われらの時代:ポスト工業化社会の美術 関連プログラム

《ALMA MUSIC BOX:死にゆく星の旋律》小学生ワークショップ

インフォメーション

期間:
2015年8月25日(火)
18:00〜21:15
会場:
金沢21世紀美術館
レクチャーホール前集合、キゴ山天体観察センターへ

講師
平松正顕(国立天文台 チリ観測所 助教、教育広報主任)
料金:
300円
対象:
小学3年生〜6年生
定員:
先着15名(要電話予約)
予約方法:
電話予約 076-220-2801(学芸課)
※8月1日(土) 受付開始

持ち物
飲み物、軽食持参可(バスでの移動中約20分のみ飲食できます)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

美術館に模型が展示されているALMA望遠鏡は、はるか南米チリの山の上にあり、世界の国々が協力して遠い宇宙の様子を探っています。それはいったいどんな望遠鏡なの?宇宙のどんなふしぎな出来事を見つけたの? 平松さんのお話を聞いてみよう。そしてキゴ山天体観察センターにアートバスで出かけて、実際の星空も観察しましょう。
(星の見えない場合はプラネタリウム鑑賞を行います)

プロフィール

撮影 川村晶

平松正顕

国立天文台チリ観測所助教/天文情報センター広報室長
1980年岡山県生まれ。2008年、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。博士(理学)。台湾中央研究院天文及天文物理研究所博士研究員を経て、2011年から国立天文台に勤務。専門は電波天文学で、星の誕生プロセスの研究を行っている。またアルマ望遠鏡をはじめとする天文学プロジェクトの広報を担当し、天文学に関する講演や執筆活動も行っている。製作に携わった書籍に「歴史を変えた100の大発見宇宙」(翻訳)、「アルマ望遠鏡が見た宇宙」(監修)など。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP