記念対談 第1弾:酒井忠康(世田谷美術館館長)× 横尾忠則

インフォメーション

期間:
2009年8月1日(土)
14:00〜15:30
会場:
金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:
入場無料
(ただし、本展観覧券及び整理券が必要です)
定員:
80名
※当日10:00レクチャーホール前にて整理券を配布します。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館
TEL 076-220-2800

概要

「Y字路」、「ルソー」、「ピンクガール」など、横尾作品の代表的な「未完」のシリーズから、本展にて初公開される最新作まで、酒井忠康氏が横尾ワールドに切り込みます。

酒井 忠康 Tadayasu Sakai

世田谷美術館館長、美術評論家、美術館連絡協議会理事長
1941年、北海道生まれ。慶應義塾大学文学部美学美術史卒業。1964年から神奈川県立近代美術館に勤務、同館館長を経て、2004年より現職。日本の近代美術をテーマにした最初の著作『海の鎖』で注目され、その後、東西の近代美術史を専門に研究するかたわら、現代美術の評論活動を行う。サントリー学芸員賞受賞。著書に『彫刻の庭』、『彫刻家への手紙』など。

TOP