&21

バストリオ+松本一哉 『黒と白と幽霊たち』金沢公演

2018年11月10日(土)、11日(日)

インフォメーション

期間:
2018年11月10日(土)、11日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般:予約2,500円、当日2,800円
学生:予約2,000円、当日2,300円
14歳以下:無料
★友の会特典
一般:予約2,200円、当日2,500円
学生:予約1,800円、当日2,100円
※全席自由席
※9月1日(土)チケット発売予定
お問い合わせ:
バストリオ
TEL:090-9984-6635
MAIL:busstrio@gmail.com
チケット取扱:
バストリオウェブサイト 
・金沢21世紀美術館ミュージアムショップ
金沢21世紀美術館友の会ウェブサイト

概要

『黒と白と幽霊たち』は2016年に東京のお寺で初演した後、全国8都市をめぐり各地で好評を得ました。舞台に並ぶのは詩やインタビューで採取した言葉、宮沢賢治の『よだかの星』の一節、テロを伝えるニュース記事といった多様な言葉と、俳優の身体、舞台美術として扱われる光と影。さらに金沢出身の音楽家・打楽器奏者である松本一哉が即興的かつ緻密に生み出していく音楽が加わり、さまざまな要素によって空間を揺り動かしていきます。”ここ”と”どこか遠く”へと観客の思いと想像力を掻き立てる舞台作品です。
また、作中では8月6日、8月9日、8月15日という日付がプロジェクターで投射されます。第二次世界大戦における二度の原子爆弾投下や終戦を扱っており、歴史的な大きな出来事と一個人の気持ちという対比が繰り広げられます。命や存在そのものの尊さを強く問い直すような本作をぜひご鑑賞ください。

作・演出:今野裕一郎
演奏:松本一哉
出演:稲継美保、中野志保実、橋本和加子、今野裕一郎

スタッフ

衣装:catejina
美術:黒木麻衣
宣伝美術:新穂恭久、黒木麻衣
企画・制作・主催 バストリオ

公演スケジュール

2018年
11月10日(土) 14:00開演
11月10日(土) 19:00開演
11月11日(日) 14:00開演
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。

プロフィール

今野裕一郎が全作品の劇作・演出を務める演劇ユニット。自然や都市のもつ感触、役者の身体から出てくる生理や質感を活かし、フラットで豊かな作品をうみだす。生演奏による音と役者の声、ものと身体、光と影、テキストや映像を断片的に扱い、ドキュメンタリー編集の技法を用いて観客の想像力を喚起する演劇をつくりあげる。東京・足立区での半年間のワークショップ「こどもえんげき部」や、日本各地を音楽家とツアーで回る活動も行なっている。これまでにコラボレーションしたミュージシャンは空気公団、杉本佳一、minamo、滝沢朋恵など。

芸術交流共催事業「&21 」

「&21」(アンドニジュウイチ)は、地域文化の活性化を支援すべく、金沢21世紀美術館が芸術性と創造性に富んだ事業を公募・採択し、共催事業として広報・制作面で主催者をサポートする事業です。2018年度は五つの事業が選ばれました。

Images

主催/ほか

主催:
バストリオ
共催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]