http://www.kanazawa21.jp/exhibit/hibinoda/index.html

* 金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム
スウェーデンのストックホルム近代美術館で成功を収めている高校生対象の教育普及プログラム「ゾーン・モデルナ」をモデルとし、金沢21世紀美術館において若者を対象に立ち上げられたプログラム。
2007年度にはその第一弾として、日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式が開催されました。

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/asatte/index.html" />

〈金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム〉

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式 meets NODA [But-a-I]

2008年5月31日(土) - 2008年10月19日(日)

[But-a-I]ワークショップ
活動風景
2008年

インフォメーション

期間:
2008年5月31日(土) 〜2008年10月19日(日)
10:00〜18:00 (金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室13、プロジェクト工房(会期中の土曜日14時〜17時)※ プロジェクト工房での活動は非公開
料金:
無料
※イベント開催時、有料となることがあります。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館
TEL 076-220-2800

概要

「金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム」*の第2弾として、野田秀樹(劇作家、演出家、役者)を迎え、空間・時間の表現者を目指す若者を対象にワークショップを行います。
2007年度、日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式において同プログラムを牽引し、野田秀樹とは舞台美術を通じて交流のあるアーティスト日比野克彦が、アートに演劇の要素を導入し、美術館における表現の拡大をはかります。野田秀樹は、「美術館の展示室」という自身にとっての「アウェー」の場との交信をすることで、プロジェクトを通じて表現の新たな可能性を探ります。
会期中はプロジェクト工房にてワークショップが行われるほか、館内の[展示室13]には[But-a-I](舞台)が出現し、観客を巻き込んだ展示が進行します。

★詳細はこちらから
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/hibinoda/index.html

* 金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム
スウェーデンのストックホルム近代美術館で成功を収めている高校生対象の教育普及プログラム「ゾーン・モデルナ」をモデルとし、金沢21世紀美術館において若者を対象に立ち上げられたプログラム。
2007年度にはその第一弾として、日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式が開催されました。

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/asatte/index.html

関連プログラム

ワークショップ受講生募集!説明会開催
2008年4月8日(火)
明後日朝顔の花を咲かそう!
2008年5月3日(土)~6日(火)
[But-a-I]公開ワークショップ
2008年6月7日(土)/ 14日(土)/ 21日(土)/ 28日(土)
[But-a-I]公開ワークショップ
2008年7月5日(土)/ 12日(土)/ 19日(土)/ 26日(土)
[But-a-I]公開ワークショップ
2008年8月2日(土)/ 9日(土)/ 30日(土)
[But-a-I]サマーキャンプ
2008年8月19日(火)~22日(金)
[But-a-I]公開ワークショップ
2008年9月6日(土)/ 13日(土)/ 20日(土)/ 27日(土)
シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」
2008年9月20日(土)/ 21日(日)
日比野さんと「 ‐ (ハイフン)」しよう!〜段ボールに毛糸で刺繍
2008年9月21日(日)
ヒビノカップ2008 in 金沢
2008年9月28日(日)
[But-a-I]公開ワークショップ
2008年10月4日(土)/ 11日(土)/ 18日(土)
日比野克彦アーティスト・トーク
2008年10月19日(日)
「楽日初日」公演
2008年10月19日(日)

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館 [(財)金沢芸術創造財団]
協賛:
株式会社ムラヤマ / ものづくり実行委員会 / レンゴー株式会社
協力:
金沢美術工芸大学 / キヤノンマーケティングジャパン株式会社 / スキップデザイン / セーレン株式会社 / 有限責任中間法人石川フットボールクラブ / ユザワヤ商事株式会社 / 多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科
TOP