ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築

2014年12月6日(土) - 2015年5月10日(日)

「犬のための建築」は、デザイナー・原研哉氏のディレクションのもと、犬の尺度で建築を捉えなおすことで 新たな建築の可能性を模索する、犬と人間の幸福のための真摯な建築プロジェクトです。 2012年11月に公式サイトがオープンし、世界をリードする建築家・デザイナー13組がデザインした「犬のための建築」13作品が、フリーダウンロードできる設計図と共に公開されました。公式サイトでは、設計図をもとに自作した「犬のための建築」の写真を投稿することができ、インタラクティブな交流の場にもなっています。また2012年12月にマイアミの「Design Miami/」にて最初の展覧会が開催された後、ロサンゼルスのロングビーチ・ミュージアム、TOTOギャラリー・間、四川省のZHIアート・ミュージアムに巡回した後、今年2014年に金沢21世紀美術館でも展覧会を開催する運びとなりました。本展では、「犬のための建築」28件31点が、長期インスタレーションルーム、デザインギャラリーと交流ゾーンにかけて一堂に展示されま す。柴犬・スピッツ・パグといった具体的な犬種を特定してデザインされ、それぞれの建築家・デザイナーの個性もにじみ出ている作品の数々をじっくりとご堪能いただけます。
デザインギャラリーでは、「人間と犬のスケールを調整する装置」というコンセプトはそのままに、10数種の形態バリエーションに展開した原研哉氏による《D-TUNNELのボレロ的展開》が、実寸大もしくは縮尺模型として公開されます。また、東京展で投稿された一般の方からのアイディアの中から選ばれた《すきま椅子》は日本初公開となります。
「犬」を通して「建築」の領域を広げてくれる本展覧会、どうぞご期待ください。

企画・ディレクション:原研哉
共同企画:Imprint Venture Lab
参加作家:アトリエ・ワン、伊東豊雄、MVRDV、隈研吾、コンスタンチン・グルチッチ、妹島和世、トラフ建築設計事務所、内藤廣、坂茂、藤本壮介、ライザー+ウメモト、原デザイン研究所、原研哉

© Hiroshi Yoda

ジャパン・アーキテクツ

3.11以後の建築

2014年11月1日(土) - 2015年5月10日(日)

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋がり、地域と人の関係といったソフト面からのアプローチがいかに大事かを考えさせられたのです。さらに未曾有の惨事となった原発事故はエネルギー問題に対しての意識と危機感を急激に高め、環境やエネルギーとの関係に配慮した設計が、今までに増して切実に求められるようになりました。さらにマクロに見ると、少子高齢化に向かい、住宅や公共施設がだぶつくと言われるこれからの日本において、建築家がどのような役割を果たし、どのような未来を描こうとするのか、批判と期待の両方をもって問われるでしょう。こうした社会の変化に自分なりの考え方や手法で向き合う25組の建築家の取り組みを紹介します。

ジャパン・アーキテクツ

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010

2014年11月1日(土) - 2015年3月15日(日)

「ジャパン・アーキテクツ1945–2010」はポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館副館長のフレデリック・ミゲルー氏を監修・キュレーターにお迎えして、戦後日本において大きな役割を果たしてきた日本の建築家たちによる150を超えるプロジェクトを考察し、戦後日本建築史を紹介する展覧会です。戦後に焦土化した国土を復興し始めた1945年から2010年までの65年間を、ミゲルー氏は6つのセクションに分け、各セクションのコンセプトに対応するカラー・コードを用いて、戦後日本建築を独自の視点で刺激的に読み解いています。本展は、日本建築の資料を多数所蔵するパリ・ポンピドゥー・センターからの出品を含め、建築家たちの思考の過程を示す貴重なオリジナル作品約300点によって、日本における建築家たちの業績を展観します。

好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム フードクリエイション+東京大学総合研究博物館

2014年4月26日(土) - 2015年3月31日(火)

※「好奇心をあじわう小部屋」、「好奇心の祝宴」は10月13日で終了いたしました。


今年金沢21世紀美術館は開館10周年を迎えました。「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」は、みなさんとともにこれを祝う「祝宴」の場をつくりあげるプログラムです。その中心となるのは、あらたな「食」の価値を提案する諏訪綾子が主宰するフードクリエイションと、<驚異の部屋>をつくりだす東京大学総合研究博物館。博物館の原点でもある「好奇心」に立ちかえりながら、「あじわい」をテーマに据えた、ユニークなプログラム「好奇心をあじわう小部屋」と「好奇心の祝宴」を開催。あじわいのプログラムは街中へと広がっていきます。

諏訪綾子 《Scent of woman》 2014 Photo: Hiroshi Iwasaki
+ ウシ頭骨 東京大学総合研究博物館

EVENTイベント

条件に該当する催しがありません。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「ジャパン・アーキテクツ 1945-2010」とともに

絵本を読もう

2015年1月25日(日)

絵本を読んだあと、一緒に作品を見に行きましょう。

書名『すてきにへんな家』
作者 タイガー立石
出版社 福音館書店
出版年 1988

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
案内人:吉備久美子(エデュケーター)
作品紹介:中田耕市(展覧会担当コーディネーター)

3.11以後の建築 関連プログラム

岡啓輔公開制作「RC作製しよう!」

2015年1月20日(火)

2014年11月30日に実施した関連プログラム「RC作製しよう!」で、参加者とともにコンクリートのオブジェを作りました。このオブジェを型枠から外し展示するまでを公開で行います。型枠からオブジェを取り出す様子、その時に現れる模様と型枠との関係をご覧いただけます。

※ご覧いただくには、展覧会場に当日入場可能なチケットが必要です。

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010 関連プログラム

「けんちく体操」 ワークショップ

2015年1月18日(日)

身体を動かして、建築を楽しく学ぶ「けんちく体操」ワークショップ!
ワークショップでは、建築物の写真スライドを見ながら、自分が感じたまま、その建築物の形を自分の身体で表現していきます。建築物の全体でもよし、印象に残った部分もよし。最初はひとりで瞬間的に、そして人数を増やしていって周りの人とアイデアを出し合いながら複雑な形の建物にもトライしていきます。「けんちく体操」には唯一の答えがありません。子どもだからできる表現、大人だからできる表現、その可能性は無限です。次々と建築になりきっていくと、それに博士が分かりやすい解説を加えながら、よりよい体操を選んでいきます。さぁ、あなたの「けんちく体操」は1等になれるでしょうか!? 博士一同、皆さんとお会いできることを楽しみにお待ちしています!

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2015年1月(毎週土日)

1月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

3.11以後の建築 関連プログラム

西村浩レクチャー&ワークショップ 「展示室を芝生でリノベーション」

2015年1月17日(土)

日本の社会が少子高齢化するなかで、地方の中小都市の再生が求められています。自動車依存の生活スタイルと空洞化する中心市街地に増殖する青空駐車場への対応は、その中心的な課題です。西村氏は、佐賀市で、市民とともに青空駐車場や遊休地を「原っぱ」に変えるプロジェクトを行っています。本プログラムでは、西村氏よりこの「わいわい!!コンテナプロジェクト」についてご紹介いただいたあと、参加者とともに展示室内に人工芝を敷くワークショップを行います。敷かれた人工芝は展覧会期終了までそのまま展示します。頭と体を動かしながら、まちづくりと日本の未来を考えるきっかけになればと思います。

※レクチャーとワークショップの片方のみの参加も可能です。レクチャーホールにて約1時間のレクチャーの後、展示室に移動してワークショップを行います。レクチャーのみの場合はチケットは不要です。ワークショップは小さなお子様(3歳程度〜)もご参加いただけます。

2014年度中学生まるびぃアートスクール

座談会「こたつで量子光学  〜ヒカリってなんだ? 科学と美術で中学生と考える」

2015年1月12日(月)

椿さんとシロくま先生が光の専門家・江馬先生をお招きして、こたつを囲んで語り明かします。カッコイイオトナ3人組がサイエンスとアートの両面から「ヒカリとは何か」を考えます。

出演: 椿昇 (現代美術家)、シロくま先生(デザイナー)
ゲスト:江馬一弘(物理学者、上智大学教授)

2014年度中学生まるびぃアートスクール

展覧会「魔法のヒカリ」

2015年1月4日(日) - 2015年1月12日(月)

2014年秋、椿昇さんとシロくま先生が、金沢市内の3つの中学校の美術部員44名と顧問の先生たちと一緒に、5回のワークショップ「魔法のヒカリ」を行いました。これは、それをもとにアーティスト・中学生・先生たちが一緒に作る展覧会です。ぜひご来場ください!!

<制作>
椿昇 (現代美術家)+シロくま先生(デザイナー)
金沢市立西南部中学校美術部
金沢市立緑中学校総合文化部
金沢大学附属中学校美術部

アートライブラリー 開館10周年企画

チラシコレクション ぼくらのキセキ2004-2014

2014年11月26日(水) - 2015年1月25日(日)

アートライブラリーでは10年分の展覧会チラシを揃え、金沢21世紀美術館の歴史を振り返りながら、言葉だけでは伝えられない・感じ取れないそれぞれの展覧会の世界を今一度届けます。

金沢21世紀美術館の新たな歴史に向けて、本展が多くの方にとって魅力再発見の機会となることを願っています。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

平成27年石川県書きぞめ展覧会・表彰式

2015年1月30日(金) - 2015年2月1日(日)

県下学生及び一般の書きぞめ作品を公募し審査の上、優秀作品を市民ギャラリーBに展示する。最終日2月1日(日)にシアター21において表彰式を行う。

期間:
2015年1月30日(金) - 2015年2月1日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
料金:無料
主催:
石川県書道教育研究会
後援等:
石川県教育委員会、北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、金沢ケーブルテレビネット
お問い合わせ:
石川県書道教育研究会
中田 俊郎
TEL 076-223-7611
FAX 076-223-7617
MAIL i-shoken@pony.ocn.ne.jp
HP http://i-shoken.com/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第45回 石川県勤労者 早春書画・生花展

2015年1月29日(木) - 2015年2月1日(日)

期間:
2015年1月29日(木) - 2015年2月1日(日)
10:00〜18:00(最終日13:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
石川県勤労者文化協会:浅野
TEL 076-231-1746
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第40回記念松映水墨画塾水暈墨章展

2015年1月20日(火) - 2015年1月25日(日)

小川伸洋を主宰とする松映水墨画塾一門会員が日本独特の水墨画の継承と、石川県の水墨画発展向上を目指し日頃の研鑽の成果を発表します。墨の濃淡やぼかしと余白の美が特徴の「和の水墨」を基調とした作品を約100点展示します。

期間:
2015年1月20日(火) - 2015年1月25日(日)
10:00〜17:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
料金:無料
主催:
松映水墨画塾
後援等:
北國新聞社、石川県水墨画協会
お問い合わせ:
松映水墨画塾
事務局 山上憲治
TEL 0761-21-1507
MAIL kenyama@mirror.ocn.ne.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

2015一陽会石川支部 新春展

2015年1月20日(火) - 2015年1月25日(日)

期間:
2015年1月20日(火) - 2015年1月25日(日)
10:00〜17:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
白井 正浩
TEL 076-280-9660
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢市小中学校合同展(図工・美術・書写・書道・華道)~輝け!未来の巨匠たち~

2015年1月4日(日) - 2015年1月14日(水)

「子供たちは未来の巨匠である」というコンセプトで開催される金沢市小中学校合同展では約8,000点の子供たちの力作をギャラリーに展示します。子供たちの想いのつまった、夢あふれ、輝く作品が皆様をお待ちしています。

期間:
2015年1月4日(日) - 2015年1月14日(水)
10:00〜18:00(最終日14:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)でも開催
料金:
料金:無料
主催:
金沢市教育委員会
後援等:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]、金沢市小学校教育研究会(図工部会、国語部会)、金沢市中学校教育研究会(美術部会、書写部会)、金沢市中学校文化連盟(美術部会、書道部会、華道部会)
お問い合わせ:
〒920-0862
石川県金沢市芳斉2-3-8
金沢市教育委員会 学校指導課
TEL 076-220-2449
FAX 076-223-4602
MAIL gakkou_k@city.kanazawa.lg.jp

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

space of healing

2015年1月25日(日)

アルパ(インディアンハーブ)・ピアノ・声楽・お話の発表会です。
南米のアルパの音色やピアノの音色にあわせての音楽物語(朗読)のステージです。

期間:
2015年1月25日(日)
13:30〜16:00(開場 13:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
太郎田真理トーク&ミュージックスタジオ 金沢アルパクラブ
お問い合わせ:
金沢アルパクラブ
岡田(090-8261-6993/arpahime@gmail.com)
シアター21

一般主催イベント

キセル『明るい幻』Release Tour 2015

2015年1月24日(土)

12/3にオリジナルアルバムをリリース予定。
それに伴う4年半ぶりの全国コンサートツアー。

期間:
2015年1月24日(土)
18:00〜20:00(開場 17:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券3,800円(当日券未定)
主催:
FOB企画
お問い合わせ:
FOB企画金沢
TEL 076-232-2424
FAX 076-232-3845
シアター21

一般主催イベント

第16回千年大賞

2015年1月16日(金)

「新しい時代を感じさせるユニフォーム」をテーマにしたファッションコンクールです。
全国からの応募の中からグランプリを決める最終審査を公開ファッションショー形式で開催します。

期間:
2015年1月16日(金)
14:00〜15:30(開場 13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
公益財団法人ヤギメセナファンデーション
お問い合わせ:
千年大賞事務局
TEL 050-3541-7770
FAX 076-237-1275
HP http://www.yagi.co.jp
シアター21

一般主催イベント

新春・ありがたや・コンサート in 金沢

2015年1月11日(日)

お父さん、お母さん、じいちゃん、ばあちゃんが知ってる、聴きたい歌!中高齢者の方々へ。なつかしの昭和の思い出ソング!ボーカル&ソロ「ちゃ茶」が青春ヒット歌謡曲・フォークソング他を熱唱。出演は「ちゃ茶」の素敵なハーモニー・ソロボーカル&ギター、和輝のぼる、まな、伊藤ひろみ。素敵なゲストには「MISTY」(シンガーソングライター)、ピアノ・フルートの琴演奏バンド「ひぐらし」、一川明宏(津軽三味線)、本多凜(全国で数々の優勝の津軽三味線)

期間:
2015年1月11日(日)
14:00〜15:50(開場13:20)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売800円 / 当日1,000円
主催:
あーちすと金沢・KFT
後援:
北國新聞社
協賛:
未来の音響、イベント企画「アーポット」
お問い合わせ:
あーちすと金沢・KFT
TEL 090-8960-1090
MAIL tomomisa.naru2013@gmail.com