生誕百年記念 井上有一

今福龍太 レクチャー 「〈筆〉と〈踏み手〉─井上有一と宮沢賢治」

《宮沢賢治童話 なめとこ山の熊》 1985
© UNAC TOKYO

インフォメーション

期間:
2016年3月13日(日)
14:00〜15:30 (開場 13:45)
会場:
金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:
無料
定員:
先着70名(予約不要)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

井上有一の書は、記号と化してしまった文字(=ふみ)への不断の反逆です。言語が抽象的な記号体系に回収される以前の、古い身体的な「模倣」と「交感」をめぐる豊かな対話が、井上有一と宮沢賢治のあいだで交わされていたのです。「言語」と「身体記憶」の境界上に立ち上がる井上有一芸術の美について語ります。

講師:今福龍太(文化人類学者・批評家。東京外国語大学教授)

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館 [公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP