コレクション展2

ダイアリー / 粟津潔と建築

2016年9月10日(土) - 2016年11月27日(日)

ダイアリー
ダイアリーとはラテン語の「一日」を指す「diēs」を語源とした、個人的な日記や日誌を意味することばです。書かれた、あるいは描かれたダイアリーには日々の記録が時間の積層として現れ、そこからは記憶、身体、痕跡、日常、反復といった要素を読み取ることができます。さらに個人が自らのために記したダイアリーは、パブリックに開かれることで「歴史」の一部ともなり得ます。
本展はこうした多様な拡がりを持つ「ダイアリー」というキーワードを手がかりとして、8名のアーティストによる作品を紹介します。過去の行為や出来事の記憶がかたちを伴って作品として現れるとき、私たちはそこにどのような「ダイアリー」を発見できるのでしょうか。

粟津潔、マクリヒロゲル 3 粟津潔と建築
金沢21世紀美術館は、約4000件の粟津潔の作品・資料をコレクションしています。「粟津潔、マクリヒロゲル」は、2014年より開催している小特集展示のシリーズで、粟津のコレクションを毎回異なる切り口で紹介しています。
3回目にあたる本展は、「建築」がテーマです。粟津は、1960年代の前衛的な建築運動「メタボリズム」に参加したことを契機に、多くの建築家と協働しながら空間的、環境的デザインを展開し、さらに、印刷メディアを通じて建築運動にも寄与しました。大衆に開くことを目指したモダニズムのデザインに、日本の伝統を再解釈して繋げた点に、粟津の独自性があります。本展では3つのセクション「メタボリズムと万博」「建築家との協働」「建築雑誌のデザイン」に分け、粟津のデザインが同時代の建築運動と共鳴し、それを豊かに増幅させた軌跡を紹介します。

SUPERFLEX One Year Project ― THE LIQUID STATE / 液相

2016年4月29日(金) - 2016年11月27日(日)

SUPERFLEXは、コペンハーゲン(デンマーク)を拠点に活動するヤコブ・フィンガー、ラスムス・ニールセン、ビョルンスティエルネ・クリスチャンセンの3人によるアーティスト・ユニットです。現代社会における既存の制度や枠組みに言及しつつ、コミュニティに対して働きかけ、新しい公共空間の創出を提案しています。
今回は、金沢21世紀美術館の建物を微生物を培養する「シャーレ」に見立て、コミュニティとの関係を「培養」「発酵」「醸成」の3つのキーワードで読み解く、約1年間にわたるプロジェクトに取り組みます。

アペルト05

樫木知子 ~Daydream~

2016年9月17日(土) - 2017年1月9日(月)

京都をおもな活動の舞台とする画家、樫木知子(1982年、京都生まれ)。彼女が繊細かつ流麗な描線と透明感のある穏やかな色彩によって紡ぎだす、白昼夢のような幻想的な世界をご紹介します。

《うでピアノ》2015(部分)

工芸とデザインの境目

2016年10月8日(土) - 2017年3月20日(月)

「工芸」か「デザイン」かー。
工芸とデザインはものづくりという点では同じであるが、両者は異なるジャンルとして区別される。しかしながら、それらをつぶさに観察するまでもなく、両者の間には「デザイン的工芸」また「工芸的デザイン」とも呼べる作品あるいは製品があるように思われる。
本展覧会では、「プロセスと素材」「手と機械」「かたち」「さび(経年変化)」といった観点から工芸とデザインを見つめ直すことによって、それらの曖昧模糊とした境目を浮き彫りにする。それと同時に、最先端技術の発達などによって多様化が進む両者の新たな地平を考察する。

EVENTイベント

映画 / 映像

まるびぃシネマ・パラダイス! vol.3

アイ色のシンデレラ 〜フィルムにこぼれる宝石たち〜

2016年10月1日(土) - 2016年10月2日(日)

フィルムに魅せられた学生たちが主体となり、企画から運営まで、日本映画史に残る名作をフィルムで上映します。今回の特集はアイドル! 主に80 年代を代表するアイドルたちがその瑞々しい演技をフィルムの中で披露します。テーマは「アイ色のシンデレラ」。少年少女たちのその青春は、愛に満ち溢れていたり、しかしそれは切なかったり、とても新鮮で若々しかったり。夢と現実の狭間で揺れる彼ら・彼女らをやがて待ち受けるものとは?

チケット販売中

パフォーマンス

ヴェルテダンス

CORRECTION

2016年10月8日(土) - 2016年10月9日(日)

床に張りついた靴を履いた7人のダンサーが繰り広げるダンス!?どんなに必死でもがこうと一歩も前へ進むことのできない世界。自由を奪われ、物事を決定する力を奪われた状態の中、ダンサーたちは自分の影と必死の格闘を試みます。異色のクラリネット四重奏が繰り出すモダンミニマルな生演奏との絶妙な掛け合いも見どころ。世界各国の舞台芸術祭で絶賛を浴びる、チェコ共和国のダンスカンパニー、ヴェルテダンスの初来日公演。

Photo: Radek Holes

イベント

オープンまるびぃ2016 ー夜も美術館ー

2016年10月15日(土)

お月見しながら美術館でのんびり。市民美術の日は金沢市民の方は展覧会入場がなんと終日無料!夜の美術館にぴったりなプログラムも。秋の夜、美術館でそぞろ歩きをお楽しみください。

チケット販売中

パフォーマンス

カンパニー・アドリアンM / クレールB

HAKANAÏ

2016年10月15日(土) - 2016年10月16日(日)

現実と夢幻の狭間にある異次元空間へ―。夢の世界にインスピレーションを受け、先端技術を駆使して作り上げるつかみどころのない不可思議な空間に光、 映像、 音楽がダンサーの肉体とともに交差する。ITエンジニアであり、ジャグラーでもあるアドリアン・モンドにより生み出されたフランス気鋭のデジタルアートとパフォーマンスの有機的かつ詩的なマリアージュ。

Photo: Romain Etienne

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

工芸とデザインの境目

講演会「工芸とデザインの境目」

2016年10月9日(日)

「かたち」や「経年変化」、「プロセスと素材」、「手と機械」などをテーマに工芸とデザインを見つめ直し、両者の間に立ち現れてくるものを捉えることによって、多様化の進む両者の新たな地平を考察しようとする「工芸とデザインの境目」展。
本講演会では、展覧会監修の深澤直人氏が、出品作をはじめとする多数の作例をご紹介しながら、工芸とデザインの違い、あるいは両者の共通点などを探り、両者の境目を浮き彫りにします。

講師:深澤直人(本展監修)

「工芸とデザインの境目」とともに

絵本を読もう

2016年10月15日(土)

絵本を読んだあと、キュレーターと一緒に作品を見に行きましょう。

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品案内:内呂博之(展覧会担当キュレーター)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2016年10月(毎週土日祝)※15日(土)、22日(土)は休場

10月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

アートアクアリウム展 ~金沢・金魚の密~

2016年9月16日(金) - 2016年10月14日(金)

「アクアリウム」と「アート」、「デザイン」、「エンターテインメント」を融合させ、変幻自在の水槽デザイン、ハイレベルな水質調整、知り尽くした生体管理とライティング、映像等の最新技術を組み合わせた作品の展覧会

期間:
2016年9月16日(金) - 2016年10月14日(金)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
高校生以上 当日:1,200円、前売:1,100円
中学生以下 当日:600円、前売:500円
※3歳以下無料
主催:
アートアクアリウム展金沢実行委員会(北陸朝日放送、北國新聞社、サンライズプロモーション北陸、テレビ朝日、朝日放送、北海道テレビ、HTBプロモーション、メ~テレ、広島ホームテレビ)
後援等:
石川県、金沢市、公益財団法人金沢芸術創造財団、abn長野朝日放送、福井新聞社、FBC福井放送
お問い合わせ:
アートアクアリウム展金沢実行委員会(北陸朝日放送内)
電話076-269-8826
FAX076-269-8853
メールchizaki@hab.co.jp
URL http://artaquarium.jp/

一般主催展覧会

WEWANTOSEE 日本・ベルギー国際交流美術展in金沢

2016年9月28日(水) - 2016年10月9日(日)

「WEWANTOSEE(ウィーワントゥーシー)日本・ベルギー国際交流美術展in金沢」は、日本・ベルギー友好150周年を記念する文化事業の一環として、両国の美術作家32名が参加する国際交流美術展です。中世の面影を色濃く残すベルギー・ゲント市の姉妹都市として、45年に及ぶ厚みのある国際交流実績を持つ金沢市で、両国ゆかりの美術作家の作品を集めた展覧会を開催し、今後の文化交流と異文化理解にさらなる深みをもたらす事を目的としています。

期間:
2016年9月28日(水) - 2016年10月9日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
日本・ベルギー国際交流美術展in金沢実行委員会(北陸ベルギー友好協会)
後援等:
金沢市、ベルギー大使館、公益財団法人フランダースセンター
お問い合わせ:
本展実行委員会(北陸ベルギー友好協会事務局)
TEL 076-292-3900
FAX 076-292-3901

一般主催展覧会

石川県立工業高等学校創立130周年記念美術展

2016年10月18日(火) - 2016年10月23日(日)

石川県立工業高等学校は創立130周年をむかえました。それを記念して、卒業生の美術作品展を開催します。著名な作家から若手まで119名の絵画、彫刻、工芸、デザイン等々の作品を展示します。130年の歩みとその実績を紹介し、母校の発展に寄与できればと思っています。

期間:
2016年10月18日(火) - 2016年10月23日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
石川県立工業高等学校創立130周年記念実行委員会
後援等:
北國新聞社、テレビ金沢、エフエム金沢、北陸放送、ラジオかなざわ、金沢ケーブルテレビ
お問い合わせ:
130周年記念美術展実行委員長
戸出 克彦(といで かつひこ)
電話076-257-5951
  090-8702-2662
FAX076-257-5951
メールtoide-ko88@m3.spacelan.ne.jp

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

茶室

一般主催イベント

金沢秋のおもてなし茶会

2016年10月15日(土) - 2016年10月29日(土)

金沢の秋は、「金沢マラソン」をはじめ、イベントが盛りだくさん!茶の湯のまち・金沢で、お茶の文化を楽しめるお茶会を開催します。
会場は金沢21世紀美術館敷地内にある松涛庵。風情あふれるお茶室で気軽にお茶会を体験してみませんか?

期間:
2016年10月15日(土) - 2016年10月29日(土)
全3日程
会場:
金沢21世紀美術館 茶室
松涛庵
料金:
1席500円(当日現金払)
開催日時:
10月15日(土) 宗和会(宗和流)薄茶席
10月22日(土) 大島 宗翠(茶道裏千家)薄茶席
10月29日(土) 久世 紀翠(煎茶道松月流)煎茶席
各日 (1)10:00~ (2)11:00~ (3)12:00~ (4)13:00~ (5)14:00~ (6)15:00~
定員:
1席につき20名(事前申込・先着順)
※当日券も販売致しますが、数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。
申込方法:
事前申込の受付は、9月13日(火)より開始致します。
詳しくは下記のホームページをご覧下さい。
URL http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11020/omotenashi.html
お問い合わせ:
金沢市文化政策課
TEL 076-220-2442
FAX 076-220-2069

一般主催イベント

全国近代化遺産活用連絡協議会 水道施設部会 金沢大会

2016年10月20日(木)

金沢市末浄水場は、昭和5年に開設、平成22年に国の名勝に指定された水道施設で、現在も現役で稼働している近代水道遺産です。
このフォーラムでは、「国指定名勝末浄水場園地」の名勝としての保存管理、公開活用の事例を紹介し、現役稼働遺産が抱える課題・問題点について討論します。
○基調講演1「末浄水場と世界の近代水道遺産」~都市のアイコン&クロスセクション~近畿大学教授 岡田 昌彰氏
○基調講演2「金沢市内の歴史的建造物の保存に関わって」~石川県歴博、しいのき迎賓館、末浄水場の保存工事を通して~金沢工業大学教授 中森 勉氏
○パネルディスカッション「近代水道遺産の活用に向けて」~末浄水場の先端性と未来~
※詳細はお問い合わせ先のURLまで

期間:
2016年10月20日(木)
13:00〜17:00(開場12:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
全国近代化遺産活用連絡協議会
共催:
金沢市、金沢市企業局
後援:
石川県教育委員会、(公社)日本水道協会、土木学会土木史研究委員会
お問い合わせ:
金沢大会事務局
金沢市企業局 上水・発電課
TEL 076-229-2006
FAX 076-229-1110
MAIL k-mizudenki@city.kanazawa.lg.jp
URL http://www.zenkin.jp/
シアター21

一般主催イベント

パフォーマンスアートmori

2016年10月21日(金)

ストックホルム芸術祭2016満員!実験的パフォーマンスアート、ストックホルム在住アーティスト6名が日本初上陸!
企画・製作:indigolily
音楽・映像:林小百合
振付:イェルム藍
身体表現:イェルム藍、アイナ・ヨワンソン
朗読:坂村駿

期間:
2016年10月21日(金)
18:00〜20:00(開場17:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券2,500円、当日券3,000円
12歳以下無料
主催:
indigolily
後援:
スウェーデン政府芸術助成委員会
お問い合わせ:
indigolily
公式URL・チケット予約 http://www.indigolily.net
フェイスブック https://www.facebook.com/indigolily.mori
インスタグラム https://www.instagram.com/mori_stockholm/

一般主催イベント

劇団aji金沢公演「MATKA マトカ」

2016年10月29日(土) - 2016年10月30日(日)

「お暇をこじらせてⅡ」より2年、劇団ajiが再び金沢にて新作を発表。
カフカと並びチェコ史上、最も著名な文豪として知られるカレル・チャペックが、ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体の最中に書き「母」(MATKA)と名づけた戯曲を今、どう読むか。

原作:カレル・チャペック「母」
構成・演出:島貴之
出演:坂本美那、藤井咲有⾥、三輪絢⾹、梨瑳⼦

期間:
2016年10月29日(土) - 2016年10月30日(日)
29日(土)(1)14:00〜(開場13:40)(2)19:00~(開場18:40) 30日(日)14:00~(開場13:40)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般 予約・前売券2,800円、当日券3,000円
高校生以下 予約・前売券・当日券とも1,000円
友の会会員 予約・前売券2,500円、当日券2,700円
(全席自由)
※チケット取扱:金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ(窓口販売のみ)、チケットぴあ(Pコード453-630)
※友の会会員チケットはミュージアムショップ、友の会ウェブサイトのみ取扱となります。
※メールでのご予約:ajitarian@gmail.com(劇団
※高校生以下の方はミュージアムショップ及び劇団ajiメール予約(ajitarian@gmail.com)で取扱いいたします。ご精算時に学生証の提示をお願いします。
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
 託児サービス(14:00の回のみ):有料・要予約 TEL 076-220-2815
主催:
劇団aji
共催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
劇団aji
MAIL ajitarian@gmail.com