matohu 日本の眼 日常にひそむ美を見つける

2012年7月21日(土) -
2012年11月25日(日)

インフォメーション

期間:
2012年7月21日(土) 〜2012年11月25日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
休場日:
月曜日(ただし、8月13日、9月17日、10月8日は開場)、9月18日
料金:
入場無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館
TEL 076-220-2800

概要

なにげなく通り過ぎるいつもの風景に、新鮮な美が息づいている。日本人にとって、美は超越的な概念ではなく、自然や日常の中にひそんでいる様々な層を繊細に見つめることでした。すなわち「日本の眼」とは歴史のなかで日本人がゆっくりと培ってきた、「美に気づく視点」なのです。

服飾ブランドmatohu まとふ(まとうと読む)は、2005年のデビュー以来、「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトにした独自のスタンスで、東京コレクションにおいて異彩を放ってきました。そして2010年から「日本の眼」をテーマに、日本の美意識をひとつずつ取り上げ、毎シーズン服で表現する挑戦を続けています。金沢21世紀美術館デザインギャラリーでは、「かさね」「無地の美」「映り」「やつし」などをキーワードに、日本の美意識の再発見とその表現を、matohuの最も代表的なアイテム「長着(ながぎ)」―コレクションテーマにそって同じデザインで作り続けられている服―を通して展示します。

歴史の経糸を貫く感性が、現代の生活にどう生かされ、個々人の生活に気づきと豊かさをもたらすのか、そのヒントを見つけに来てください。

関連プログラム

ワークショップ「身近な「無地の美」を見つける」

講師:堀畑裕之、関口真希子(matohu)
日時:8月4日(土)14:00〜17:00
会場:松涛庵(金沢21世紀美術館敷地内)
料金:1500円(茶菓代込み)
対象:18歳以上
定員:15名 *定員に達したため、受付を終了しました
持ち物:デジタルカメラ

アーティスト・トーク「日常にひそむ美を見つける」

出演:堀畑裕之、関口真希子(matohu)
日時:8月5日(日)14:00〜15:30
会場:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:無料
定員:80名(先着順、事前申込不要)

matohu(まとふ)について

©Keisuke Akabane

堀畑裕之と関口真希子による服飾デザイン・ブランド。
「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに、2005年デビュー。5年間10シーズンにわたり「慶長の美」を大きなテーマに、「織部」「志野」「かぶき者」など慶長年間(1596-1615年)の精神を服の造形に活かした大胆なコレクションを発表。2009年 毎日ファッション大賞新人賞を受賞。2011年スパイラルガーデン(東京)と熊本市現代美術館で「matohu 慶長の美」展を開催。2010年より「日本の眼」をテーマに、固有の美意識を現代に生かす服作りをさらに先鋭的に展開している。

Images

    matohu 2012-13 AW collection
    @Hanayuki Higashi

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館 [(公財)金沢芸術創造財団]
協力:
株式会社アイ・オー・データ、宇仁繊維株式会社、苔盆栽 隆龍RYU-RYU、SOMA DESIGN、畑中正人