開館10周年記念

ニジュウイチビジャック! ~美術館をパフォーマンスで埋め尽くせ~

2014年9月27日(土) -
2014年10月5日(日)

インフォメーション

期間:
2014年9月27日(土) 〜2014年10月5日(日)
※実施日は9月27日(土) 28日(日)、10月4日(土) 5日(日)
会場:
金沢21世紀美術館
シアター21、プロジェクト工房、市民ギャラリーB、交流ゾーン、広場、ほか
料金:
・1演目券
 一般:1,500円
 友の会:1,350円
 ※友の会優先入場はありません。
・3演目セット券
 一般: 3,900円(50組限定・前売のみ)
 ※ミュージアムショップのみ取扱
 ※購入時に演目・日時をお選びください。
チケット取扱:
・ローソンチケット
 <Lコード>
 51831:山猫団〈ファンタスティック金沢編〉
 51839:a perfect life —vol.03 VOID+
 51840:東京コシツ / へびの心臓
 ローチケ.com
 TEL 0570-000-777
・ 金沢21世紀美術館ミュージアムショップ
 TEL 076-236-6072
・当日券
 開演30分前より各会場にて販売いたします。
 ※完売の場合は販売はありません

7/26 チケット発売開始 ※ローソン、ミュージアムショップでのチケットの販売は各公演日の2日前で取扱終了となります。
託児サービス:
※3歳児以下の入場はご遠慮願います。
託児サービスをご利用下さい。
有料・要申込(お問合せ TEL 076-220-2815)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課 TEL 076-220-2811

概要

パフォーマー達に舞台は要らない!?
金沢21世紀美術館の開放的で多様な空間を最大限に活用し、生身の身体を使った様々なパフォーマンスをオムニバスで繰り広げます。シアターで、広場で、交流ゾーンで。来館者は館内外のどこかでパフォーマンスに必ず一度は遭遇。パフォーマー × 観客 × 空間…お互いをジャックし合う刺激的な体験。

タイムスケジュール&マップ(pdf)

※上演時間などは変更になる場合があります。

出演

un-pa、吉本大輔、山猫団、Baobab、森下真樹、川村美紀子、川口隆夫、鈴木竜オーディションメンバー

お知らせ

山猫団〈ファンタスティック金沢編〉
10月4日(土)、5日(日)チケット完売御礼!好評につき、またまた追加席をご用意します。

★10月2日(木) 10:00より追加券販売開始!
公演日時:10月4日(土) 11:00〜、14:00〜、17:00〜
     10月5日(日) 11:00〜、14:00〜
取り扱い:ミュージアムショップのみ。公演前日まで販売します。
問い合せ:遠方にお住まいの方でミュージアムショップにお越しいただけない方は電話で予約を承ります。
     電話 076-220-2811(金沢21世紀美術館交流課/受付時間 10:00~18:00)
料  金:一般 1,500円、友の会 1,350円

※開演時間定刻で公演がスタートします。開演をお待ちの間もお楽しみがありますので、お早めにお越しください。

公演情報

un-pa

日時:9月27日(土)・9月28日(日) 終日
   10月4日(土)・10月5日(日) 終日
   ※各日プログラム終了までの間随時登場
会場: 交流ゾーン、広場 ほか
上演時間:各回15〜30分
料金:無料

全身銀色、神出鬼没。ニジュウイチビジャック!ナビゲーターとして美術館のあちらこちらに出没します。

<un-paプロフィール>
コンテンポラリーダンスや演劇活動を経て、2001年から日本でのロービングパフォーマンスの先駆けとして国内外のイベント・フェスティバルに多数出演。ロービングパフォーマンスとは固定の場所でのショーパフォーマンスではなく、街中やイベント会場内を回遊しながら行うパフォーマンスのこと。

Photo: 小林智之

山猫団〈ファンタスティック金沢編〉

日時:9月27日(土) 11:00〜、15:00〜、19:00〜
   9月28日(日) 11:00〜、15:00〜
   10月4日(土) 11:00〜、14:00〜、17:00〜
   10月5日(日) 11:00〜、14:00〜
   ※30分前受付開始、15分前開場
会場:プロジェクト工房
定員:各回限定10名
上演時間:60分
料金:一般 1,500円、友の会 1,350円、3演目セット券 3,900円(50組限定・前売のみ)おヒネリ歓迎!

よく見てごらん 耳をすませてごらん 鍵穴の向こう 柱時計の鐘の音
キャラキャラと踊る女 くるくると歌う大男
柔らかな少女 白い人々
世にも素敵な見世物は あなたが扉を開けるのを待っている

<山猫団 プロフィール>
2013年3月結成。ダンサー、音楽家、絵描き、造形作家、デザイナー、照明家、音響家、舞台監督、衣装作家、写真家から成る舞台芸術団体。
www.ynd.tokyo

Photo: 小原大貴

川口隆夫『a perfect life —vol.03 VOID+』

日時:9月27日(土) 13:45〜、17:45〜
   9月28日(日) 13:45〜、17:45〜
   ※30分前受付開始、15分前開場
会場:市民ギャラリーB
定員:各回50名
上演時間:45分
料金:一般 1,500円、友の会 1,350円、3演目セット券 3,900円(50組限定・前売のみ)

きっぱりと別れを告げたはずが一ヶ月間涙が止まらなかった/あれから18年/彼と過ごした5年間の記憶を/もう一度ここにたぐり寄せてみる

<川口隆夫 プロフィール>
私自身について語ろうと思う/普段の生活/身近な出来事/家族や友人たち/私の生活の細部が世界の諸相を映し出す/そのために私はいったい何をどのように/話し始めればいいのだろうか/『a perfect life』シリーズ近作は「vol.6—沖縄から東京へ」(2013)/他パフォーマンス探求シリーズ多数
「川口隆夫パーフェクトライフ × 東京造形大学CS-lab」facebookページ

機材協力:カラーキネティクス・ジャパン株式会社

※公演タイトルが『a perfect life —vol.03 表参道』から『a perfect life —vol.03 VOID+』に変更になりました。

左 Photo:塚田洋一 右 Photo:© Domino/Perforations Festival Croatia

森下真樹『東京コシツ』/ 川村美紀子『へびの心臓』

日時:9月27日 12:30〜、16:30〜
   9月28日 12:30〜、16:30〜
   ※30分前受付開始、15分前開場
会場:シアター21
定員:各回80名
上演時間:60分(途中休憩あり)
料金:一般 1,500円、友の会 1,350円、3演目セット券 3,900円(50組限定・前売のみ)

森下真樹『東京コシツ』
コトバがカラダを振回し、カラダがコトバを追い越す。180センチ正方形の中の世界。個室、固執、コシツ…東京コシツ。
<森下真樹 プロフィール>
幼少期に転勤族に育ち、転校先の友達作りで開発した遊びがダンスのルーツ。周囲を一気に巻き込み、独特な「間」からくる予測不可能、奇想天外な動きで展開されるユニークかつパワフルなワールドが特徴。
maki-m.com

川村美紀子『へびの心臓』
「知覚を踏む」感覚を具体化した出世作。「横浜ダンスコレクション EX 2011」コンペティションⅡ新人振付家部門最優秀新人賞受賞作品。
<川村美紀子 プロフィール>
1990年生まれ。海外アーティストとの共同制作や、数々の国際フェスティバルに出演。2013-14年度セゾン文化財団ジュニア・フェロー。トヨタ コレオグラフィーアワード2014「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」ダブル受賞。
www.kawamuramikiko.com

Photo: Ayako Abe

Baobab『額縁の談笑』

日時:9月27日(土) 12:00〜、14:30〜、15:30〜、17:30〜
   9月28日(日) 12:00〜、14:30〜、15:30〜、17:30〜
会場:館内交流ゾーン
上演時間:15~20分
料金:無料

Baobabの真骨頂として踊る欲望を全面に押し出した2012年初演作品。ニジュウイチビジャックver.としてアートの聖地で大暴れの予定。
出演:北尾亘、米田沙織、目澤芙裕子、村田茜、森本あん

<Baobab プロフィール>
北尾亘が全作品の振付・構成・演出を行う。土着的でリズミカルな独特の躍動感を持つ振付で、圧倒的な群舞を踊り抜くのが特徴。トヨタ コレオグラフィーアワード2012「オーディエンス賞」受賞。
dd-baobab-bb.boo.jp

Photo: Yoshida Yuka

吉本大輔『刻む....肉体の廃墟』

日時:9月27日(土) 12:45〜、16:00〜
   9月28日(日) 12:45〜、16:00〜
会場:広場
上演時間:40分
料金:無料

舞踏は常に「タナトス」の中を彷徨い歩くが、妖艶なタナトスの膝元に添い寝する老いたるエロスの姿・・・「もし あなた方が経験豊かな観客であるならば、私も又経験豊かな舞踏者でありたい。」
出演:吉本大輔、高橋理通子

<吉本大輔プロフィール>
1941年生まれ、終戦の年、弟を背負った母親に手を引かれて空襲の大阪を逃げまどう、私の最も古い記憶・・・、そして 1981年「舞踏者」として発ち、2014年9月27、28日現在この金沢の地に立つ。
吉本大輔(Facebook)

Photo: Yoshihiro Saeki

鈴木竜オーディションメンバー『LUDENS』

日時:10月4日(土) 13:00〜、16:00〜
   10月5日(日) 13:00〜、15:15〜
会場:光庭3(パトリック・ブラン《緑の橋》前)
※荒天の場合はマイケル・リン《市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21》前通路で上演します。
上演時間:15分
料金:無料

英国で活躍し、帰国後SHEEP MANを主宰するダンサー鈴木竜が、金沢でオーディションしたダンサー6名とともに東京で初演された『LUDUS』の金沢ヴァージョンを創作。「踊りに出会った頃の遊ぶように踊っていた気持ちを思い出そう。そんな作品です。」( 鈴木竜 )
振付:鈴木竜 www.ryusuzuki.com
出演:池田歩乃果、島田莉沙、俵原真帆、中村香耶、橋爪美香、宮村菜摘
初演:杉並洋舞連盟(2014年3月)

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
企画制作協力:
ハイウッド
助成:
平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
後援:
北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、金沢ケーブルテレビネット、エフエム石川