笹本晃 パフォーマンス

《フード・レンタル》2015
ミクスト・メディア、ヴィデオ
可変
© SASAMOTO Aki
A High Line Performance. On view July 21 – 23, 2015, on the High Line at the Rail Yards, New York. Photo by Liz Ligon.
Courtesy of Friends of the High Line and Take Ninagawa, Tokyo.

インフォメーション

期間:
2019年4月20日(土)
15:00頃からの予定
会場:
金沢21世紀美術館
授乳室向かい
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

笹本晃は、個人的な経験を元に問題を提起し、心理学や自然科学、物理学、数学理論を参照しながら、パフォーマンスとインスタレーションを融合させるユニークな実践で知られています。
《フード・レンタル》は、種類の違う食べ物を売る屋台が集合するフード・コートに着想を得て、木製の屋台で笹本自身がメニューに沿って客の注文を取り、注文に従ってパフォーマンスを行うことを可能にする装置です。2015年にニューヨークで発表し、今回、金沢での再演となります。
「ロマンスの常套句」「空港のトイレ」「合併症」など意味深長な各メニューは、多くは現代社会における人間の内省と関わる気に病むという心的活動と、答えらしきものを探る衝動といった内容で、屋台で料理を作るように、笹本が食材と道具を使ってパフォーマンスを提供します。

※プログラムは状況により予告なく変更される場合があります。
※先着順に即興イベントの鑑賞が可能です。事前予約は受け付けておりません。

プロフィール

笹本晃 SASAMOTO Aki

1980年神奈川県生まれ、ニューヨークを拠点に活動。2007年にコロンビア大学大学院で美術の修士号を取得。2016年にスカルプチャーセンター(ニューヨーク)、2017年にThe Kitchen(ニューヨーク)で個展を開催。また横浜トリエンナーレ(2008)、ホイットニー・ビエンナーレ(2010)、第9回光州ビエンナーレ(2012)、第3回コチ=ムジリス・ビエンナーレ(2016)、第11回上海ビエンナーレ(2016)、第9回恵比寿映像祭(2017)、国立国際美術館(2018)、大館當代美術館 (2018)など国際展に参加。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP