イン・ミュージアム IN MUSEUM / カンパニー マリー・シュイナール ソロ公演

2015年11月8日(日)

Photo: Karine Patry

インフォメーション

期間:
2015年11月8日(日)
13:00〜16:00
会場:
金沢21世紀美術館 交流ゾーン
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811

概要

古代ギリシャの聖地デルフォイの予言者ピュティアを思わせる姿のシュイナールが、観客からの問いや願いに即興で応えるパフォーマンス。振付家として国際的に名声を得たシュイナールの3 時間に渡り繰り広げられる観客との交歓をお楽しみください。
※交流ゾーン(本多通り側)で上演する無料公演。上演中は何時からでも、お好きなだけご覧下さい。

コンセプト、パフォーマンス、衣装・装飾: マリー・シュイナール
初演: 2012年 ベー・サン・ポール(カナダ)
上演時間:3時間

*カンパニー作品「春の祭典」「アンリ・ミショーのムーヴマン」は金沢市文化ホールで11/7(土)上演
詳細はこちら

プロフィール

Photo: Laurence Labat

カンパニー マリー・シュイナール

マリー・シュイナールは78年に処女作を発表し、本質の探求に憑かれた鬼才なアーティストとして瞬く間にその地位を確立した。12年間のソロ活動後、90年に「カンパニー マリー・シュイナール」を設立。生の媒体としての身体を称賛しつつ、精力に充ちたムーヴメントを通して
多様化した構造のダンス作品を創作している。07年カナダ勲章オフィサー級、09年フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。05年カンパニー作品「ショパンによる二十四の前奏曲」「コラール~讃歌~」で初来日し、06年「牧神の午後」「春の祭典」、09年「オルフェウス&エウリディケ」と日本ツアーを開催し、毎回大きな衝撃と絶賛を持って迎えられている。2015年ケベック国家勲章シュヴァリエ受章。
http://www.mariechouinard.com/home.html

ダンスワークショップ

カンパニーの創造性に富んだ世界と遭遇できる経験者向けワークショップ。呼吸、声、脊髄の感覚を呼び覚ますことから始め、受講者が自分自身の内なる宇宙と繋がるようにします。その後カンパニーのレパートリーを体験します。

日時:2015年11月3日(火) 14:00-16:00
講師:リオン・カップファーシュミッド(カンパニーダンサー)
会場:金沢21世紀美術館シアター21
対象:中学生以上。舞踊経験5年以上(ジャンル不問)
定員:30名(要事前申込み)
参加費:1,000円
申込:金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2811(交流課)
申込方法:
1. お名前 2. 年齢 3. 電話番号 4. メールアドレス 5. 舞踊経験年数 6. 舞踊ジャンル
以上を記入の上、金沢21世紀美術館交流課「カンパニー マリー・シュイナール ダンスワークショップ」係へメールevent_k@kanazawa21.jpまたはFAX 076-220-2806までお送りください。

日本ツアー 2015

KAAT神奈川芸術劇場
「春の祭典」「アンリ・ミショーのムーヴマン」
10/24(土) 18:00、10/25(日) 15:00

高知県立美術館
「春の祭典」「アンリ・ミショーのムーヴマン」 10/31(土) 19:00
「イン・ミュージアム IN MUSEUM」 11/1(日) 13:30

金沢市文化ホール
「春の祭典」「アンリ・ミショーのムーヴマン」 11/7(土) 18:00

Images

    Photo: Sylvie-Ann Paré Interprète / Dancer: Marie Chouinard

Movies

  • イン・ミュージアム (トレーラー)

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
助成:
平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業、(一財)地域創造、ケベック・アーツカウンシル、カナダ芸術評議会、モントリオール・アーツカウンシル
特別協力:
北陸放送
後援:
カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所、北國新聞社、テレビ金沢、石川テレビ、エフエム石川
制作協力:
国際舞台芸術交流センター