「自治区2018」 金石・大野レジデンスプログラム

思い出のカタチ、シルエットを染める

2018年9月22日(土)

インフォメーション

期間:
2018年9月22日(土)
[1] 10:00〜12:00 [2] 13:30〜15:30
会場:
大野・築百年の町家(金沢市大野町4丁目84)

講師:
呉夏枝(美術作家)
対象:
どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
定員:
各回先着6名(電話予約076−220−2811)
参加費:
無料

持ち物:
みなさんの身近にある思い出の品々、エプロン、裁縫道具(はさみ、縫い針、まち針、白い縫い糸)など
※持参していただいた思い出の品は乾いた布の上に置いて使います。よごれたりしませんので安心してご持参ください。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811

概要

身近にある品々を持ち寄って、そのカタチを布に染めてみませんか。
大切なひとから受け継いだアクセサリーや腕時計、
なぜか手放さずにもっている人形、初めてつけた香水の瓶、
ずっと使いつづけている裁縫道具、旅行先で手に入れたおみやげなど…
みなさんそれぞれの思い出の品を長い布の上にならべ、
そのシルエットを日光写真のように布に転写して染めます。
そしてその布を切り分けて「あづま袋」をつくります。
みなさんの記憶をシェアする袋をつくりながら、ゆったりと過ごしましょう。

講師

Photo: Toshie Kusamoto

呉夏枝 OH Haji

1976年大阪府生まれ、オーストラリア在住。2012年京都市立芸術大学博士号取得。染織、刺繍、編む、結ぶなどの技法と、写真、テキスト、音声などの媒体を用いたインスタレーション作品を制作。コリアンディアスポラとして、無名の人々の語られなかった歴史や時間を浮かび上がらせていく。近年では、海路を手がかりに個人の物語を「私たち」の記憶として共有するためのプロジェクトに取り組んでいる。

Images

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]