジナル作品約300点によって、日本における建築家たちの業績を展観します。

好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム フードクリエイション+東京大学総合研究博物館

2014年4月26日(土) - 2015年3月31日(火)

※「好奇心をあじわう小部屋」、「好奇心の祝宴」は10月13日で終了いたしました。


今年金沢21世紀美術館は開館10周年を迎えました。「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」は、みなさんとともにこれを祝う「祝宴」の場をつくりあげるプログラムです。その中心となるのは、あらたな「食」の価値を提案する諏訪綾子が主宰するフードクリエイションと、<驚異の部屋>をつくりだす東京大学総合研究博物館。博物館の原点でもある「好奇心」に立ちかえりながら、「あじわい」をテーマに据えた、ユニークなプログラム「好奇心をあじわう小部屋」と「好奇心の祝宴」を開催。あじわいのプログラムは街中へと広がっていきます。

諏訪綾子 《Scent of woman》 2014 Photo: Hiroshi Iwasaki
+ ウシ頭骨 東京大学総合研究博物館

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む vol.16

エレガンスは学ぶことが可能か?

2015年2月28日(土)

これまで歴史や文化、アート、食文化、ライフスタイルなど、様々な角度から時代を切り取るトークを繰り広げてきた「フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む」。
日常の様々なシーンからパリジェンヌの生き方を読み解いた前回に続き、そのライフスタイルを貫く重要な要素でもある「エレガンス」とは何か?またエレガンスは学ぶことが可能か?モレシャン流の視点でお話しします。

ミュージック

金沢21世紀美術館 友の会

Special Concert 2015 Throwing a Spoon

2015年2月11日(水)

隙のある曲作りと、節度ある即興によって極上の楽曲を構築するピアノとチェロのデュオThrowing a Spoonをお迎えします。チェロの艶やかな音は、空気の震えまで身体に伝わり、ピアノの滑らかな音の余韻は、そっと優しく空気に溶けていくことでしょう。
本公演では、2014年に発表したアルバム「awakening」からの楽曲を中心にお届けします。
深みのある音色が春を待つ空に響き渡ります。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010 関連プログラム

シンポジウム「ヒストリー・オブ・ジャパン・アーキテクツ」

2015年2月21日(土)

「ジャパン・アーキテクツ1945-2010」展は、戦後日本の建築を総覧するはじめての展覧会です。この展覧会開催を機会として、戦後から現代に至る建築の歴史的展開をいかに読み解くべきか、建築史家の包括的な視点から語っていただきます。
本展で紹介されている、それぞれの時代を画する建築作品はいかなる文脈の上にあり、そこにどのような歴史的な意味を読み取るべきなのか。そしてまた個々の作品を越えてそこにどのような文脈のうねりが現れており、どのように現代へと繋がっているのか。こうした問いに建築史はいかに答えるでしょうか。

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010 関連プログラム

磯崎新講演会「『わ』空間の建築家」

2015年2月20日(金)

「ジャパン・アーキテクツ 1945-2010」開催を記念して、出品建築家・磯崎新氏による「『わ』空間の建築家」と題する講演会を開催します。
本展覧会の企画者であるポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館のキュレーター、フレデリック・ミゲルー氏による戦後日本の建築についての考察は、磯崎氏の作品《ふたたび廃墟になったヒロシマ》(1968)に象徴される、焦土化した国土を復興しはじめた1945年を起点にしています。磯崎氏は本展のカタログに「『わ』空間の建築家」のテキストを寄せ、日本の文化空間の変容が建築に与えた影響について歴史を軸に紐解いています。本講演会においても、同名のタイトルで独自の視点で読み解く日本の建築についてお話いただきます。

「犬のための建築」展とともに

絵本を読もう

2015年2月7日(土)

絵本を読んだあと、一緒に作品を見に行きましょう。

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品紹介:立松由美子(展覧会担当コーディネーター)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2015年2月(毎週土日)

2月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸卒業制作展

2015年2月20日(金) - 2015年2月27日(金)

期間:
2015年2月20日(金) - 2015年2月27日(金)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸大学大学院修士修了作品展・博士後期課程研究作品展

2015年2月11日(水) - 2015年2月17日(火)

期間:
2015年2月11日(水) - 2015年2月17日(火)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531

一般主催展覧会

金澤老舗百年會 創立30周年記念事業「金澤老舗百年展」

2015年2月4日(水) - 2015年2月8日(日)

主催:金澤老舗百年會

期間:
2015年2月4日(水) - 2015年2月8日(日)
10:00〜18:00(金土曜日20:00まで、最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
金沢老舗百年展「いまに生きる老舗」は、当会の創立30周年を記念し、当会会員企業の“伝統と革新”の生き様を皆様に知って頂きたく開催したものです。各企業に伝わる看板や法被などの商売道具や所蔵品は今日に至るまでの歩みとしてご覧頂けるとともに、今も金沢の地で商いを続けさせて頂いている各企業の心意気をお感じ頂ければ幸いです。
お問い合わせ:
金澤老舗百年會事務局
金沢市尾山町9-13(金沢商工会議所)
TEL 076-263-1155
FAX 076-261-6500
URL http://www.kanazawa-cci.or.jp/shinise
市民ギャラリー

一般主催展覧会

創立110周年金城学園 第38回金城大学短期大学部美術科卒業制作展

2015年2月4日(水) - 2015年2月8日(日)

期間:
2015年2月4日(水) - 2015年2月8日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
金城大学短期大学部
TEL 076-276-4411
市民ギャラリー

一般主催展覧会

平成27年石川県書きぞめ展覧会・表彰式

2015年1月30日(金) - 2015年2月1日(日)

県下学生及び一般の書きぞめ作品を公募し審査の上、優秀作品を市民ギャラリーBに展示する。最終日2月1日(日)にシアター21において表彰式を行う。

期間:
2015年1月30日(金) - 2015年2月1日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
料金:無料
主催:
石川県書道教育研究会
後援等:
石川県教育委員会、北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、金沢ケーブルテレビネット
お問い合わせ:
石川県書道教育研究会
中田 俊郎
TEL 076-223-7611
FAX 076-223-7617
MAIL i-shoken@pony.ocn.ne.jp
HP http://i-shoken.com/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第45回 石川県勤労者 早春書画・生花展

2015年1月29日(木) - 2015年2月1日(日)

期間:
2015年1月29日(木) - 2015年2月1日(日)
10:00〜18:00(最終日13:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
石川県勤労者文化協会:浅野
TEL 076-231-1746

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

ロジャー・ターナー金沢公演2015

2015年2月24日(火)

2013年にも、今はなき小将町kapoで演奏している。
そしてデレク・ベイリーやエヴァン・パーカーのような英国インプロバイズド・ミュージックの大御所とも共演歴のあるベテラン・パーカッショニスト、ロジャー・ターナー氏を再度招いて、コンサートを開催します。
今回も、金沢のアヴァン・ヴァイオリニスト島田英明とのデュオ、美麗オルガン・ドローンによる演奏が知られ、活発に活動しているASUNAのソロを予定しています。
ご期待ください!

期間:
2015年2月24日(火)
19:30〜21:30(開場 19:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
3,000円(前売券2,500円)
主催:
Pico
お問い合わせ:
TEL 076-245-4191(島田)
MAIL hsppico@gmail.com
URL sites.google.com/site/hsppico
シアター21

一般主催イベント

金城大学短期大学部美術学科 第13回ファッションショーKinjo Art Show Case

2015年2月21日(土)

本学美術学科でファッションを学ぶ学生を中心とするファッションショーの開催。
2年間の集大成として、1人8~10点の作品を発表する。
ショーでは染色を学ぶ学生の浴衣の発表や、ダンス部による演出もある。デザイン・映像コースの学生が制作する映像でもショーを盛り上げる。

期間:
2015年2月21日(土)
16:00〜16:30(開場 15:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
金城大学短期大学
後援:
北国新聞社
お問い合わせ:
金城大学短期大学部(担当)堀
TEL 076-276-4411
FAX 076-275-4183
MAIL chardin@kinjo.ac.jp
URL http://www.kinjo.ac.jp/kjc/

一般主催イベント

VOX OF JOY concert2015中田理恵⇔馨映ヴァレンタインコンサートfeat.OF JOY

2015年2月14日(土)

コーラスユニット「VOX OF JOY」のリーダーRieによる、一夜限りのヴァレンタインラブソングコレクション。ピアノ弾き語り+スペシャルバンド「OF JOY」による、ポップス、ジャズ、ラテン・ミュージカルからクラシックカバーまでお客様のリクエストを中心に、アコースティックなサウンドをお届けします。初のオリジナルインスト曲も発表。ヴァレンタインの夜に聴きたいお気に入りの音楽を。みなさんのリクエストから創るプライベートステージをお楽しみください。

期間:
2015年2月14日(土)
18:00〜20:00(開場 17:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券 4,000円、当日券 4,500円
主催:
VOX OF JOY
後援:
北国新聞社
エフエム石川
お問い合わせ:
VOX OF JOY
TEL 090-4682-4294(中田)
FAX 076-264-9366
MAIL info@voxofjoy.com
URL http://www.voxofjoy.com
シアター21

一般主催イベント

BUNKA FASHION RENAISSANCE 2015(卒業制作展示・ショー)

2015年2月7日(土) - 2015年2月8日(日)

BUNKA FASHION RENAISSANCE 2015は金沢文化服装学院の卒業年次生が中心となり、これまでの「学び」の集大成としてじっくりと時間をかけて企画・制作してきた作品を展示・ショー形式で発表する、本校にとって最大のイベントです。
もちろん、ショーの企画・演出・構成・モデルや展示ディスプレイのすべてを学生が手掛けています。
それぞれの学生の個性とパワー溢れる作品の数々をどうぞご覧ください!

※ショーは11時~、13時~、15時~、19時~(7日のみ)
※1日3回行う公演は全て異なる内容です(7日のみの19時の回は15時の回と同じ内容です)
※1回約30分くらいの内容です

期間:
2015年2月7日(土) - 2015年2月8日(日)
10:00〜17:00
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
金沢文化服装学院
お問い合わせ:
金沢文化服装学院(金沢市清川町1-5)
TEL 076-242-2330
FAX 076-242-2362
MAIL info@kanabun.ac.jp
URL http://www.kanabun.ac.jp