ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) - 2018年3月11日(日)

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーは、高度な音響・メディア技術と独創的な造形を駆使して、「聞く」「見る」といった複合的な知覚経験を伴う独特な世界を創り出します。いったん、彼らの作品世界に足を踏み入れると、まるで魔法にかけられたかのように、見えないものが見え、聞こえない音が聞こえるかのように、一瞬で現実を飛び越えて彼らの物語に没入してしまいます。
本展では日本初公開作品となる8点のインスタレーションをご紹介します。一つひとつの展示室が独立した、ユニークな構造を持つ金沢21世紀美術館の空間を生かし、ひとつの展示室でひとつの作品を展示していますが、全体は作品ごとに違う物語が共鳴するように展開しています。つくり込まれた作品の細部に至るまで、見て聞く楽しみは尽きることがありません。知覚や価値観を揺さぶられながら、次々と現れる物語の世界をゆっくりとお楽しみください。世界的に高い評価を得ているジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーの作品世界を余すこと無く体験できる、絶好の機会となることでしょう。

コレクション展3 見ることの冒険

2018年1月27日(土) - 2018年6月24日(日)

見ることは、多くの人にとって、当たり前の行為ですが、意識を持って見るということは案外に難しく、それゆえに色々なことを見過ごしてしまいがちです。
美術館という場所は、作品を「見ること」、「愛でること」、「考えること」に適した場所です。美術作品を鑑賞することが好きという方も、苦手という方も、この展覧会にご来場いただいた方に、「まずは作品をよく見ることから始めましょう」と言いたい。展覧会「見ることの冒険」はそこから始まります。
作品に、いつもより気持ちの上でもう一歩近づいてみる、いつもより10秒長く立ち止まってみる、見尽くしたと思っても、もう少し見てみる。そこから、見えていなかった細部に気づいたり、様々な想像をめぐらせる時間が生まれるかもしれません。そこで得られる様々な発見や驚き、感動は、冒険物語のそれと変わらないと思います。
どうか積極的に作品と向き合い、自分自身の冒険譚を紡いでください。
(本展キュレーター 山下樹里)

泉太郎 突然の子供

2017年10月7日(土) - 2018年3月25日(日)

泉太郎(1976- )は、映像、パフォーマンス、ドローイング、絵画、彫刻といったあらゆるメディアを交錯させたインスタレーションを主な表現手法とし、国内外で精力的に作品を発表しているアーティストです。泉の作品の特徴として、日常の事物や時には大勢の人々を巻き込みながら、一見、無意味とも思える行為を映像に収めることで、日常に潜む不条理な体験を描き出す点が挙げられます。時間と空間、実像と虚像、表と裏、自由と不自由といった私たちが当然のように切り分けている常識を捏ねくり回し、思いがけない方向から問いを投げかけます。
 本展では新作4点の発表と1点の本の作品に取り組みます。シアター空間と長期インスタレーションルームでは作家にとって初となる長編映画作品とポスターやポップコーン屋台で構成された作品《B:「レンズは虎が通るのをはっきりと捉えていたのだ」》をはじめ、長期インスタレーションルーム外側には、「夜が窓にはめ込まれている」という作品《透明な空想のヨダレ》があります。会期途中に発表される《コンパクトストラクチャーたちの夜明け》は、様々な時間を複層的に重ねて制作した、構造としての映画とも言える作品です。さらに、金沢21世紀美術館の来場者について着目した《Y:「膝を上げよ、そのまま下げよ」 P:「転ばぬよう、石を片付けておきました」》など、金沢での長期滞在中に複数の作品が完成されていきます。また、これら映像やインスタレーション作品と並行して、言葉を操る批評家と泉とのコラボレーションによって言葉を代替し、それを超えるような伝達方法について探る本の作品《暗いネズミ色の本》(仮)にも取り組みます。
 長らく泉が探求し続け、決して解決することのない永遠に広がる問いかけである映像やイメージと身体や意識との捻れた関わりについて、これまでの取り組みを踏まえつつも、全く新しい方法で提示する極めて挑戦的な展覧会となることでしょう。

ローカル・テキスタイル 1

TO&FRO うすく、かるく

2017年11月18日(土) - 2018年6月24日(日)

「ローカル・テキスタイル」シリーズの第一弾は「TO&FRO」を取り上げます。「TO&FRO」は、金沢市とかほく市の会社「カジグループ」によるトラベルギア(旅行用品)ブランド。ブランド名は「行ったり、来たり」という意味で、気軽な旅をイメージしたものです。
カジグループは、非常に細い糸を使用し、薄くて軽いナイロンの生地を生産しています。この生地は、世界中のアウトドア製品を展開するブランドやスポーツ製品に使用されていて、「TO&FRO」はこの生地を使ったオーガナイザーなどのプロダクトの自社ブランドです。当展覧会では、このオーガナイザーのほか、様々な布のサンプルを展示します。
石川県は、織物業とともに織機をつくる工業も発達させてきました。カジグループは、グループ内で一貫したテキスタイル開発や生産を行う事が可能であり、分業されがちな織物業で、細く切れやすい糸でも均一にテンションをかけられるなど高い技術力で、薄い生地を織ることを可能にしています。高機能化によって海外の安価な大量生産品に対抗することは、日本の繊維産業の未来を考える上で重要な指針を与えてくれるでしょう。

提供:カジレーネ株式会社

EVENTイベント

チケット販売中

交流イベント

近藤良平とハンドルズによるダンス公演

「初めての そんなふうな 気がしない」

2018年3月11日(日)

近藤良平と埼玉県内の障がいのある方が2009年よりスタートさせたダンスカンパニー「ハンドルズ」。公演を重ねる毎にファンを増殖し、このたび初めての遠征公演で金沢にやってくる!

「どうするの あしたのよていが きになるの」
(H29.10.21 公演)@埼玉県

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー」とともに

絵本を読もう

2018年3月3日(土)

絵本を読んだ後、作品鑑賞を行います。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)
作品案内:中田耕市(キュレーター)

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸大学卒業制作展

2018年2月23日(金) - 2018年3月1日(木)

期間:
2018年2月23日(金) - 2018年3月1日(木)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
主催:
金沢美術工芸大学
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531

一般主催展覧会

木育キャラバン

2018年3月6日(火) - 2018年3月11日(日)

今年も金沢21世紀美術館に「木育キャラバン」がやってきます!今年の「木育キャラバン」は、6日間開催され、500㎡を超える会場に、主に国産の多様な樹種を使って作られた木のおもちゃが集まります!また、木のモノづくり体験やミニ講座、東京おもちゃ美術館館長の講演など、楽しんで学べるプログラムが盛りだくさんです。思いっきり遊んでいろんな体験ができます。ぜひ金沢21世紀美術館にお越しいただき、たくさんの木のおもちゃに触れてみてください☆みなさんのご来場をお待ちしています!※イベント詳細は木育キャラバンホームページをご覧ください。

期間:
2018年3月6日(火) - 2018年3月11日(日)
10:00〜16:00(最終入場15:30)※金曜日17:45から講演会・パネルディスカッションあり(展覧会は16:00で終了)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
入場料ひとり300円 ※2歳以下無料
〈その他詳細〉
【ワークショップ】別途体験料(無料~1,600円)※ワークショップにより異なります
【ミニ講座】参加無料、別途体験料(1,000円) ※講座により異なります
【講演・パネルディスカッション】入場料無料  
主催:
金沢市
運営:
特定非営利活動法人角間里山みらい
共催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
特別協力:
東京おもちゃ美術館、認定NPO法人芸術と遊び創造協会、オークヴィレッジ株式会社
協力:
北陸学院大学、金沢アート工房、金沢森林組合、金沢市林業振興協議会、さんのきファクトリー合同会社、もりラバー林業女子会@石川
お問い合わせ:
金沢市森林再生課
TEL 076-220-2217
FAX 076-222-7291
MAIL nourin_mori@city.kanazawa.lg.jp
URL http:/www4.city.kanazawa.lg.jp/17062/morizukuri/H29ibentojyoho/mokuikucaravan.html/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第6回社団法人日本美術家連盟北陸地区会員展 ー 石川 富山 福井 ー

2018年3月6日(火) - 2018年3月11日(日)

 日本美術家連盟の北陸三県在住会員による2年に一度の展覧会で、石川県での開催は6年ぶり2度目になります。
 日本画、洋画、版画、彫刻の各分野の作家50名が、所属会派を超えて集い、金沢21世紀美術館で具象作品・抽象作品の大作を展覧します。

期間:
2018年3月6日(火) - 2018年3月11日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
社団法人日本美術家連盟 北陸地区 石川県
後援:
北國新聞社、テレビ金沢、ラジオかなざわ
お問い合わせ:
安田 淳
TEL 0761-24-6886
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢発信アウトサイダーアート vol.10

2018年3月6日(火) - 2018年3月11日(日)

アウトサイダーアート(生の芸術)とは、正規の美術教育を受けていない人が何物にもとらわれず自分の感性だけで創作した美術。金沢アート工房は、そんな人たちの作品をもっと世の中に理解してもらい金沢発信のアーティストを育てたいという気持ちから誕生しました。彼らの心のエネルギーを感じてください。金沢アート工房のメンバーは知的障害や精神に障害のあるアーティスト達です。

期間:
2018年3月6日(火) - 2018年3月11日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
金沢アート工房
後援:
金沢市
協力:
愛育学園、グローブル・菓子処和吉、特定非営利活動法人 角間里山みらい
お問い合わせ:
金沢アート工房連絡事務所
TEL 076-251-1155
FAX 076-251-1157
Email info@kanazawa-art.jp
URL http://www.kanazawa-art.jp

一般主催展覧会

THE AMEMEMAN 展

2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)

「シンプル、シュール、ユニセックス」をモットーにAMEME NO OMEME 名義で活動しているアメメの個展。
1stアルバム「THE AMEMEMAN」の収録曲のタイトルに合わせて作品を展示。

期間:
2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
AMEME NO OMEME
お問い合わせ:
MAIL ame4575@gmail.com
URL http:/amemenoomeme.amebaownd.com/

一般主催展覧会

New KAITAG 展

2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)

『New KAITAG(ニュー・カイタグ)』と呼ばれる刺繍芸術作品をご紹介いたします。
『New KAITAG』は、黒海とカスピ海に挟まれたアルメニアという国の非常に高度な刺繍技術をもつ女性たちが長い月日を掛けつくりあげた幻想的で不思議なデザインの芸術性豊かな工芸作品です。
綿の基布に草木染めされた手紡ぎの絹糸を全面手刺繍しています。
『New KAITAG』は、19世紀中頃に途絶えてしまったダゲスタンのカイタグ地方の刺繍布「KAITAG」の芸術性と感動を再び現代へとの願いから始められたユニークなプロジェクトにより生み出されました。

◎ギャラリートークを開催いたします◎
テーマ=『New KAITAG』プロジェクト
講師=西川純一(ロゴバ代表)
日時=2018年3月17日(土)14:00~15:30
定員=30名
参加費=無料
参加ご希望の方は、下記お問い合わせ先まで事前にお申込みください。

期間:
2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
PHOEBE(フィービー)
後援等:
北國新聞社、北陸朝日放送
お問い合わせ:
PHOEBE(フィービー)
TEL 076-254-6438
FAX 076-254-6538
メール info@phoebe-jp.com
URL http:/phoebe.jp.com/

一般主催展覧会

金沢卯辰山工芸工房研修者作品展2018

2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)

金沢卯辰山工芸工房は、金沢の伝統工芸の継承発展、文化振興を目的として、平成元年市制100周年に設立された、陶芸・漆芸・染・金工・ガラスの5分野における工芸の研修施設です。現在、全国から集まった30名の若い作家たちが技術研修者として日々制作、研鑽致しております。
毎年3月に1年間の集大成として、研修者作品展を開催しております。研修者の日々の研鑽成果を広く紹介致します。

期間:
2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
公益財団法人金沢芸術創造財団 金沢卯辰山工芸工房
後援等:
北國新聞社・NHK金沢放送局・北陸放送・エフエム石川・ラジオかなざわ
お問い合わせ:
金沢卯辰山工芸工房
〒920-0832
石川県金沢市卯辰町ト10番地
TEL 076-251-7286
FAX 076-251-9113
URL http://www.utatsu-kogei.gr.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

女流三人展~三人の歩み~

2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)

期間:
2018年3月13日(火) - 2018年3月18日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石瀬律子、桑野幾子、松本和子
後援:
北國新聞社、テレビ金沢
お問い合わせ:
松本和子
TEL 076-291-1882

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

カナザワ ダンス シアター2018

2018年3月10日(土) - 2018年3月11日(日)

期間:
2018年3月10日(土) - 2018年3月11日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
(1)10日(土)18:00〜19:10(開場17:30)(2)11日(日)13:30~14:40(開場13:00)(3)11日(日)16:00~17:10(開場15:30)
料金:
前売券2,000円、当日券2,500円
チケットぴあURL https://t.pia.jp/
主催:
日本洋舞連合、(公財)金沢芸術創造財団
助成:
(公財)いしかわ県民文化振興基金
後援:
(一財)石川県芸術文化協会、北國新聞社、テレビ金沢
協力:
石川県洋舞連合
お問い合わせ:
日本洋舞連合事務局
TEL 076-257-1557
MAIL clochett@p2222.nek.ne.jp
シアター21

一般主催イベント

植田真梨恵 Live of Lazward Piano “bilberry tour”

2018年3月18日(日)

期間:
2018年3月18日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
17:00〜(開場16:30)(2)11日(日)13:30~14:40(開場13:00)(3)11日(日)16:00~17:10(開場15:30)
料金:
前売券4,500円、当日券未定
ローソンチケットURL http://l-tike.com/
チケットぴあURL https://t.pia.jp/
イープラスURL http://eplus.jp/sys/main.jsp
主催:
キョードー北陸
お問い合わせ:
キョードー北陸チケットセンター
TEL025-245-5100(平日11:00~18:00、土曜日10:00~17:00)
シアター21

一般主催イベント

永井龍雲デビュー40周年ライブ「顧みて」

2018年3月21日(水)

永井龍雲一人による弾き語りフォークライブ

期間:
2018年3月21日(水)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
16:00~(開場15:30)
料金:
前売券6,000円(全席指定)
エンタメスタイル
チケットぴあ TEL 0570-02-9999
ローソンチケット TEL 0570-084-005
イープラス
主催:
エンタメスタイル
後援:
北陸放送
お問い合わせ:
エンタメスタイル
TEL 076-256-5538
FAX 076-256-5532
MAIL info@entame-style.jp
URL http://www.entame-style.jp