「ちがったさんのラッキー」関連プログラム

オトづくりのオトとり

インフォメーション

期間:
2016年8月20日(土)
15:00頃から
会場:
金沢21世紀美術館
プロジェクト工房
参加費:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

気鋭のサウンドアーティストとして知られる荒木優光とMadeggが、「ちがったさんのラッキー」の会場で金氏徹平のモノと岡田利規のコトバを素材に「ちがったオト」をつくり収録します。できあがったオトは翌21日より会場内でながれる予定です。

プロフィール

「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」オープニングパフォーマンスにて(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)

荒木優光 ARAKI Masamitsu

1981年山形県生まれ。京都在住。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。アーティスト、音響家・音楽家として活動する。近年は盲目の人物との対話や描写の音声、他者の耳を拝借するシリーズ、サウンドリスト作り、劇場での音響上演作品プロジェクトなどを展開。また、劇場上演実験《showing》の企画・運営や、記録にまつわる作業集団ARCHIVES PAYを立ち上げ、複数のプロジェクトを進める。
2016年あいちトリエンナーレ映像プログラム、伊藤高志「三人の女」で音響構成を担当。そして、バンドNEW MANUKEのメンバーである。

http://www.araki-masamitsu-paramiz.com/

小松千倫 KOMATSU Kazumichi

1992年高知県生まれ。16歳よりMadeggとして音楽活動を始め、フィールドレコーディング、ソフトウェアを使用したコラージュ、ノイズミュージックの制作を開始。「SonarSoundTokyo 2013」に最年少で出演。同年Roji Ikeda「supercodex live set」World Premiere(WWW, Tokyo)のオープニングアクトに抜擢される。その後、Tim Hecker、Clark、Julia Holter、The Field、Mark Fell(SND)等のアーティストと共演。これまでに3枚のフルアルバム、複数のEPを発表。くるり、泉まくら、Qrion、onomono aka O.N.O(THA BLUE HERB)といったアーティストのリミックスを手がけている。その他、アー ティスティックリトルプレスを制作する「トリオyong」ではグラフィックデザインを担当。また、様々なアーティストとのインプロ・セッションやインスタレーション、音響作品の発表を並行して行い、2015年より自ら主催するイベント・コレクティブである「LIVING ROOM」「INTEL」の運営を行っている。
主な展示に2016年「FAKEBOOK」Workstation.(東京)、2015年「ALLNIGHT HAPS 2015 "DEMO" 」 HAPS(京都)、「まぼろしとのつきあいかた」ギャルリ・オーブ(京都)などがある。

http://kazumichi-komastu.tumblr.com/

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP