アペルト03 坂野充学 可視化する呼吸

アーティスト・トーク

インフォメーション

期間:
2016年1月30日(土)
16:00〜17:30(開場 15:45)
会場:
金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

坂野充学は、1977年石川県鶴来町(現白山市)に生まれ、同地で育ち、現在は東京と石川を拠点に活動する映像作家です。アーティスト・トークでは、坂野氏が自身の作品と、関連する鶴来現代美術祭アーカイブ展についてお話します。

作家プロフィール

坂野充学 SAKANO Mitsunori

1977年石川県鶴来町(現白山市)生まれ。2000年東ロンドン大学美術学科卒業。現在は東京、石川を拠点に活動。近年はフィールドワークを通して出会う希有な人物の視点をもとに、特定の土地の歴史や記憶を視覚化するプロジェクトを中心に行う。また2014年にプロジェクト/スペースMITSUME(東京)を立ち上げ、アートプロジェクト、展覧会の企画、運営を中心とした活動を行う。主な個展に2013年「appearing」 (關渡美術館、1/2 1F ギャラリー, 台北)、2012年「Visible Breath」(アーツ千代田3331、メインギャラリー、東京)、2007年「beep deep beep」(プロジェクトスペースKANDADA, 東京)ほか。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館 [公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP