東アジア文化都市金沢2018「変容する家」関連プログラム

アーティストトーク3 ギムホンソック/ハン・ソクヒョン/ムン&チョン

インフォメーション

期間:
2018年9月15日(土)
13:00〜16:00
会場:
金沢21世紀美術館
ほか

会場及びスケジュール:
13:00 金沢21世紀美術館集合(タクシー移動)
13:30 ギムホンソック@石引の元米屋
14:20 ハン・ソクヒョン@増泉一丁目緑地
15:10 ムン・キョンウォン & チョン・ジュンホ@元パン工場のビル
※交通事情などにより順番や時間が変更になる場合があります。
料金:
1,000円(タクシー料金含む)

言語:
韓国語 ※逐次通訳付
定員:
15名(先着順)

公式サイト
東アジア文化都市2018金沢「変容する家」公式サイト
※イベント情報などは公式サイトにてより詳しく公開しております。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

日中韓のアーティスト22組が参加する「変容する家」。トークツアー3では韓国のアーティスト3組が手がけたサイトスペシフィックな作品をとりあげます。

申込方法

申込受付を終了しました。

プロフィール

ギムホンソック Gimhongsok

1964年ソウル(韓国)生まれ、同地在住。主な展覧会にREDCAT(ロサンゼルス)、アートソンジェセンター、サムスン美術館プラトー(ともにソウル)などでの個展、ヴェネチアビエンナーレ、イスタンブールビエンナーレ、光州ビエンナーレ、リヨンビエンナーレ、アジア太平洋現代美術トリエンナーレ(ブリスベン)、横浜トリエンナーレなどの国際展、ウォーカーアートセンター(ミネアポリス)、ヘイワードギャラリー(ロンドン)、ロサンゼルスカウンティ美術館、ヒューストン美術館、森美術館、金沢21世紀美術館、グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)などでのグループ展がある。

Photo: Qrim Ahn

ハン・ソクヒョン HAN Seok Hyun

1975年ソウル(韓国)生まれ、ソウルおよびベルリン(ドイツ)在住。2008年韓国国立芸術大学にて修士号(MFA)を取得。ドイツ、スコットランド、米国、韓国を含む世界各地で作品を発表。ボストン美術館、北ソウル美術館、トータル美術館(ソウル)、浦項市立美術館、京畿道現代美術館、イルミン美術館(ソウル)等の美術館の展覧会に参加。2017年に韓国文化芸術委員会から助成を受けカラチビエンナーレ(パキスタン)に参加。

ムン・キョンウォン & チョン・ジュンホ MOON Kyungwon & JEON Joonho

ムン・キョンウォン MOON Kyungwon 1969年ソウル(韓国)生まれ。
チョン・ジュンホ JEON Joonho 1969年釜山(韓国)生まれ。
ムン・キョンウォンとチョン・ジュンホによるデュオ。近年、学際的なプラットフォームをつくることに焦点を当てた共同プロジェクト「News From Nowhere」を活動の中心としている。最初のサイトスペシフィックな共同作品を2012年のドクメンタで発表。主な個展に2013年「News from Nowhere」シカゴ美術館附属美術大学、2015年ミグロス現代美術館 (チューリッヒ)、「The Ways of Folding Space & Flying」ヴェネチアビエンナーレ 韓国館、2017年「Freedom Village」スカイ・ザ・バスハウス(東京)などがある。

東アジア文化都市2018金沢

「東アジア文化都市」は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。2018年は金沢(日本)、ハルビン(中国)、釜山(韓国)の三都市において開催します。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP