ジャパン・アーキテクツ

3.11以後の建築

2014年11月1日(土) - 2015年5月10日(日)

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋がり、地域と人の関係といったソフト面からのアプローチがいかに大事かを考えさせられたのです。さらに未曾有の惨事となった原発事故はエネルギー問題に対しての意識と危機感を急激に高め、環境やエネルギーとの関係に配慮した設計が、今までに増して切実に求められるようになりました。さらにマクロに見ると、少子高齢化に向かい、住宅や公共施設がだぶつくと言われるこれからの日本において、建築家がどのような役割を果たし、どのような未来を描こうとするのか、批判と期待の両方をもって問われるでしょう。こうした社会の変化に自分なりの考え方や手法で向き合う25組の建築家の取り組みを紹介します。

ジャパン・アーキテクツ

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010

2014年11月1日(土) - 2015年3月15日(日)

「ジャパン・アーキテクツ1945–2010」はポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館副館長のフレデリック・ミゲルー氏を監修・キュレーターにお迎えして、戦後日本において大きな役割を果たしてきた日本の建築家たちによる150を超えるプロジェクトを考察し、戦後日本建築史を紹介する展覧会です。戦後に焦土化した国土を復興し始めた1945年から2010年までの65年間を、ミゲルー氏は6つのセクションに分け、各セクションのコンセプトに対応するカラー・コードを用いて、戦後日本建築を独自の視点で刺激的に読み解いています。本展は、日本建築の資料を多数所蔵するパリ・ポンピドゥー・センターからの出品を含め、建築家たちの思考の過程を示す貴重なオリジナル作品約300点によって、日本における建築家たちの業績を展観します。

鈴木康広「見立て」の実験室

2014年9月13日(土) - 2014年11月24日(月)

「鈴木の見立て+みんなの見立て=見立ての実験室」

日常生活で「これは何かと似ている」と思うことがあります。このように、あるものを別のものとして表す技法を「見立て」といいます。鈴木康広は船の航跡をファスナーに、剣玉の赤い玉をリンゴに見立てるなど、見慣れたものや現象を独自の視点で捉え、世界の見方を広げる作品を発表しています。
今秋、金沢21 世紀美術館は美術館や金沢のまちを見つめ直す機会として、見立てをテーマとするプロジェクト展示を鈴木「室長」、そしてプロジェクト・メンバーである「研究員」とともに実施します。

鈴木康広の「ものの見方や捉え方」を体感しませんか? きっとあなたの「ものの見え方」にも変化がうまれることでしょう。

「バウムクーヘンの美術館」 2014

アペルト1

金光男 White light White heat

2014年9月13日(土) - 2014年11月24日(月)

本展「金光男(KIM Mitsuo) White light White heat」は、今まさに興りつつある新しい動向に目を向けて、新進気鋭の若手作家を個展形式で紹介する新しいシリーズ「アペルト」の第1回目です。
金光男はシルク・スクリーンの技法を使って、イメージの反復と、反復にたぐりよせられたイメージ間の関係性を模索しています。板にパラフィン・ワックスを薄く敷き、その上にシルク・スクリーンで画像を転写しただけでなく、その表面に熱を加え、パラフィン・ワックスが溶融してイメージが崩壊する寸前で固められた作品群。イメージが完全に崩れ、パラフィン・ワックスと共に溶け出したインクの部分は無地に戻り、虚無な空間として残されています。平面でありながら、ワックスの盛り上がりによってかき乱された表面は、そのまま金自身の身体行為の痕跡でもあるのです。フェンスや梯子の、崩れてはっきりとしない輪郭によって、曖昧な境界の向こう側に、もうひとつの光の世界が感じられます。素材と技法の特徴を生かしながら、相対する現象が同じ世界にあることを暗示させ、本来のあるべき姿から本質を失っている状態を可視化しようとしています。

立松由美子(金沢21世紀美術館 コンサベーター/キュレーター)

好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム フードクリエイション+東京大学総合研究博物館

2014年4月26日(土) - 2015年3月31日(火)

※「好奇心をあじわう小部屋」、「好奇心の祝宴」は10月13日で終了いたしました。


今年金沢21世紀美術館は開館10周年を迎えました。「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」は、みなさんとともにこれを祝う「祝宴」の場をつくりあげるプログラムです。その中心となるのは、あらたな「食」の価値を提案する諏訪綾子が主宰するフードクリエイションと、<驚異の部屋>をつくりだす東京大学総合研究博物館。博物館の原点でもある「好奇心」に立ちかえりながら、「あじわい」をテーマに据えた、ユニークなプログラム「好奇心をあじわう小部屋」と「好奇心の祝宴」を開催。あじわいのプログラムは街中へと広がっていきます。

諏訪綾子 《Scent of woman》 2014 Photo: Hiroshi Iwasaki
+ ウシ頭骨 東京大学総合研究博物館

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む vol.15

パリジェンヌの1日

2014年11月29日(土)

これまで歴史や文化、アート、食文化、ライフスタイルなど、様々な角度から時代を切り取るトークを繰り広げてきた「フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む」。
生粋のパリジェンヌであるモレシャンが、パリジェンヌの生き方について、会話や振舞い、カフェテラスやクローゼットの中身など、なにげない普段の生活の一場面からアプローチし、その本質に迫ります。

映画 / 映像

まるびぃシネマ・パラダイス! vol.1

白黒からカラーまで…フィルム、綺麗。

2014年11月8日(土) - 2014年11月9日(日)

東京国立近代美術館フィルムセンターでは、各映画会社の協力のもと、デジタル技術を活用したフィルムの修復・復元に取り組んでいます。今回の特集では、フィルムセンターでデジタル復元された作品の中から、長編・短編合わせて、9作品を選びました。白黒からカラーまで、アニメも実写も無声も…。鮮やかに蘇ったフィルムの魅力をご紹介します。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

3.11以後の建築 関連プログラム

「RC作製しよう!」 ―コンクリートで形をつくる―

2014年11月30日(日)

出品建築家の一人、岡啓輔は、東京の真ん中に9年がかりでコンクリートビルをセルフビルドしています。身近な建築素材であるコンクリートですが、プロの職人でない限り、実際に打ったことのある人は少ないでしょう。しかし、工法さえ工夫すれば、誰もが扱うことのできる素材です。ワークショップでは、セメントを練り、型枠に流し込んでコンクリートをつくります。つくったコンクリートは会期中、「3.11以後の建築」展会場に展示されます。

アートライブラリー 開館10周年企画

チラシコレクション ぼくらのキセキ2004-2014

2014年11月26日(水) - 2015年1月25日(日)

アートライブラリーでは10年分の展覧会チラシを揃え、金沢21世紀美術館の歴史を振り返りながら、言葉だけでは伝えられない・感じ取れないそれぞれの展覧会の世界を今一度届けます。

金沢21世紀美術館の新たな歴史に向けて、本展が多くの方にとって魅力再発見の機会となることを願っています。

鈴木康広「見立て」の実験室 クロージング・プログラム

金沢「 見立て」 学会

2014年11月24日(月)

鈴木室長と研究員が展覧会を振り返りながら、テーマ別の「見立て」やそれぞれが実感した「ものの見方や捉え方」の変化などについて発表します。ご来場の皆さまと視点を共有・交換することで、実験室での活動を日常生活へとつないでいきます。










11:00〜13:00(開場10:45)
会場:レクチャーホール *
研究員と室長による見立て報告会
14:00~17:00
会場:デザインギャラリー
週末プログラム「研究員と見立ての実験をしよう」

*会場が(プロジェクト工房から)変更になりました。

アペルト1「金光男 White light White heat」関連プログラム

レクチャー / 対談 「後成的風景」

2014年11月23日(日)

「後成的風景」とは、C. H. Waddingtonが1942年に生物学、発生学の分野で唱えた世界の見方です。木幡和枝さんをお招きし、「後成的風景」をテーマに1970年代から風景、都市工学、イメージの進化について応用された隠喩という視点でお話いただきます。
周囲(社会、世界)はこう見える、という作品から、こういう見方をしたいという姿勢(メディア)の独自の工夫へ踏み込む作家が少ない昨今の美術界の状況についても、金光男さんの作品世界に触れていただきながら作家との対談も行います。

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010 関連プログラム

安藤忠雄講演会「地方都市の可能性をつくる」

2014年11月22日(土)

日本を代表する建築家であり、国際的に活躍する安藤忠雄氏を講師にお招きし、安藤氏のこれまでの活動、そして建築、まちづくりに対する考えを語っていただきます。なお、講演会前後には安藤氏のサイン会も実施予定です。

鈴木康広「見立て」の実験室

オープンラボ:「見立ての実験室」1日開放デー

2014年11月3日(月)

鈴木「室長」とプロジェクト・メンバーである「研究員」が今まで取り組んできた「見立て」について発表し、ご来場の皆さまにも参加してもらう「見立ての実験室」を1日開放します。室長が教鞭を執る武蔵野美術大学の鈴木ゼミの学生も「客員研究員」として登場します。

会場の外では、円形の美術館を眺めながらバウムクーヘンづくりに挑戦します。どこまで年輪を重ねられるか、お楽しみに!

10:00バウムクーヘンづくり開始( 15:00 頃まで)
研究員による発表「 見立ての数字と見立ての地図」
11:00客員研究員による発表「 見立ての文庫」
12:00(昼休み)
13:00室長と研究員による合同発表「 見立ての観光地」
14:00参加プログラム
「人間バウムクーヘンをつくろう」「 バウムクーヘンの美術館をつくろう」 ほか
16:00終了

3.11以後の建築 関連プログラム

五十嵐太郎 × 山崎亮 × 小野田泰明 鼎談 「3.11以後の建築」

2014年11月2日(日)

時代の転換期に建築家たちはどう向き合うのか。2011年3月11日に起きた東日本大震災は、到来する少子高齢化社会、拡大する都市と地方の格差、エネルギー問題といった課題に対する意識を急激に高めました。前半では、本展ゲスト・キュレーターである五十嵐太郎と山崎亮が、展覧会出品作品に即しながら、これからの時代に建築はどうあるべきかについて語ります。後半では、本展カタログの寄稿者であり、東日本大震災直後から様々な復興に現場で関わってきた小野田泰明も加わり、具体的な事例をもとに議論します。

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2014年11月(毎週土日祝)

11月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

ジャパン・アーキテクツ 1945-2010 関連プログラム

フレデリック・ミゲルー講演会「ジャパン・アーキテクツ1945–2010」

2014年11月1日(土)

「ジャパン・アーキテクツ1945–2010」(会期:11月1日〜2015年3月15日)は、戦後日本において大きな役割を果たしてきた建築家たちによる150を超えるプロジェクトを考察する展覧会です。当日は、展覧会のキュレーターを務めるフレデリック・ミゲルー氏(ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館副館長)が、自身の長年にわたる調査研究の成果を中心に、歴史上重要と考えられるプロジェクトの数々について語るたいへん貴重な機会です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

鈴木康広「見立て」の実験室 週末プログラム

研究員と見立ての実験をしよう

9月13日(土)〜11月24日(月) の金、土、日、祝日

研究員と「見立ての実験」をしてみましょう。実験室を出る頃には、あなたも見立て名人に!?見聞きするものごとをどんどん見立て、他の人と感想を交換したくなるかもしれません。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸大学教員研究発表展2014-美大のしごと-

2014年11月20日(木) - 2014年11月30日(日)

期間:
2014年11月20日(木) - 2014年11月30日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531
市民ギャラリー

一般主催展覧会

山本二三展

2014年11月13日(木) - 2014年12月14日(日)

期間:
2014年11月13日(木) - 2014年12月14日(日)
10:00〜18:00(最終日は15:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
一般:当日900円 前売700円
高・大生:当日700円 前売500円
小・中生:当日500円 前売300円
※小学生未満は無料
※20名以上の団体および身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方は前売り料金(有料対象者のみ適用)付添人1名は無料
お問い合わせ:
北陸中日新聞事業部
TEL 076-233-4642
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第5回金商菫台卒業生及び在校生美術展

2014年11月11日(火) - 2014年11月16日(日)

期間:
2014年11月11日(火) - 2014年11月16日(日)
10:00〜17:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
岩井
TEL 090-1391-9066
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第19回「素敵にホビーライフ」手づくりメッセージ

2014年11月11日(火) - 2014年11月16日(日)

期間:
2014年11月11日(火) - 2014年11月16日(日)
10:00〜17:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
白鳥学園
TEL 076-221-7716
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第71回北國写真展

2014年11月5日(水) - 2014年11月9日(日)

期間:
2014年11月5日(水) - 2014年11月9日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
500円
※中学生以下無料
お問い合わせ:
北國写真連盟
TEL 076-260-3581
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第42回 一泉桜美会美術展

2014年10月28日(火) - 2014年11月3日(月)

期間:
2014年10月28日(火) - 2014年11月3日(月)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
茶屋 勝也
TEL 076-298-6136
市民ギャラリー

一般主催展覧会

2014 Kanazawa モダンアート展

2014年10月28日(火) - 2014年11月3日(月)

期間:
2014年10月28日(火) - 2014年11月3日(月)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
夢スタジオ
出村まさと
TEL 076-240-0606
FAX 076-240-8282
MAIL art@yumestudio.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

ガウディ×井上雄彦-シンクロする創造の源泉-

2014年10月4日(土) - 2014年11月5日(水)

※11月1日から3日は開催時間20:00まで。最終入場は19:30。

期間:
2014年10月4日(土) - 2014年11月5日(水)
10:00〜18:00(最終入場17:30)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
当日券:大人1300円、中高生1000円、小学生800円
前売券:大人1100円、中高生800円、小学生600円
※団体20名以上は前売料金の各100円引き
お問い合わせ:
北國新聞社事業部
TEL 076-260-3581

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

大正琴コンサート「La Verdad The 6th」

2014年11月30日(日)

琴修会(きんしゅうかい)所属のメンバー5人によるアンサンブル演奏会。様々なジャンルの楽曲を大正琴5本で演奏します。

期間:
2014年11月30日(日)
13:30〜15:30(開場 13:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般 1500円 / 高校生以下 1000円
主催:
La Verdadコンサート実行委員会
後援:
公益社団法人大正琴協会、琴修会総本部
お問い合わせ:
大正琴アンサンブルLa Verdad代表:掛上
TEL 090-2125-8120
FAX 076-213-8307
MAIL QZV14041@nifty.com
茶室

一般主催イベント

茶菓と箏曲を味わう

2014年11月22日(土)

期間:
2014年11月22日(土)
会場:
金沢21世紀美術館 茶室
14:00~、16:00~
主催:
ジャポニスム振興会
料金:
会員 1,500円 一般 2,000円
お問い合わせ:
ジャポニスム振興会
TEL 0776-75-2200

一般主催イベント

トヨタ・子どもとアーティストの出会い in 石川 シンポジウム アートで育む子どもたちの居場所

2014年11月22日(土)

トヨタ・子どもとアーティストの出会い石川実行委員会」では、2012年から、石川県内児童館及び放課後児童クラブを対象に、「子どもとアーティストの出会い」ワークショップ事業を展開してきました。学校や家庭とは違う、「子どもたちの居場所」であるこの環境において、子どもたちにアートがどのように作用するのか、その可能性を探り・考えを共有するシンポジウムを開催します。
子どもとアーティストが出会う事により、子ども達が多彩な表現を生み、多様な価値観を身につける第一歩となる事を目指し、「子どもとアーティストの出会い」の可能性について考えたいと思います。多数の方々のご来場をお待ちしております。

期間:
2014年11月22日(土)
13:00〜17:00
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料/要事前申込み
主催:
トヨタ・子どもとアーティストの出会い石川実行委員会、トヨタ自動車株式会社
後援:
石川県、石川県児童館連絡協議会、石川県放課後児童クラブ団体連絡協議会、金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
お問い合わせ:
TEL 090-2038-1497
FAX 076-220-1445
MAILakihiroko@star.odn.jp
URL http://toyotart.exblog.jp

一般主催イベント

ツィクルス「ブラームスの先人たち」第3回

2014年11月20日(木)

第3回:F. ヒラー(1811-1885)

シューマンとブラームスの間の世代で、よりブラームスに大きな影響を与えたと思われる三人のドイツの作曲家展。1人各1回のコンサートを行い、ピアノ三重奏を中心としたプログラム。金澤攝のピアノとオーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーによる。

期間:
2014年11月20日(木)
19:00〜(開場 18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
各回一律2,000円
チケット取扱:
・県立音楽堂チケットボックス(076-232-8632)
・(株)開進堂楽器(076-221-1544)
主催:
金沢19世紀ピアノ音楽・室内楽研究所
お問い合わせ:
MAIL o.n.k@hotmail.fr
URL http://kanazawa-osamu.jp/

一般主催イベント

三文豪月間シンポジウム「秋聲文学の今日性-いま秋聲がおもしろい!」

2014年11月16日(日)

「金沢の三文豪」と称されながら、地元の人々にもほとんど読まれなくなった小説家・徳田秋聲の魅力を改めて問い直すシンポジウム。何故読まれていないのか、このまま淘汰されるべきものなのか。秋聲研究の重鎮から新進気鋭の伝道者まで、パネリスト4名が語り尽くします。

出演:
・松本徹(三島由紀夫文学館館長、元武蔵野大学教授)
・尾形明子(元東京女学館大学教授)
・紅野謙介(日本大学教授)
・大木志門(山梨大学准教授、元徳田秋聲記念館学芸員)

期間:
2014年11月16日(日)
14:00〜16:30(開場 13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
主催:
公益財団法人 金沢文化振興財団 徳田秋聲記念館
料金:
無料
お問い合わせ:
徳田秋聲記念館
TEL 076-251-4300
FAX 076-251-4301
MAIL shusei@city.kanazawa.ishikawa.jp
シアター21

一般主催イベント

富岡ヤスヤ LIVE PERFORMANCE 2014

2014年11月14日(金)

エレクトーンパフォーマー富岡ヤスヤ、金沢で初の単独ライブ。長野冬季オリンピックモーグル競技での生演奏や、DREAMS COME TRUEのツアーメンバーとしてもパフォーマンスを披露した。

期間:
2014年11月14日(金)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
19:00〜20:30(開場 18:30)
料金:
【前売券】
大人: 3,000円 中高生: 1,000円 親子ペア: 3,500円
(イープラスにて販売)
【当日券】
各種 前売券より500円増
主催:
オフィスブランカ
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
オフィスブランカ
TEL 076-205-4414
MAIL officeblanca@mac.com
URL www.facebook.com/officeblanca
茶室

一般主催イベント

KANAZAWA TORYOE AUTUMN

2014年11月9日(日)

期間:
2014年11月9日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 茶室
11:00~、12:15~、13:45~、15:00~
主催:
公益社団法人金沢青年会議所
料金:
一席1,500円(各回25名)
お問い合わせ:
公益社団法人金沢青年会議所
TEL 076-232-3027
シアター21

一般主催イベント

小松原るな シャンソン・カンツォーネ教室 発表会

2014年11月3日(月)

小松原るなシャンソン・カンツォーネ教室発表会。レッスン生10名程が各2曲、ピアノ伴奏で歌います。

期間:
2014年11月3日(月)
14:00〜16:00(開場 13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売・当日 1,000円
主催:
LUNA club(るなクラブ)
お問い合わせ:
LUNA club: 小松原
TEL 090-8094-2242
MAIL lunadiva5888@yahoo.co.jp