金沢泉鏡花フェスティバル2017 プレイベント 〜100年目の「天守物語」〜

天守物語

2017年10月8日(日) -
2017年10月9日(月)

©波津彬子

インフォメーション

期間:
2017年10月8日(日) 〜2017年10月9日(月)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売 2,700円 / 当日 3,000円
※全席自由
※前売りチケット完売
チケット取扱:
・金沢21世紀美術館ミュージアムショップ(窓口販売のみ) TEL 076-236-6072(火〜木・日 10:00-18:30、金・土 10:00-20:30)
・ローチケHMV(Lコード 56818) TEL 0570-084-005
・チケットぴあ(Pコード 480-826) TEL 0570-02-9999
※両日とも前売りチケットの販売は終了いたしました。
※両日とも当日チケットの販売はございません。ご了承ください。

友の会特典:
・チケット料金割引 前売2,400円/当日2,700円(要会員証提示)
※ミュージアムショップ、友の会専用ウェブサイト予約、当日受付にて取扱。
・優先入場あり。開場時間までにお越しください。(入場時に要会員証提示)
託児サービス:
有料・要申込 TEL 076-220-2815
※3歳以下の入場はご遠慮願います。託児サービスをご利用ください。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811

概要

鏡花3大戯曲中、幾多の映像・舞台化により最も有名な「天守物語」。 発表100周年を迎える本年、能楽師安田登氏による新たな天守物語をご紹介します。能をベースに、人形、語り、朗読、狂言、ダンス等様々な芸能をコラボレートした舞台は、その道のプロフェッショナルらによるジャムセッションの趣も。 オリジナリティあふれる初演舞台をどうぞお楽しみください。

原作:泉鏡花「天守物語」

脚色・演出・出演:安田登

舞台監督:合田義弘
舞台・照明:(株)金沢舞台
音響:城下寛

公演スケジュール

10月8日(日) 18:30開場 / 19:00開演
10月9日(月) 13:00開場 / 13:30開演

開場は開演の30分前
上演時間約2時間(途中休憩あり)

※両日とも前売りチケットの販売は終了いたしました。
※両日とも当日チケットの販売はございません。ご了承ください。

天守物語 あらすじ

ここは播州姫路白鷺城の天守閣、魔物が棲むと畏れられた最上層。天守の主である美しき妖怪・富姫のもとへ、妹分の亀姫一行が猪苗代から生首を土産に現れます。仲睦まじく手鞠をつき、亀姫との宴を愉しんだ富姫は、手土産の返礼にと城主秘蔵の白鷹を奪い亀姫に贈ります。
その夜、鷹を追って天守にやって来た若き美貌の侍・姫川図書之助。その凛々しい姿と涼やかな心に魅了された富姫は、人間たちから追われる身となった図書之助を匿うも、魔界の象徴である青獅子の眼を追手に突かれたため、二人は盲目となり……。
「お顔が見たい。ただ一目……千歳百歳にただ一度、たった一度の恋だのに。」

プロフィール

安田登

能楽師 下掛宝生流ワキ方。国内外を問わず舞台で活躍する傍ら、能を基本にした新しい演劇の創作、演出等も手がけ、様々な分野のアーティストや文化人との交流の場を創造している。金沢では昨年「海神別荘」で鏡花戯曲を演出。

出演者

百鬼ゆめひな(人形師)
奥津健太郎(能楽師狂言方)
笹目美煕(子方)
東雅夫(文藝評論家)
玉川奈々福(浪曲師)
Nadiah(ダンサー)
JUNKO☆(ダンサー/実験道場)
蛇澤多計彦(ダンサー/実験道場)
我妻良樹(ダンサー/実験道場)
城ノ脇隆太(ダンサー/実験道場)
蛇澤圭佑(ダンサー/実験道場)
平田雅大(ダンサー/実験道場)
COCO☆(ダンサー)
UPA(ダンサー)
KO-CHU(ダンサー)
ヲノサトル(音楽家)
上野賢治(フルート)
森山雅之(太鼓)
コロスの皆さん
禿・妖怪の子どもたち(公募)

関連プログラム

金沢ナイトミュージアム2017
鼎談:愛か、お化けか!? 能楽師 × 少女漫画家 × アンソロジストが語る『天守物語』

能楽師・安田登、少女漫画家・波津彬子、アンソロジスト・東雅夫という鏡花に精通する3人が縦横無尽に語ります。

日時:2017年9月2日(土) 18:30開演 / 18:00開場
会場:金沢能楽美術館
料金:無料(能楽美術館入館料が必要)
定員:約100名

申込・詳細はこちら

©波津彬子

特別展示 「鏡花夢幻」原画展〜波津彬子が描く泉鏡花の世界〜

金沢で生まれ育った少女漫画家、波津彬子氏による鏡花3大戯曲の漫画化作品集「鏡花夢幻」から、名場面の原画、また新たに描き下ろしされたイラスト等もあわせて、茶室「松涛庵」での展示を行います。
日時:2017年9月30日(土)〜10月9日(月・祝)
会場:金沢21世紀美術館 松涛庵(茶室)
料金:入場無料
開場時間:10:00〜18:00
休場日:10月2日(月)
後援:北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、石川テレビ放送、エフエム石川

金沢ナイトミュージアム2017
朗読会:能楽師×浪曲師による泉鏡花『天守物語』

能楽師・安田登×浪曲師・玉川奈々福による朗読と、モリ川ヒロトーによる映像が、麗しくも面妖なる「天守物語」の世界に誘います。

日時:2017年8月5日(土) 18:30開演 / 18:00開場
会場:金沢能楽美術館
料金:無料(能楽美術館入館料が必要)
定員:約80名

申込・詳細はこちら

集まれ!「禿(かむろ)と妖怪の子供たち」

〜本年10月金沢初演となる戯曲『天守物語』の出演者を募集〜
本年秋開催の「金沢泉鏡花フェスティバル2017」を盛り上げるため、金沢能楽美術館と共同で、発表100周年を迎える「天守物語」の舞台公演やプレイベントを開催します。
能楽師安田登氏の演出による能をベースに狂言、浪曲曲、ヒップホップダンス等、様々な芸能をコラボレートしたオリジナル舞台に立ってみませんか?
【募集対象】
本公演(10月8日、9日)及び練習(9月に数回程度)に参加できる小中学生約20名
【ワークショップ日程】
会場:金沢能楽美術館 3階 研修室
第1回 7月23日(日) 10:30~12:00 安田 登(能楽師)、ヲノサトル(音楽家)、Junko☆(ダンサー)
第2回 8月5日(土) 15:00~17:00 安田 登、玉川奈々福(浪曲師)、Junko☆
第3回 8月19日(土) 14:00~15:30 Junko☆
第4回 9月2日 (土) 14:00~15:30 安田 登、Junko☆

申込・詳細はこちら

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
金沢能楽美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
助成:
平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
協力:
小坂獅子舞保存会
後援:
北國新聞社、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川