トーマス・ルフ展

2016年12月10日(土) - 2017年3月12日(日)

トーマス・ルフ(1958年ドイツ、ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、1990年代以降、現代の写真表現をリードしてきた存在です。
本展では、世界が注目する写真家の、初期から初公開の最新作までを紹介します。ルフは初期に発表した高さ約2メートルにもなる巨大なポートレート作品で注目されました。それ以降、建築、都市風景、ヌード、天体などさまざまなテーマの作品を展開、それらを通じ、現代人をとりまく世界のあり方についてのユニークなヴィジョンを提示してきました。
私たちの視覚や認識に深く組みこまれた写真というメディアそれ自体も、ルフ作品の重要なテーマのひとつです。ルフは自ら撮影したイメージだけでなく、インターネット上を流通するデジタル画像からコレクションしている古写真まで、あらゆる写真イメージを素材に用い、新たな写真表現の可能性を探究しています。
作品選択や展示構成にルフ自身が参加するなど、作家の全面的な協力を得て実現する今回の展覧会では、未発表の新作を含む作品世界の全貌を紹介します。

工芸とデザインの境目

2016年10月8日(土) - 2017年3月20日(月)

「工芸」か「デザイン」かー。
工芸とデザインはものづくりという点では同じであるが、両者は異なるジャンルとして区別される。しかしながら、それらをつぶさに観察するまでもなく、両者の間には「デザイン的工芸」また「工芸的デザイン」とも呼べる作品あるいは製品があるように思われる。
本展覧会では、「プロセスと素材」「手と機械」「かたち」「さび(経年変化)」といった観点から工芸とデザインを見つめ直すことによって、それらの曖昧模糊とした境目を浮き彫りにする。それと同時に、最先端技術の発達などによって多様化が進む両者の新たな地平を考察する。

SUPERFLEX One Year Project ― THE LIQUID STATE / 液相

2016年4月29日(金) - 2017年3月12日(日)

SUPERFLEXは、コペンハーゲン(デンマーク)を拠点に活動するヤコブ・フィンガー、ラスムス・ニールセン、ビョルンスティエルネ・クリスチャンセンの3人によるアーティスト・ユニットです。現代社会における既存の制度や枠組みに言及しつつ、コミュニティに対して働きかけ、新しい公共空間の創出を提案しています。
今回は、金沢21世紀美術館の建物を微生物を培養する「シャーレ」に見立て、コミュニティとの関係を「培養」「発酵」「醸成」の3つのキーワードで読み解く、約1年間にわたるプロジェクトに取り組みます。

カタチのたたずまい

2016年10月8日(土) - 2017年3月20日(月)

展覧会「工芸とデザインの境目」の開催に合わせて、技術や素材に重きをおきながら金沢およびその近郊で制作活動をおこなう若手工芸作家4名に焦点をあてた展覧会を開催いたします。「用の美」(あるいは「用と美」)を追求することから生まれ、いわゆる工芸でありながらデザイン的な傾向を示す、洗練された形態(カタチ)を特徴とする作品を展示いたします。
これからの石川の工芸を担う若き作家たちの作品をとおして、工芸における新たな可能性を探ります。

アペルト05

樫木知子 ~Daydream~

2016年9月17日(土) - 2017年1月9日(月)

京都をおもな活動の舞台とする画家、樫木知子(1982年、京都生まれ)。樫木は繊細かつ流麗な描線と透明感のある穏やかな色彩によって、白昼夢のような幻想的な世界を画面に紡ぎ出します。人物をはじめ、多様なモティーフを多層的に描き重ねる樫木独自の描法は、臨場感のある不可思議な絵画空間を現出させ、その異次元世界に観る者を誘い込みます。
本展では京都市立芸術大学大学院在籍中に制作した《タイルの部屋》(2010年)や、本展のために新たに制作した3点の作品など、全7点を展覧します。

《うでピアノ》2015(部分)

アペルト06

武田雄介

2017年1月21日(土) - 2017年5月7日(日)

金沢美術工芸大学博士課程を修了し、金沢を拠点に制作を続けるアーティスト、武田雄介(1985年、広島生まれ)による新作インスタレーション。絵画、写真、映像、音などさまざまなメディアを層的に組み
合わせ、空間を構成します。

《無題(壁紙)》2015

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 ~ 時代を読む vol.22

私のシャネル!

2016年12月10日(土)

アートやファッション、そして現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取るトークシリーズ。今回のテーマは、「シャネル」です。ファッション界に革命を起こしたマドモアゼル・シャネルの人生とモード作品をたどりながら彼女のエレガンスを楽しく学びましょう。

交流イベント

music@rt Season 10

Merry Marubi Christmas 〜クリスマスのおはなし

2016年12月23日(金)

音楽と絵本の朗読で、こころあったまる祝日を。今年のMerry Marubi Christmasは、絵本『クリスマスってなあに?』の朗読とともにこの時期になると米国や欧州の街角で聞こえてくる歌や曲を中心にお届けします。曲にまつわるものがたりや現地での過ごし方などのおはなしも交えながらおうちのリビングルームにいるような、くつろいだひと時を一緒にお過ごしください。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

トーマス・ルフ展

トーマス・ルフ アーティスト・トーク

2016年12月10日(土)

トーマス・ルフ展の開幕を記念してルフ本人によるアーティスト・トークを実施します。聞き手をつとめるのは、同展を担当した2人のキュレーター、増田玲(東京国立近代美術館主任研究員)と中田耕市(金沢21世紀美術館)、及び同展のアート・ディレクションを担当し、グラフィック、カタログ、サインなどを手がけたデザイナーの田中義久。本展に関わったそれぞれの立場からルフに問いを投げかけます。
写真に対する既成概念に揺さぶりをかけ、「写真とは何か」を問いかけ続けるルフの作品にはどのようなアプローチが可能なのか、自身が語る言葉はその手がかりとなることでしょう。

講師:トーマス・ルフ
聞き手:増田玲(東京国立近代美術館主任研究員)
    田中義久(本展アートディレクター)
    中田耕市(当館キュレーター)

※逐次通訳付き

「アペルト05 樫木知子 ~Daydream~」とともに

絵本を読もう

2016年12月11日(日)

絵本を読んだあと、キュレーターと一緒に作品を見に行きましょう。

『やっぱりおおかみ』
佐々木マキ さく・え
福音館書店
1973

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品案内:内呂博之(キュレーター)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2016年12月(毎週土日祝)※12/25(日)まで 

12月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

2016年度中学生まるびぃアートスクール

こたつ座談会『生命』はサンドウィッチ!? 〜科学と美術で考える、人工生命と知能

2017年1月9日(月)

「葉っぱの上にウンチ、ウンチの上に葉っぱ、これなんだ?」 ―アフリカに伝わるというナゾナゾの答えと、その理由とは!? 人工生命の専門家でありサウンドアーティストでもある池上高志先生が、椿昇さんやシロくま先生と共にこたつを囲み、サイエンスとアートとデザインの各分野から生命に迫るドキドキの時間です。あなたも一緒に新しい世界を生き残るヒントを探ろう!

2016年度中学生まるびぃアートスクール

展覧会「魔法のミミ」

2017年1月4日(水) - 2017年1月15日(日)

2016年9月から11月にかけて、金沢市内3校の中学校の美術部員39名が椿昇さん&シロくま先生と一緒にワークショップ「考えかたを考える」を行いました。自分のミミで感じることから始まって、描いたり作ったり…アーティスト・中学生・先生たちが創り上げた世界をぜひご覧ください。

<制作>
椿昇 (現代美術家)+シロくま先生 (デザイナー)
金沢市立泉中学校  美術部
金沢市立野田中学校 美術部
金沢市立北鳴中学校 美術部

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

一般主催展覧会

第44回 一泉桜美会美術展

2016年12月6日(火) - 2016年12月11日(日)

旧制・金沢一中と新制・金沢泉丘高校卒業生の「美の同窓会」です。
旧制・一中の同窓生は、90歳を超えるご高齢でありながら、矍鑠とした作品が出品されております。又、賛同として在校生の若い作品も並んでおります。
同窓生以外の方々も、ご自由に閲覧くださる事を大歓迎いたしております。

期間:
2016年12月6日(火) - 2016年12月11日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
一泉桜美会
後援等:
一泉桜美会、北國新聞、北陸放送、テレビ金沢
お問い合わせ:
一泉桜美会
代表幹事:林 昭悦
TEL076-241-5185
事務局:藤島 寛仁
TEL076-255-1836

一般主催展覧会

2016KANAZAWAモダンアート展

2016年12月6日(火) - 2016年12月11日(日)

金沢21世紀美術館の空間を活かしたインスタレーションをはじめ
モダンアート協会の平面、立体作家のエネルギーが満ちています。

キャプションには作家のメッセージが記載されており、
ギャラリーは気に入った作家のポストカードを
持ち帰ることができます。

期間:
2016年12月6日(火) - 2016年12月11日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
モダンアート協会金沢支部
後援等:
北國新聞社/テレビ金沢
お問い合わせ:
夢スタジオ でむら まさと
TEL090-1316-7177
FAX076-240-8282
メールart@yumestudio.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第六十四回石川県民書道展覧会

2016年12月7日(水) - 2016年12月11日(日)

期間:
2016年12月7日(水) - 2016年12月11日(日)
10:00〜17:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
石川県書道協会
お問い合わせ:
石川県書道協会
清水聖鵬
TEL 0767-52-3931
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第78回一水会金沢展

2016年12月14日(水) - 2016年12月18日(日)

第78回一水会金沢展は、東京都美術館で開催された一水会巡回展として開催します。(中央基本作品、受賞作品、地元出品作品 計164点展示。)
一水会は写実の本道を目指す洋画団体として、有望な新人の発掘と優れた作家の育成に努めています。
県内作家は平明な自然描写のその先にある「内なる美」を探り、それぞれ自由で独自の制作に励んでいます。
金沢での同展は61回目の多くを数えています。

期間:
2016年12月14日(水) - 2016年12月18日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB同時開催
料金:
前売券600円
当日券800円
主催:
一水会・北國新聞社
後援等:
石川県・金沢市・金沢市教育委員会・NHK金沢・北陸放送・テレビ金沢・北國文センター
お問い合わせ:
石川県一水会出品者協会
会長 山本 勇
TEL0761-23-0689
FAX0761-23-0689
メールcoubouyu@tva.ne.jp

一般主催展覧会

MADOGATARI GALLERY

2016年12月22日(木) - 2016年12月25日(日)

東京・大阪・札幌・名古屋にて展開してきたシャフト40年の軌跡、MADOGATARI展。近年、国内・国外問わず芸術性の評価が高まっている金沢21世紀美術館にて、アニメーション制作スタジオ・シャフトが作り出してきた制作過程物を新たな形で展示。
皆様のご来場をお待ちしております。

©SHAFT/MADOGATARI
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」©Magica Quartet/
Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
「〈物語〉シリーズ」©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

期間:
2016年12月22日(木) - 2016年12月25日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
前売入場券=1,300円(税込)
グッズ付前売入場券A/「魔法少女まどか☆マギカ」グッズ引換券付=3,300円(税込)
グッズ付前売入場券B/「〈物語〉シリーズ」グッズ引換券付=3,300円(税込)
当日入場券=1,500円(税込)
※入場日時指定制
※当日券は前売にて販売上限に達しなかった場合のみ販売いたします。
チケット取扱:ローソンチケット
HP:http://l-tike.com/
Lコード:59991
主催:
MADOGATARI製作委員会
お問い合わせ:
MADOGATARI展運営事務局
メールmail@madogatari-info.jp
URL http://www.madogatari.jp/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢市小中学校合同展(図工・美術・書写・書道・華道)~輝け!未来の巨匠たち~

2017年1月4日(水) - 2017年1月15日(日)

「子供たちは未来の巨匠である」というコンセプトで開催される金沢市小中学校合同展では約9,000点の子供たちの力作をギャラリーに展示します。
子供たちの想いのつまった、夢あふれ、輝く作品が皆様をお待ちしています。

期間:
2017年1月4日(水) - 2017年1月15日(日)
10:00〜18:00(最終日の入場は12:30まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)でも開催
料金:
無料
主催:
金沢市教育委員会
後援等:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]、金沢市小学校教育研究会(図工部会、国語部会)、金沢市中学校教育研究会(美術部会、書写部会)、金沢市中学校文化連盟(美術部会、書道部会、華道部会)
お問い合わせ:
〒920-8577
石川県金沢市広坂1-1-1
金沢市教育委員会 学校指導課
TEL 076-220-2436
FAX 076-223-4602
MAIL gakkou_k@city.kanazawa.lg.jp

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

villa collection 第10回公演【あしおと】

2016年12月17日(土) - 2016年12月18日(日)

出演:villa collection(猪島涼介/蜂谷日和)
脚本・演出:蜂谷日和

〜あらすじ〜
再会は刑務所だった。
死刑囚を収容する拘置所に勤務する桜井。
死刑囚として送り込まれた里見。
幼なじみである二人…一歩ずつ近づく現実と小さな檻の中で次第に明らかになっていく当時の真実とは…

期間:
2016年12月17日(土) - 2016年12月18日(日)
(1)17日(土)19:00〜20:30(開場18:30)(2)18日(日)15:00~16:30(開場14:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般 前売券3,000円、当日券3,500円
学生以下 前売券・当日券とも2,000円(当日学生証のご提示をお願いします。)
※チケット予約は主催者お問い合わせsaki
のメールアドレスへ、題名「あしおとチケット予約」(1)お名前、(2)予約の公演日時、(3)チケット枚数、(4)連絡先(電話番号)を明記の上、ご連絡ください。
主催:
villa cllection
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
villa cllection
TEL 070-2156-3939(10:00~18:00 担当ミロク)
MAIL villacollection.i.h@gmail.com

一般主催イベント

矢井田瞳 弾き語りTOUR 16/17 〜ヤイダヒトリ〜

2016年12月23日(金)

期間:
2016年12月23日(金)
17:30〜(開場17:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
【一般発売11/12(土)12:00~】前売券4,500円、当日券未定
主催:
FOB企画
お問い合わせ:
FOB金沢
TEL 076-232-2424(平日11:00~18:00)
URL http://fobkikaku.co.jp